FC2ブログ

DE10構内貨物列車~仮屋川操車場行き

2018年2月11日 晴れ 鹿児島本線 大牟田~仮屋川操車場(5線路区間)
そもそも今回の遠征の主目的は、DE10牽引構内貨物列車の撮影でした。なのでリキが入っています。

20180211 (101)のコピー
20180211 (103)のコピー
20180211 (105)のコピー
20180211 (108)のコピー
20180211 (112)のコピー
文書は後日書きます
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ななつぼし~大牟田市内を南下

2018年2月11日 晴れ 5線路区間
久大本線の久留米寄りの橋梁が豪雨水害により流された影響で、ななつ星が朝っぱらから大牟田の街を南下します。
現在は復旧して、当時のような時間帯には走っていないようです。

20180211 (86)のコピー
この場所では未だに光が当たらないのでちょっと場所が悪いですが、私は気にしません。

20180211 (92)のコピー
このあとやって来るDE10牽引の仮屋川操車場行き構内貨物列車を待つのに、いい暇つぶしです。

 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

構内貨物の準備中DE10-1748~大牟田駅

2018年2月11日 晴れ 
5線路区間で撮影後すぐに大牟田駅に移動を始めないと、京町踏切で足止めされてしまいます。
大牟田駅に戻ってDE10の機回し、転線、連結シーンを楽しみましょう。

大牟田遠征時は、5線路区間で1151レの撮影から開始するか、大牟田駅で1151レ到着シーンから撮影を開始するか悩みます。

実はこれは宿とレンタサイクルの関係が影響しています。あくまで私基準です。

●西鉄新栄町駅付近の宿だと、5線路区間や宮浦操車場に近いので、わざわざ大牟田駅に向かいません。
 特に、ホテルニューガイア大牟田の場合、宿泊者のレンタサイクルサービスがあり、それを使わない手はありません。あまり上等な自転車ではないものの、大牟田駅の撮影は後回しで、三井化学専用鉄道メインで撮るなら新栄町が便利な場合があります。

■ 大牟田駅付近の宿だと、1151レの到着を駅構内外問わず始められます。8:00から西鉄大牟田駅管理のレンタサイクルサービスが始まります。自転車は整備されておりなかなか上等な方です。7:30~取り扱ってくれないかな?と個人的に思いますが、台数が5、6台しか無いので取り合いです。

 今回の遠征では無難にホテルニューガイア大牟田を利用。閑散期なので宿泊代はべらぼうには高くありません。朝食も取れてから撮影出来るので便利です。あくまで今人的見解なので、真似して苦労し、損しても責任は持てませんのでご注意下さい。

20180211 (62)のコピー
さて、大牟田駅の裏手(月極駐車場のスペース)でDE10単機の撮影です。逆光がきついので撮影には向いているのか、向いているのか意見が分かれそうな場所です。

DE10のディーゼルサウンドが心地良いです。この遠征でよ~く脳裏に焼き付けることにしましょう。録画はしますけどね。

20180211 (66)のコピー
1151レだった編成の最後尾に連結です。操車係が連結確認、ブレーキハンドル解除など1周するまで、ちょっとだけ待ちます。

20180211 (68)のコピー
いつもと変わらない風景があります。今回が最後だと思って撮影です。

20180211 (69)のコピー
いつしか反射板をDE10の先頭に付ける習慣が当たり前に。

20180211 (73)のコピー
これは結構ダサイというかかっこ悪い姿なんですが、何か理由があるのかな?

20180211 (74)のコピー
まるで1151レの最後尾に付いたDE10が回送されているみたいな風景。

20180211 (80)のコピー
でも、出発待機位置まで牽く姿は力強いですね

20180211 (82)のコピー
後に残されたED76-83は日なたぼっこです。再び動くまであと2時間です。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

消えた並走とLNGタンクコンテナ

2018年2月11日 晴れ 大牟田市内 5線路区間
宮浦操車場で仮屋川操車場行きの便を見送ったら、この場所に移動です。体力落ちたのか、この短い距離でも息切れします。年かな~(笑)。

20180211 (50)のコピー
単機が宮浦操車場に戻ります。

20180211 (56)のコピー
西鉄特急も、4093レ鹿児島貨物とも並走しないほど、仮屋川操車場出発時刻が早くなりました。
4093レ EF81-503

20180211 (58)のコピー
ところで、4093レの最後尾に連結されているLNGタンクコンテナは

20180211 (60)のコピー
3月のダイヤ改正後見られなくなりました。聞いた話では廃止だそうです。なかなかの巨大タンクコンテナで、貨物ファンの間でも話題になっていましたが、残念です。トラック輸送に戻ったのか、LNG利用そのものが廃止になったのか、よく分かりません。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

推進と出発~宮浦操車場

2018年2月11日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
連結後、操車係が最後尾まで歩いて連結の点検をし、車止めやブレーキハンドルの解放を行い

20180211 (43)のコピー
駅事務所まで推進運転します。今の位置からは仮屋川操車場に進めません。
一旦バックしますが、運転士によって汽笛を鳴らす鳴らさないがあります。

20180211 (44)のコピー
出発シーンです。この時も汽笛を鳴らすパターンが多いかな?

20180211 (45)のコピー
45t電車の汽笛は大牟田の街中に響き渡るので、当時の職場でも聞こえましたね。3キロ近く離れているのに大したものです。

20180211 (47)のコピー
昔と比べて出発時間が早くなりました。理由はやっぱり推進後すぐに出発するからでしょうか。黄タンコの連結が駅の奥で行われると若干遅くなります。

この後、また5線路区間へ戻ります。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

出発準備~宮浦操車場

2018年2月11日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
大牟田在住時は、5線路区間で1151レを狙ったら、真っ直ぐ宮浦操車場に向かうのが私の基本でした。
今回もそうします。宿で借りたボロ自転車で急ぎ移動します。

20180211 (22)のコピー
宮浦操車場は開門していました。職員さんのバイクとすれ違います。
当然ながら踏み台も無いので、高いフェンスの上から傾きつつ撮影開始。寒いからか同業者ゼロですが、いつもこんなモンでしたよ。

20180211 (25)のコピー
東泉町2号踏切に移動して場内を眺めます。
45t電車が動き始めました。奥まで移動。

20180211 (29)のコピー
スイッチして、操車係を広い

20180211 (31)のコピー
軽快に向かって来ます。

20180211 (34)のコピー
45t電車18号機

20180211 (37)のコピー
転線して返空銀タンコ編成に向かい連結です。

20180211 (41)のコピー
真正面を縦アングルで~

推進&出発につづく
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田の5線路区間で

2018年2月11日 晴れ
大牟田には、線路が5本も並んでいる区間が存在する。2本は西鉄福岡天神大牟田線、2本はJR九州鹿児島本線、もう1本が三井化学専用鉄道線。大牟田在住時代は、この区間での撮影が当たり前だった。
行き交う電車も時代と共に変化する。

20180211 (2)のコピー
例えば813系。この1ヶ月後のダイヤ改正で、大牟田発着の813系快速列車が激減する。幻の9両編成も見納めだろう。

20180211 (3)のコピー
人気の無い815系ワンマン。ダイヤ改正後、昼間の快速設定が無い鳥栖(久留米)以南では817系ワンマンとともに主流となっている。

20180211 (5)のコピー
西鉄9000形は初めてお目にかかります。

20180211 (12)のコピー
そしてJRの415系。ステンレスの1500番台はまだ大丈夫でしょうが、鋼帯車両の方は、821系登場により取り換えが進みそうで、この風景も徐々に変わっていくのかどうか。

20180211 (15)のコピー
1151レ ED76-83 今日も4両編成
ナナロクもいつまでか?千早以南、小倉以南はまだ国鉄型ELが溢れていますが、いつまでそれで居られるか。

こんな私が言うのもなんですが、記録はお早めに。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

入換動車DE10-1748

2018年2月10日 大牟田駅
田代での撮影後大牟田に移動した。
大牟田下車後、一目散にホーム南端の入換動車が見える場所に向かった。

20180210 (85)のコピー
DE10-1748がいた。つい先日まで1202が居たようだが、もう来ない。

20180210 (89)のコピー
私の大牟田遠征で見る最後の入換動車DE10だ。

20180210 (90)のコピー
明日はいっぱい撮るぞ~。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

真昼の貨物1152レ・4083レ~田代(鳥栖貨物ターミナル)

2018年2月10日 曇り 鹿児島本線 田代駅
時間が近づいてきたので田代駅へ向かいました。

20180210 (72)のコピー
1152レ ED76-81 銀タンコ4両

20180210 (74)のコピー
相変わらず短編成だな~

20180210 (75)のコピー
今も変わらず4083レと離合しそうなダイヤですね。離合するときもあります。

20180210 (76)のコピー
1152レは今日はこれ以上追いかけません。黄タンコもついていないしね。

20180210 (78)のコピー
4083レはそのまま鳥栖貨物ターミナルに入線します

20180210 (62)のコピー
EF81-502がいました。59レ~58レの釜でしょうか。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

期間限定訓練運転用ハイブリッド27~鳥栖貨物ターミナル

2018年2月10日 曇り 鳥栖貨物ターミナル内 機留線上
初めましてこんにちは、ハイブリッド27君。

20180210 (42)のコピー
この日は動きの無かったハイブリッド27

20180210 (43)のコピー
九州釜掲示板を読んでいたら、てっきり大牟田に直通する(1151レムド回送)と思っていたのに

20180210 (45)のコピー
大牟田の鉄道仲間からは到着していないと報告があり

20180210 (49)のコピー
鳥栖貨物ターミナルで何してんだか~きっと乗務員の訓練運転かな?と思っていたら

20180210 (50)のコピー
この撮影の翌日に田代駅で撮影していたら、偶然で合った顔馴染みの中の人から

20180210 (51)のコピー
あのハイブリッドは中のひとのための訓練運転用に鳥栖で預かっているとのこと

20180210 (52)のコピー
いつ大牟田に回送されるかも教えて貰えました。情報ありがとうございます。

20180210 (53)のコピー
ハイブリッド27は、日本最南端で活躍する日があと2週間後に迫っていました。

20180210 (54)のコピー
ピカピカな車体ですね~。大牟田での運転は毎日5キロ程。全然運行距離が伸びないから費用対効果低いようです。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

さようならDE10-1202国鉄原色釜

2017年11月5日 晴れ 鹿児島本線 大牟田駅など
私にとっては、この日がDE10-1202号機を最後に見る日になりました。
すでに門司機関区には、使える入れ換え動車が1746号機と2両だけになっており、福岡貨物ターミナル同様HD300化が時間の問題になっていました。ま、この頃はまだHD300の投入を渋っていたかもしれませんが、限界の日は近づいていましたから待ったなしではあったでしょうね。

20171105 (144)のコピー
仮屋川操車場を出発する、大牟田駅構内扱い貨物列車の復路便。
仮屋川操車場を出発する際はエンジンフル回転?で加速します。なので黒煙もモクモク(笑)

20171105 (150)のコピー
でも一定の速度が出たらそれ以上は加速せず、その後はほぼ惰性でゆっくり大牟田駅に向かいます。
この場所は私のお気に入り。11月になると建物の影が残ります。

20171105 (158)のコピー
大牟田駅構内でねぐらに戻るシーン

20171105 (162)のコピー
やっぱり国鉄原色は絵になりますね。DE10大好きですから~。

20171105 (163)のコピー
本日の大牟田貨物牽引のED76-1022と離れているけれど並んでいるようにパチリ。

今まで感動をありがとう!DE10ディーゼル機関車。さようなら、お疲れ様。

**************************************************

2018年春、DE10-1202は検査切れで廃車になりました。現在は門司機関区の片隅で解体を待っている状態だと聞きました。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

暫しのお別れとなるか?宮浦操車場を見つめて

2017年11月5日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
時間も来たので、これにて宮浦操車場とお別れ。次はいつ来られるだろうか。暫しのお別れで済むだろうか?ひょっとしたらもう来られないかもしれないと思うと、写真以外であの風景、この風景を目に焼き付けたいと思うようになります。何だか大袈裟ですね。

次の遠征後にこの文章を書いていても何の説得力もありません(^_^;)。実際は3ヶ月後にまた来る事が出来ましたが。

20171105 (138)のコピー
東泉町2号踏切からの宮浦操車場の眺め1

20171105 (139)のコピー
東泉町2号踏切から本線、工場引き込み線の眺め

20171105 (140)のコピー
東泉町2号踏切の眺め

20171105 (141)のコピー
東泉町2号踏切から宮浦操車場の眺め2

20171105 (142)のコピー
東泉町2号踏切から宮浦操車場の眺め3+車両達

それではまた来られる日までさようなら。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

撮影していて楽しい構図~東泉町2号踏切

2017年11月5日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
以前は工場への引き込み線のカーブの奥に浅牟田108号踏切ってのがあったから、カーブを往く電車なんて撮ることあまりなかったです。ってか東泉町2号踏切周辺も昔と違いますからね。以前は以下に貼り付けているような楽しいカーブ写真を撮る場所もまかったです。

20171105 (123)のコピー
カーブの途中なのに、真正面ドカン撮影が可能です。しかも順光・・・と季節や時間帯にもよりますが。

20171105 (125)のコピー
これだけ真正面を撮影していて絵になることはなかなかありません。

20171105 (126)のコピー
そう言えば、いつしかランボードを伝って、ステップに乗ることはなくなりました。端から見ていても危なかったでしたからね。

20171105 (129)のコピー
現在は、一旦線路脇に降りて乗り直しています。それが一番安全だと思います。

20171105 (131)のコピー
この構図は午前中は眩しいのは仕方がありません。

20171105 (133)のコピー
踏切で背景が大工場だよ~って分かる一枚もいいね。

20171105 (134)のコピー
東泉町2号踏切を過ぎて斜めにカーブに入って行くシーンはブログを始めた頃頻繁に撮っていました。理由はカッコイイからです。今でもそう思います。

20171105 (137)のコピー
コキを牽いて工場に向かうシーンも良いですが、推進で押してくるシーンがもっと面白いです。ただ、職員さんのお顔もバッチリ写るのでSNSなどの投稿には気を付けて下さいネ~。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

フェンスと重なっても構わない

2017年11月5日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
鉄道写真の車両ってフェンスや建物の影、架線柱にかからない、重ならない様な撮影が一般的です。しかし、この炭鉱電車の塗装の影響から、条件さえ良ければフェンスと重なっても全然気にならない、または新しいものの見方が出来るとか、ポジティブになる事があります。

20171105 (121)のコピー
22t電車11号機。いや、別に何号機でも構いませんけれど、この日は11号機。東泉町2号踏切付近で待っていても、踏切の所まで来ずに転線することもあります。なので、強引にフェンスと重ねてでもその雄姿を記録に残す。

20171105 (122)のコピー
なかなかいいね。焦点を電車にして、フェンスをぼかすという面倒でも高度なワザ。なかなかやるものではありません。

そんな特化した撮影を好む人以外は普通はやりません。でも長く同じシーンを撮っていると別の撮り方を研究・探求しますね。その私の探求先の1つが、何かと重なった瞬間とか。三井化学専用鉄道を撮り始めた頃は、そういう感性は無かったでしょうが、撮りまくっている内にそういう感性も研ぎ澄ませて来ている、または成長しているのでしょうか?私の中で。年齢や経験を重ねているうちに、価値観も変わるでしょう。

電車をボカして、遮蔽物に焦点を当てる手段もあります。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

昔は見られなかったシーン

2017年11月5日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
昔は見られなかったシーン

20171105 (117)のコピー
それは22t電車と45t電車が動いているシーン。両方に運転士さんが乗っていますね。

20171105 (120)のコピー
ほんの僅かな区間だが、同一方向への並走が見られることもしばしば。動画で撮るとなかなか楽しいです。

以前は、45t電車をいつもの場所に停泊させて、それから22t電車を動かすのが一般的でした。それがいつの間にか気を利かせてか、時間短縮なのか並走するまで変化しました。職員さん達もいろいろと職場や作業手順の改善をしたのでしょうか?謎です。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン