大牟田貨物 年次ウヤ明けの狼煙~1151レ+ムド回送

2018年6月20日、大牟田貨物1151レにムド回送の機関車(HD300-27)が着きました。
毎年5月の大型連休明け頃~6月中旬まで、大牟田貨物1151レ・1152レが年次ウヤになります。その年次ウヤ明けの狼煙が、1151レでムド回送が行われるときです。昨年まではDE10、今年はHD300です。昨年まではムドDE10と呼んでいましたが、現在はムドHD300と呼ばなきゃね。

過去8年、そのムド回送がいつだったかを以下に示します。大体同じですが、6月15日前後が多いですね。目安でしょうか?

 2010年6月18日 ・・・ DE10-1528
 2011年6月7日  ・・・ DE10-1056と思われる
 2012年6月11日 ・・・ DE10-1208
 2013年6月14日 ・・・ DE10-1558
 2014年6月15日 ・・・ DE10-1560
 2015年6月15日 ・・・ DE10-1583
 2016年6月23日 ・・・ DE10-1748
 2017年6月15日 ・・・ DE10-1202
 2018年6月20日 ・・・ HD300-27

以上、DE10で今でも現役なのが1560と1748です。1560は門司機関区最後の全検DE10として本線走行に改められきれいになりました。1748は今春岡山機関区へ異動しました。他のDE10はすべて検査切れで廃車となりました。

************************************

ところで、2011年6月はおかしな事に1151レでムド回送が3回、1152レで1回以上ありました。どういうことでしょう?謎です(笑)。

110610 1151レ (14)のコピー
2011年6月10日 ムドDE10-1583 大牟田~銀水
3日前にムドDE10が来て、翌日から貨車運用が再開されたのに、もうピンチヒッターが来たのか?
当時はあまり撮影していなくてよく分かりません。

110618 DE10専貨 (21)c
2011年6月18日 大牟田駅構内扱いの貨物列車の先頭に立つDE10-1558
いつの間に1558が大牟田に来たのだろうか?不明。1583はいつ門司に戻ったのか不明。

110618 1152レ南瀬高 (21)のコピー
2011年6月18日 1152レ ムドDE10-1056 南瀬高~渡瀬
1056はいつ大牟田へ来たのか?一連の流れから推測するに、6月7日に1151レのムド回送は1056で、その後すぐに故障かトラブル発生。急遽1583号機がピンチヒッターで来たものの、これも脱落。仕方が無いので再度1558号機を送って急場を凌いだと思われる。1583号機がいつ門司に戻ったかは不明である。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ここ2年の大牟田構内貨物列車の牽引機関車の変遷

また難しいタイトルを!(汗)
大牟田駅戻りの復路~。撮影位置は大体同じ所。

20160424構内貨復 (13)のコピー
2016年4月24日 DE10-1181

20170319 (202)のコピー
2017年3月19日 DE10-1202

構内貨物戻り (7)のコピー
2017年9月10日 DE10-1748

IMG_9015のコピー
2017年11月5日 DE10-1202

IMG_1497のコピー
2018年2月11日 DE10-1748

IMG_3552のコピー
2018年4月1日 HD300-27

門司機関区配置の入換動車の役目は2月下旬をもって終わり、1202号機は検査切れで廃車、1748は岡山機関区へ転属し、九州内の貨物牽引からDE10は引退となりました。HD300-27の交番検査時は、わざわざ岡山機関区から予備機がやって来ます。

HD300自体はたいへん高価で、1日わずか5キロも走らない大牟田構内貨物にはもったいないという声をよく耳にします。走行距離に対する費用対効果が全然無いです。たしかに素人でもそう感じます。近い将来DD200が量産された暁には、大牟田構内貨物からHD300が消える可能性があります(これは持論です)。果たして、数年後消えるのはHD300でしょうか?それとも大牟田貨物でしょうか。それは今は分かりません。我々には見守るしかありません。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

DE10構内貨物~復路

2017年3月19日 晴れ 仮屋川操車場~大牟田
現在はHD300牽引に変わってしまった、大牟田駅構内貨物
続いては当時の復路の模様を~
20170319 (185)のコピー
仮屋川操車場でじっと出発を待っている

20170319 (193)のコピー
時間が来たら汽笛一声(汽笛ナシの時もある)で一気に加速して走り始めます。真っ黒い排煙を上げて~。

20170319 (204)のコピー
冬場以外はこのように順光に近い状態で写せます。
私はこの位置この構図で撮るのがとてもお気に入りです。

20170319 (208)のコピー
運転士と目が合い、手を振って貰い・・・挨拶代わりの汽笛も頂きました。手を振って貰ったら、挨拶代わり・・・って変ですかね?

20170319 (210)のコピー
DE10の低速モード運転なので慌てず落ち着いて撮影出来ましたよ。HD300になっても大して変わりませんが。

この後は大牟田駅に向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

22t電車の活躍ターイム~宮浦操車場

2017年3月19日 晴れ 宮浦操車場
仮屋川操車場での並びを撮影したあとは、半時間ほど宮浦操車場で撮影します。

20170319 (156)のコピー
草刈りされてすっきりしていますね

20170319 (181)のコピー
宮浦操車場 
2018年現在、海コン輸送が廃止されたので右の空コキ200留置はもう見られません。

20170319 (182)のコピー
本線は分岐器が安全側線に開いています。右側にカーブするのが工場線です。

20170319 (178)のコピー
監視人がいます。なのでバカな真似はしないようにお願いします。

20170319 (161)のコピー
22t電車12号機が出てきました。すでに1両の銀タンコが工場に入れられたようです。
東泉町2号踏切が鳴ります。踏切が鳴り始めるのは意外と遅いですのでご注意下さい。

20170319 (164)のコピー
操車係が減速中に降りてきます。停車したら降りてステップに移ります。ランボード歩きする人は今でもいるのかな?

20170319 (167)のコピー
東泉町2号踏切を通過

20170319 (170)のコピー
2両目の銀タンコが工場内に

20170319 (173)のコピー
操車係の立ち位置は常にケツなので、1エンド2エンド区別はありません。手ハンドルのない側の時は落ちないように注意しています。まさにこの写真がその状況。

20170319 (176)のコピー
工場行きをお見送りします。

次はまた仮屋川操車場に向かいますが、それは出発(復路)を見るためです。なので最後まで宮浦操車場にいたら見られませんのでご注意下さい。また大牟田駅で撮影される人も工場入出場は1往復だけ見る程度にしてさっさと移動することをお勧めします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

仮屋川操車場で一番盛り上がる瞬間

2017年3月19日 晴れ 仮屋川操車場
20170319 (121)のコピー
45t電車単機が来た。到着前に汽笛が聞こえたので接近が分かった。

20170319 (124)のコピー
美しい車体

20170319 (128)のコピー
並んだ時が1番盛り上がる~みんな撮影しまくり(笑)

20170319 (130)のコピー
やっぱり並びはいいね。

20170319 (136)のコピー
並びはほんの僅かな時間しか実現しない。時には何分も実現することもあるが。

20170319 (138)のコピー
先に宮浦行きが動き出す

20170319 (140)のコピー
それに続いてDE10構内貨物列車も若干前に出てくる
これが逆になる場合もあるし、同時もある。

20170319 (142)のコピー
宮浦行きを見送る

20170319 (143)のコピー
先頭がある位置まで進まないと、出発できない仕組みになっていると思われる(理由は定かで無い)

20170319 (150)のコピー
一瞬の盛り上がりが終わるとDE10のエンジン音が聞こえるだけで静かになる。時折JRや西鉄の電車が通過するときだけ静寂が破られるが。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

入動DE10による大牟田駅構内貨物~往路

2017年3月19日 晴れ 鹿児島本線 大牟田駅、仮屋川操車場

20170319 (90)のコピー
大牟田駅で出発を待つ仮屋川操車場行きの構内貨物列車

20170319 (92)のコピー
この時は国鉄色の1202号機だった。入れ換え動車でも人気のある釜です。
JR九州のDE10が全部黒に塗り替えられたことに嘆いたDE10ファンらが注目する九州内に残る唯一の国鉄原色機でしたから。

20170319 (109)のコピー
いつもの時刻に仮屋川操車場に構内貨物がやってきました

20170319 (111)のコピー
仮屋川操車場に到着後、DE10は牽いて来た貨物列車と切り離して、中央の中線を走り機回しを始めます。

20170319 (112)のコピー
順光で撮れる季節

20170319 (114)のコピー
良い時代がありました

20170319 (115)のコピー
連結間近~
左が宮浦操車場から来た貨物列車、右が大牟田駅から牽いて来た1151レの貨物列車

20170319 (118)のコピー
連結完了!斜め斬り!

20170319 (120)のコピー
宮浦操車場からの45t電車を待ちます

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

菜の花と黄タンコ

2017年3月19日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
黄タンコが連結される日(1両だけの日、2両の日)、されない日がある。それは運任せだ。

20170319 (72)のコピー
遠征初日から2両とはついているね~としか言えない。とてもラッキーだ。

20170319 (82)のコピー
菜の花の季節~45t電車19号機が宮浦操車場に戻って来た。東泉町2号踏切脇の菜の花とコラボです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ルーチンワークと呼ぶとおかしいだろうか

2017年3月19日 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
ルーチンワークとは、決まった手順で繰り返し行われる定常作業を指す言葉。なので、

20170319 (27)のコピー
①朝門扉を開く
なお、開いた担当者はその後旭町1号踏切の踏切番になる・・・終わったら工場引き込み線の門扉開閉・監視をする・・・完全終了後は宮浦操車場の門扉も閉める(途中で交代したら話は別)

20170319 (30)のコピー
宮浦操車場の中央奥に停泊している45t電車が見える

20170319 (31)のコピー
手前に返空編成の銀タンコのコキ4両、奥に黄タンコのコキ2両が見える
なお、奥の編成が必ず返空とは限らない。残していく日もある。

20170319 (35)のコピー
②45t電車が停泊場所から一旦奥に進む

20170319 (37)のコピー
③スイッチしていくつもの分岐器を渡って

20170319 (38)のコピー
④駅事務所前で停車して、操車係を乗せて前進する

20170319 (45)のコピー
⑤手前の返空編成の向かって右側の線路を走って

20170319 (50)のコピー
⑥東泉町2号踏切スイッチで機回し手前の編成に連結

20170319 (51)のコピー
⑦返空編成を駅事務所前まで推進運転する
※場合によっては後方の留置線上に置いてあった同じく返空編成(1~3両程)と連結することもある。この日がそれに当たる。

20170319 (65)のコピー
⑧東泉町2号踏切脇と手前にある出発信号機が進行(青)に変わったら出発する

という、毎日1回だけ必ず行われる作業はルーチンワークと呼べるのかちょっと考えてみた。

◆前日に編成を繋げておいて、45t電車は連結解放して編成と少しだけ離して朝を迎えるという楽な手順もありですが、なぜかそういう事はやらないのですよ。朝から毎日同じ手順で出発の準備作業をしてくれます。ま、これがなければ、私が何度も出発前シーンを撮ることも無かったでしょうから。私にとっての、宮浦操車場の朝のルーチンワークに感謝です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田の朝は1151レの確認から始まる

2017年3月19日 晴れ 鹿児島本線 銀水~大牟田 1151レ
可能な限り、大牟田貨物1151レが来たことを確認しましょう。そうすれば三井化学専用鉄道も必ず動きます。
1151レが来なかったらトラブルですし、全く来ないときは専用鉄道もタダでは済みません。

20170319 (17)のコピー
ED76-1019が牽引
今でもそうだが、1151レの大牟田駅着は、平日が7:50(貨物時刻表参照)、土休日が7:55頃である。
この日は土曜日で、この付近を7:52頃通過する。なので安心して欲しい。ま、貨物列車は通過時刻のプラス10分は覚悟すべきだ。

20170319 (23)のコピー
濃硝酸タンクコンテナこと銀タンコはコキ200積載で5両10個。現状最大である。
液化塩素タンクコンテナこと黄タンコの連結がないのが残念。

次は宮浦操車場に行ってみよう。この時は各地の移動手段が何だったか覚えていない。
どなたかのクルマに載せて貰ったかな?つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田貨物1151レ・1152レ~間もなく年次ウヤ開始です

全国のブログ読者の皆さま。眠れないマクラギを数えての管理人UTXCです。私は現在も元気に撮り続けています。

◆毎年のことですが、大牟田貨物1151レ・1152レ(黒崎貨物 154レ含む)は、5月連休あたりから約1ヶ月半ほど(開始日と再開日は毎年バラバラで定まっていない)運転休み(ウヤ)になります。理由は三井化学大牟田工場などの建屋設備の整備・点検のためで、操業を一時止めるのです。その間は大牟田駅の入れ換え機関車も帰ります。この期間は決して意味なく大牟田だけには行かないようお勧めします(笑)。泣きますよ。ただし別の側面で楽しめることはありますが、それはまた別の話です。

さて、時は2017年3月18日。福岡遠征の初日。時間の都合で真っ先に黒崎に降り立ちました。駅改修も終わったようできれいになりましたね。3・4番ホームの両端には柵が設けられて、危険な場所への立ち入りが出来ないようになっています。今まで無かったのが不思議なほどで、特に違和感はありませんでした。

あと、この日はホームには同業者が全く居なかったので撮り放題。編成は銀タンコ5両10個、黄タンコは2両4個で、事実上現在のフル編成となっています。海コンは聞いた話では運用を止めたそうで、濃硝酸と液化塩素で精製した化成品をどのように出荷しているのなら。海外向け出なく国内向けになると、海コンが不要なのでね。

20170318 (6)のコピー
定刻で1152レが黒崎に到着です。
昔は何度も大牟田~追いかけ撮影しましたね。あの頃は若かったなあ(笑)。

20170318 (11)のコピー
濃硝酸タンクコンテナこと「銀タンコ」10個を5両のコキ200に積載
昔は通常6両でしたが、数年前から5両が最大に。5両未満で運転されることもしばしばです。

20170318 (13)のコピー
九州と東北でしか見られない液化塩素タンクコンテナこと「黄タンコ」4個を2両のコキ200に積載
大牟田貨物では2両4個が最大です。連結されないことも多々あります。今日はラッキーです。

20170318 (17)のコピー
黒崎駅に到着した1152レは、中身空っぽの銀タンコ編成を切り離して、側線に入れ換えます。
因みに液化塩素も中身空っぽです。

20170318 (35)のコピー
編成の切り離しや入れ換えが見られる黒崎は撮影しがいがあります。

20170318 (62)のコピー
黒崎~北九州貨物ターミナルの1152レは黄タンコだけの編成になります。
黄タンコがなければ寂しい単機となります。

20170318 (67)のコピー
現在は何時か分かりませんが、三菱化学工場内から翌日の大牟田行きの銀タンコ編成がスイッチャーによって引き出されます。
この翌日分は16時半過ぎに黒崎を出発する154レで北九州貨物ターミナルに引かれていきます。どうせなから1152レで持っていけば運用が1つ減らせるんですけど、どういう契約や決まりになっているのやら。中の人ではない私にはさっぱりです。

20170318 (78)のコピー
こうやって3編成が一同に並んだ時が1番賑やかです。

20170318 (89)のコピー
先ほどのスイッチャーが空っぽの銀タンコを工場内に推進運転します

20170318 (90)のコピー
時間になると1152レが出発です。

毎日必ずこのような賑やかな風景が見られるとは限りません。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田駅構内貨物用で活躍したDE10たち

私が大牟田の鉄道を記録し始めた2009年夏~2016年夏までの間に、総勢13輌もの入れ換え用DE10が細々と活躍していた。
大牟田駅構内扱いなので大牟田駅~仮屋川操車場の区間は線路閉鎖しているとは言え、鹿児島本線上をばく進する姿には何度も興奮したのを覚えている。13輌のDE10をほぼ年代毎に1枚ずつ紹介することにしよう。
なお、いずれは過去に撮り溜めた各々の詳細写真で13回分の記事でも書きたいと思います。

09-8-30仮行ED10専貨 (21) のコピー
1208号機 国鉄色 九州貨物ファンには結構人気がありました。やはり国鉄色は写欲が湧きますね(笑)。
大牟田で最初に目撃した釜で、私にとっては懐かしの塗装でした。撮り鉄を始めた頃は、まさか数ヶ月に一度検査で交代しているとは知らず。ムド回送で上っていく姿を偶然見かけた時は、ビックリ仰天したものです(当時ムド回送は全然知らなかった)。

09-12-12DE10専貨大牟田行き (5) のコピー
1612号機 国鉄色ではあるが汚かったです。みすぼらしかったです(汗)。
ちなみにこの撮影日(2009年12月12日)は、黄タキ最後の運用(返却)でした。
1614号機も居たような記憶がありますが、写真が見当たりません。見つかったら14輌に訂正ですね(笑)

101114 DE10専貨下 (14) のコピー
1583号機 紫芋デーテン 苺婆さんと呼ばれていました。いやマジで(笑)。 
この塗装は九州貨物ファンからはかなり不評で、これが来ると同業者がぱったり来なくなりました(汗)。
珍しい塗装に興味を持つ人は若干居ました。

10-1-23DE10専貨 (11) のコピー
1584号機 紫芋デーテン
1583号機と同じく人気がありませんでした。この釜を狙うと暗くなるので、マニュアル設定が面倒だとか何とか(汗)。

10-3-14 DE10専貨 (25) のコピー
1558号機 紫芋デーテン
2011年11月26日(過去記事参照)に大牟田駅で入れ換え後に故障で自走できなくなり、1日が潰れるトラブルパニック?に突入したこともありました。
その頃から、DE10は老い先短そうだと感じ、将来はどうなるのか心配になってきました。

10-7-11 DE10専貨上 (16) のコピー
1528号機 白帯が太い貨物更新色 旋回窓付き
いきなり異色の釜が遠方より転属して来ました。
貨物更新色の人気は真っ二つに分かれましたね。カッコイイと言う人もいました。

110213 DE10専貨-1056 (13) のコピー
1056号機 国鉄色 
この頃から大牟田のDE10を撮影に来る同業者が増えたような。

120909DE10貨物 (57)のコピー
1563号機 紫芋デーテン
紫芋デーテンは結構長い間活躍されました。

140713-DE10構内貨 (43)のコピー
1560号機 貨物更新色 
1528号機よりは締まっていて、格好良かったです。
1560号機はその後廃車にはならず、門司機関区最後の全検突破になり、現在も本線上で甲種輸送や試運転などの任務に当たっています。

140813DE10カモレ2 (77)のコピー
1054号機 国鉄色
大牟田では短命だったような釜
あまり記録が残っていません。

20151018-de10構内貨2 (102)のコピー
1202号機 国鉄色 タブレットキャッチャーが残っていました
九州貨物ファンにはかなり人気が良かったです。良いお天気の日は大勢集まることもありました。
この頃、JR九州所属のDE10が全機黒塗装になったので、九州唯一の原色として親しまれていました。
2018年2月上旬まで活躍していました。

20160124DE10構内貨往 (71)のコピー
1181号機 貨物更新色 旋回窓付き
この釜も異色でした。現在は岡山に転属。

20160212大牟田 (60)のコピー
1748号機 貨物更新色
この釜もあまり人気がありませんでした。
HD300に交代する直前まで稼働していました。

◆先月下旬に大牟田にハイブリッド機関車HD300が配置(所属は岡山機関区)されました。大牟田駅にはHD300の予備機としてDE10-1748号機が残されており、問題なければ今月中には1152レにて門司機関区にムド回送される見込み。
HD300-27は日本最南端で稼働するハイブリッド機関車になります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田駅構内貨物にHD300デビュー

2018年2月22日、鳥栖貨物ターミナルに乗務員訓練用に留置されていた、ハイブリッド機関車HD300-27が、大牟田貨物1151レにてムド回送されました。

翌23日から構内貨物用でデビューしました。
汽笛は最近の電車みたいなやつです。

大牟田駅には22日まで活動したDE10-1748がまだ留置されていますが、これは来月までそのままで、ハイブリッド機関車に特にトラブルがなければ、門司機関区にムド回送され廃車になるそうです。
ハイブリッドの定期検査期間中は代わりの機関車が来ますが、それが別のHD300かDE10かは分かりません。門司機関区の入換動車DE10は2両とも検査切れと言われていますが、私には分かりません。

今回も写真はありません。
運用開始やムド回送などの情報はSNS上などの福岡の鉄道仲間などから頂きました。ありがとうございます。

大牟田駅 ついにHD300配置決定〜惜別DE10

皆さま、大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年もよろしく。

2018年1月17日に日本貨物鉄道産業労働組合のホームページの業務速報にて、ハイブリッド機関車HD300が大牟田に配置決定と発表がありました。

私の過去の記事では、何度かハイブリッド化の予想や怪情報や噂をもとに書いてまいりました。それがついに決まったわけです。残念でありますが、DE10の置かれた状況や車齢を考えたら仕方がありません。

2018年1月22日現在、大牟田駅構内貨物列車牽引には国鉄原色である門司機関区所属のDE10-1202が最後の活躍を見せています。今回の情報をいち早く知った、若しくは察した大牟田の鉄道大好きな同業者さん達が、DE10牽引貨物列車の勇姿を堪能されたようで、内1人からその報告がありました。

JR貨物の岡山機関区所属のHD300のうち、新年早々に甲種輸送された27号機、また2月上旬に甲種輸送される28号機のいずれかが大牟田に配置されると考えられます。配置日は分かりませんが、3月のダイヤ改正前までに配置という期限がある以上、いきなり今週かも、来月かもで、山陽路や鹿児島線のムド回送を警戒するしかありません。

大牟田駅構内貨物列車の機関車は1日に僅か3時間足らずで、5キロ程しか走行しません。本線上を自走出来ない(大牟田〜仮屋川操車場は本線を閉塞して入換信号機を頼りに走行)入換専用車なので費用対効果が低いでしょうが、DE10の車齢問題が優先されているので仕方がなく、長い目で見た投資というところでしょうか。

一時は費用対効果を上げるために、三井化学専用鉄道の宮浦操車場までHD300を入線させて、現在も立派に稼働している古典45t電車を取り替える案もあったと某所から聞いた事もあります。将来のことはまたその時協議される事でしょう。

今回の情報をいち早く知って、私に連絡して下さった方のブログにも、同様の記事がアップされていますのでご覧下さい。

今件の記事の写真は過去ログから引っ張ってきたものばかりです。いずれは、大牟田DE10惜別大特集記事でも書きたいですね〜。

http://eurofima.way-nifty.com/aux_amis_des_trains/2018/01/post-369f.html
上記のブログでもいち早くこの情報を記事にされています。よかったら御覧になってください。社長さんのリンク許可済みです。

撮影記録がまだの方はお早めに!今週末から大牟田はDE10の惜別のために同業者増えそうな予感がプンプンします。

黄タンコ(液化塩素)の運用再開

2017年12月18日 日豊本線 佐伯~臼杵の不通区間が復旧開通し、延岡貨物が動き始めました。
なかでも注目していた、陸上輸送が不可能な黄タンコこと液化塩素の輸送が再開されたという嬉しいニュースがSNSでも飛び交っていました。大牟田発着の便1151レ・1152レでも1~2両で運用が再開しています。

今回は、筑後川鉄橋さんから本日の1152レの黄タンコ連結模様の写真を頂きました。写真はブログ記事での使用許諾OK貰いました。
20171224-1152のコピー
12月24日の1152レは銀5+黄2の編成でしたか。現状の最長編成ですね。
筑後川鉄橋さんは黒崎で撮影されたようです。

20171224-1152(2)のコピー
黒崎で銀タンコを置いていき、北九州貨物ターミナルまでは黄タンコだけの編成になります。
筑後川鉄橋さん、写真提供ありがとうございました。

ここからは過日の、大牟田貨物1152レを中心に、黄タンコ連結が2両だった写真を交えて、黄タンコ輸送再開をお祝いしたいと思います。

10-8-18大牟田駅 (344)のコピー
2010年8月8日 この頃はまだ4172レでしたね(^_^;)。あれ?いきなり脱線ですかな?
まあ、ヨシとしましょう。大牟田駅の跨線橋から黄タンコの頭を眺めます。良いお天気ですね。

110326 1152レ (18)c
2011年3月26日 銀水~吉野
この頃はまだコキ200積載問題も無く、銀タンコも6両が当たり前だった時代でした。なので海コンがなくても堂々の8両編成でした。 
140712荒木1152レ (89)のコピー
2014年7月12日 荒木駅通過
ここにはよく通いましたね。撮りやすいので前も後ろも撮り放題。何人かお友達と御一緒したものです。

140213西牟田1152レ (70)のコピー
2014年2月13日 西牟田駅
以前は通いやすかったのですが、停車本数が減ったので行きにくくなりました。
この駅から超望遠レンズを使えば、羽犬塚駅~列車が坂道を上ってくる様が捉えられるので面白かったです。

140706-1152レ (16)のコピー
2014年7月6日 吉野~渡瀬
雨の中での撮影でした。この撮影地も当時住宅地造成が始まっていました。
今は撮影できない構図かな?

140420中尾踏切1152レ (84)のコピー
2014年4月20日 吉野~渡瀬 中尾踏切
先ほどの雨の中撮影の反対側から撮ったものです。この踏切は交通量の割りに幅広いので撮りやすかったです。

140831大牟田 (43)のコピー
2014年8月31日 大牟田駅 
仮屋川操車場から1152レとなる便を牽いて来た構内貨物です。

そう言えば、DD200-901が年明けに北九州貨物ターミナルに来て試験運転するそうな。
大牟田構内貨物の入動DE10はもう限界っぽい(検査切れ間近)から、ハイブリッドになるとか、DD200が間に合うまで休車中のDE10を全国からかき集めて凌ぐとか噂が絶えません。時は容赦なく老兵を駆逐していきます。いつかはDE10が見られなくなるので、お早めに悔いの出ないように御撮影下さい。管理人はもうお腹いっぱいになるまで記録したのでもう大丈夫。

もし、DD200が大牟田~仮屋川操車場の構内貨物に就くなら、いっそのこと1151レ・1152レの両方の先頭に立ち、構内貨物をこなしてしまえばよいのでしょうが、それだとEL牽引が減ってしまいますね。さて来年はどうなるやら。まだまだ目が離せない大牟田貨物。

それでは皆さまよいお年をお迎えください。

祝!45t電車18号機復活とのこと

2017年11月15日ごろ
1年ぶりに大牟田訪問をされた鉄友達から、宮浦操車場の車庫外に45t電車18号機が出ていたと目撃情報がありました。

さらに、その情報を大牟田貨物・三井化学専用鉄道大好き仲間の2人に伝えたところ、45t電車18号機が稼働中との嬉しい連絡が入りました。一時は復帰まで時間がかかるかもしれないと不安でしたが、復帰出来て安心しました。

復帰を記念して、過去の未掲載画像より~似たような構図は過去ログにもあります。

20160701宮浦 (3)のコピー
2016年7月1日 東泉町2号踏切 2便貨物到着
 
20160629宮浦pm (6)c
2016年6月29日 宮浦操車場 明日に向けて雨の中佇む

20160628 (29)c
2016年6月28日 宮浦操車場 1便貨物~仮屋川操車場に向けてGO

20160505-単機 (23)c
2016年5月5日 東泉町2号踏切付近 

20160326-4093レ並走 (53)c
2016年3月26日 いつもの場所で単機回送~4093レとの並走を狙った?

それにしても良かったね。関係者の方々の並々ならぬ情熱(義務)と労力(苦労)により、早期復帰にこぎつけられたと言っても過言じゃありません。ありがとうございます。これでゆっくり眠れます。

あとは、液化塩素こと黄タンコの運用が再開されるのを待つのみです。あと3週間くらいかな~。楽しみですが、その日に私はいません。また、大牟田貨物・三井化学専用鉄道を愛して止まない同志からの最新情報を待つことにしましょうか。
プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン