FC2ブログ

検重車もあっちこっち

検重車は貨車扱いだろうか?それとも。

09-5-24宮浦付近状況 (8) のコピー
2009年5月24日 宮浦操車場に仮留置

09-6-14宮浦操車場 (12) のコピー
2009年6月14日 線路終端付近に追いやられる

DSCF4133のコピー
現在はこの位置。明らかに動かしている。なんでかな?

DSCF4135のコピー
もう使うことはないのに留置している特別な車両であります。譲渡先を探していたりして。

検重車に関してはまた改めて記事書こうと思います。またはこの記事の追加加筆か。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



その時、ハトが動いた

2020年3月12日にハトが移動しました。
なんじゃそりゃ?って。
宮浦操車場のすみっこに長年留置していた無蓋車です。
たぶん、今まで大勢の方は目にしているけれど、特に注目はしていないでしょう。もう朽ちかけていましたから。

10-5-16宮浦ウウヤ様子 (31)のコピー
これがハト

09-8-8pm宮浦操車場 (5)のコピー
ずっとここに留置していた

09-8-8pm宮浦操車場 (4)のコピー
写真の奥に移動しました。

現在の、当日の写真はありません。これはお友達に写真付きで教えていただいた情報ですから。

詳しくはまた後日
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

仮屋川操車場の並びを見たくて~後編

202年1月19日 晴れ 三井化学専用鉄道 仮屋川操車場
京町踏切の方から45t電車の汽笛が聞こえました。接近してくる駆動音走行音がします。そして

2020-01-19 (81)のコピー
現れたのは操車係。先に降車して、先の分岐器の確認をします。もうかれこれ2年半はこの状況です。
なぜこの作業をしているのか知らない人は「???」でしょうね。

2020-01-19 (83)のコピー
操車係についてくるかのように45t電車がのそっと現れ、操車係は再びステップに乗り、進行します。

2020-01-19 (87)のコピー
ドッキングです。そして待望の並びの眺めです。
これが見たくて晴れの日にここを訪れるのです。

2020-01-19 (90)のコピー
2年前にデビューしたばかりの赤いハイブリッド機関車と、戦前製造の凸型電機が並ぶ、なんとも言えない並びです。

2020-01-19 (91)のコピー
もたもたしていると、HD300貨物が出発待機位置まで前進を始めます。早く撮らないと並びが崩れます。

2020-01-19 (92)のコピー
停車しました

2020-01-19 (95)のコピー
では宮浦行きも急いで出発だ。第4便貨物列車がゆっくりと動き始めます。

2020-01-19 (97)のコピー
HD300貨物を追い抜きます

2020-01-19 (98)のコピー
西鉄電車に追い抜かれた(笑)。ここからではうまく撮れませんが、3列車が並んじゃいましたね。これはこれで面白いです。
これが仮屋川操車場での撮影で楽しい瞬間です。

2020-01-19 (100)のコピー
ゆっくり前進です。間もなく45t電車が見えなくなります。

2020-01-19 (103)のコピー
ではまた、宮浦操車場で会いましょう。
JRの811系に追い抜かれましたね(笑)。忙しい。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

仮屋川操車場の並びを見たくて~前編

2020年1月19日 晴れ 三井化学専用鉄道 仮屋川操車場
ここでの撮影は黄タンコが付く日に撮るようにしているので、おのずと日曜日になります。

2020-01-19 (66)のコピー
HD300-27けん引の構内貨物列車が到着です
4両編成に見えますが(笑)

2020-01-19 (67)のコピー
編成の長さによって先頭の停車位置が変わります
5両編成でした。仮屋川操車場の出入り口の分岐で最後尾がそう見えるのです。

2020-01-19 (69)のコピー
5両編成でちょうどHD300-27が目に前に停車します

2020-01-19 (71)のコピー
場所を移動します。小道から仮屋川操車場のタンコが見えます。
写真のように集合住宅が操車場沿いに立っています。これから撮影するのはその集合住宅地の駐車・駐輪場エリアです。

2020-01-19 (72)のコピー
昔は海コンが編成西寄りにいたので、こうして黄タンコが見えることはなかったのですが。
あと仮屋川操車場のフェンスが右下に写っていますが、住宅用のフェンスも手前にあるため、普通に撮っているとどうしても写り込みます。それを避けようと撮るとフェンスが壊れるか、自身が操車場に落ちる可能性があるのでご注意ください。

2020-01-19 (73)のコピー
中線を往く、機回し中のHD300-27が来ました

2020-01-19 (74)のコピー
仮屋川操車場は線路が4本ありますが、使っていない西側の線路を除いて3本の真ん中が機回し用です。

2020-01-19 (75)のコピー
真横に朝陽が当たり眩しい?

2020-01-19 (76)のコピー
転線が終わったら操車係が反射板をつけに行きます

2020-01-19 (77)のコピー
復路の編成に連結です
これが当日の1152レになるのです

2020-01-19 (79)のコピー
連結完了。この並びの眺めるだけでもなかなか良いです。
あとは45t電車を待つだけです。ま、すぐやってきますからしばし待ちましょう。

2020-01-19 (80)のコピー
待ち時間の間に下ってきた西鉄電車を絡めて、なんちゃって3並び(笑)
この写真はトリミングしてフェンスを切っています。

後編につづく~
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

炭鉱電車は、わたしにとってのヒーローです

先週、お友達から「炭鉱電車って、あなたにとって何?」って聞かれると、正直返答に困りました。
炭鉱電車との出会いは、私の人生が大きく変わったと言っても過言じゃないのに、そこまで深く「何?」て考えたことがない。

少し時間をもらって考えた私なりの答えは「ヒーロー」でした。
なぜ、ヒーローなのか?それは私が大牟田市に住んでいた頃にいろいろ思い当たる節があるからです。
今となっては「救ってもらった」という気持ちがあります。

20190728 (21)のコピー
ある朝、職場に出勤すると、いつも決まった時間帯に45t電車の汽笛が街中に響き渡ります。あの独特のカン高い音が素敵。
大牟田市街に居たからこそ味わえる一杯の鉄分安定剤みたいな感じ。私だけがそう思っているかもしれません。

20190728 (23)のコピー
運転士にもよりますが、何回も鳴らすことがあります。炭鉱電車は今日も頑張っているんだ(あの車齢に鞭打って)。私も今日も一日頑張るぞって気持ちになれます。

20190727 (48)のコピー
この街に別にヒーローや悪がいるわけではありません。
大渋滞必至で国道208号線を一時的にとはいえ、毎日4回も世にも珍しいワイヤー式昇降踏切で遮断して横断する炭鉱電車たち。
お構いなく堂々と走っている姿はヒーローそのもの。でもその姿や活躍・歴史に微塵も興味がない、急いでいるのに踏切遮断は迷惑だと思う人もきっといます。誰のおかげで大牟田市がここまで発展したか?、日本がここまで成長できたのかも知らないで・・・とそんな恩着せがましい事は一切語りません。ヒーローってのはいつも孤独です。いつお役御免になるか分かりません。

20190728 (55)のコピー
そんな炭鉱電車が「おれは今でも頑張っているんだぞ」ってアピールするかのような、あの汽笛に私はしびれます。
私はとっても単純です。支離滅裂なことを語っているかもしれません。それだけ好きなんです。

20190421 (163)のコピー
私は大牟田に引っ越してきてからは私的には孤独でした。身内も友達もいません。
辞令を受けてたった1人で大牟田に住めば都を想い、過ごしていました。
ある初夏、偶然出会った炭鉱電車。君のそのひたむきで寡黙な活躍を眺めているうちに、僕は思いました。
単にかっこいい~力強い!そして渋いと。子供みたいな表現ですが、それくらい炭鉱電車の魅力にグイグイ惹かれている自分がいました。

20190421 (37)のコピー
ヒーローの概念、定義はひとそれぞれです。
上記で語ったのは、ヒーロー概念とを上手い身の上話につなげた演出のように聞こえるかもしれません。
でもそれでいいのです。正解も不合格も、100%もマイナスもありません。個人見解によりますし、心のヒーローでもOKです。

誰が何を言おうかと、私にとってのヒーローは「炭鉱電車」で、何と聞かれてもヒーローです。

そういう風に称えていたあの日を境に、私はこの大牟田市に眠るような専用鉄道を世に発信していこうと誓い、始めたのがこのブログであります。ブログのタイトルとは関係ありませんが、何だか関係あるような気がしてきた。これは偶然か必然か。

そんなこともあって、現在の自分があります。
思えばブログ発信をきっかけに、様々な人たちとの出会いに恵まれ、共通の嗜好を持つ仲間との出会いで私は独りぼっちではなくなりました。今ではかけがいのないこのご縁は、私のヒーローである炭鉱電車に救っていただいたものだと感謝しています。行動を起こしたのは私ですが、そのきっかけを与えてくれたのは炭鉱電車だったのかもしれません。

撮影は2019年7月下旬

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

仮屋川操車場を見渡したければ近くの保育園が休みの時に

2020年1月19日 日曜日 三井化学専用鉄道 仮屋川操車場
写真の撮影位置は、近所の保育園専用の職員駐車場である。平日と土曜日は職員の車でいっぱいなので立ち入りは控えています。また保育園が何かしら行事中は近隣の路駐が激しく、車では近寄れませんし、我々撮り鉄は不審者扱いを受けるかもしれないので自己責任で。ご注意ください。

2020-01-19 (54)のコピー
第一便貨物で連れてきた編成がいます

2020-01-19 (56)のコピー
右に8の看板が見えますが、あれは45t電車含めての両数を表しているようですね

2020-01-19 (58)のコピー
昔は10両

2020-01-19 (59)のコピー
12両もありました。銀6+黄2+海3の頃かな?

2020-01-19 (62)のコピー
雲の切れ目から朝陽がさしてきました。銀タンコが金タンコに・・・なりません(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

今日も安全良好~炭鉱電車 単機回送でありますよ

2020年1月19日 曇り 旭町駅事務所付近を通過する宮浦戻りの単機(第二便)
第一便貨物列車の折り返しで、第二便単機回送回送をこの場所で~(人によっては単機回送は第〇便扱いしません)。

2020-01-19 (33)のコピー
西鉄特急も4093レ貨物も見えません。並んだのは昔の話。今は45t電車を撮るのみ。

2020-01-19 (35)のコピー
旭町駅事務所から安全確認の緑旗を振るのが見えるのでそれを絡めて~

2020-01-19 (37)のコピー
この写真のすぐ左にある架線柱に気を付けているので構図がおかしく。実は左に同業者がいるもので。

2020-01-19 (41)のコピー
旭町1号踏切に向かいながら汽笛一声ありです。去り行くシーンも風情があります。って私以外誰も見向きもしないけれどね。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

専用線鉄道の貨物列車らしく

2020年1月19日 曇り 宮浦操車場から仮屋川操車場に向かう第一便貨物列車
きれいになった、例の跨線橋から第1便貨物列車の撮影をします。
この立ち位置は170cmくらいの壁があるので、脚立がないとつらいです。私もかなり苦労しました。だから穴をあける輩がいたのでしょうね。レンズはタムロン18-300mmを常時使っています。

2020-01-19 (11)のコピー
東泉町1号踏切を通過する辺りから撮り始めますが、いかんせん架線柱などが邪魔でうまく撮れませんのでご注意を。
背景は、三井化学専用鉄道線が工場群の中を走っているんだよ~って強調したくて入れました。

2020-01-19 (12)のコピー
ゆっくり迫ってきます。ピンが合わずで失敗の一枚。

2020-01-19 (18)のコピー
う~ん、もう少し左に寄りたかったかれど。電化区間だから仕方ありません。

2020-01-19 (21)のコピー
タンクコンテナが連なっている姿が上からでも惚れ惚れします(私だけ)。

2020-01-19 (24)のコピー
急いで180°向きを変えて、旭町1号踏切に向かう様を撮ります。

2020-01-19 (27)のコピー
タンクコンテナが連なっている様子。最長編成ですからいっぱいに撮れます。

2020-01-19 (30)のコピー
黄タンコを見送って終了です。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

隠れた撮影地~跨線橋修復完了

2020年1月18日
果たして、ここを撮影地と称して良いものだろうか?私有の駐車場ですからね。車で侵入するのはだめです。

090712ホリデー西側 (13)c
2009年7月12日撮影
上の写真のように、ゆめタウン関係者駐車場とゆめタウン敷地をつなぐ、三井化学専用鉄道の線路を跨ぐ歩道橋があります。
この跨線橋からの眺めはとても好きです。建物以外からでは唯一俯瞰撮影ができる場所です。でも壁の高さは170cm程度もあり、脚立がないと撮影が大変です。



20200112 (67)c
穴だらけです。よくもまあここまで壊したなと思いますが、パネルの一か所を壊したら、つながっている一枚が全部取れちゃったのかもしれません。

ところが、約10年前突然跨線橋の至る箇所の壁が破壊されました。自然に壊れたとは思えませんし、壊れた個所が専用鉄道の撮影構図にはかなり良すぎることから、私は心無い悪しき撮り鉄が破壊行為に至ったと思いました。ここに頻繁に通うと、まるで私が壊したかのように通行者から見られるのが辛くて(または撮り鉄はみんな物を壊すイメージ)、一時ここを避ける時期がありました。気にしすぎな性格なもので。
証拠はありませんが、先述の壁の高さに不満を持って壊して撮影を楽しんだのではないかと。器物破損行為は犯罪です。

DSCF9403c.jpg
夜間に灯に照らされた跨線橋を良く見ると、その酷さが十分わかります。とにかくj酷かったです。

そんなボロボロの跨線橋はそのままで修理されることもなく、年月が経ちました。

ところが、1月の三連休の時に見た時は壊れたままだったのに、18日に見ると修理されてきれいになっていました。

2020-01-18 (87)のコピー
びっくり!きれいになったね。

2020-01-18 (88)のコピー
修理されたことに気づいた私もすごい。

2020-01-18 (89)のコピー
11年前に初めて来たときの姿に戻ったね。

2020-01-18 (316)のコピー
良かった、またここで堂々と撮影できます。
でも脚立はないから背伸びして、バリアングルモードで撮影するしかありません。

2020-01-18 (313)のコピー
心配なのは、また壊されないかです。

三井化学専用鉄道が廃止になったら、跨線橋は役目を終えて地上を歩いての移動になるから、もう修理しないと思っていました。
今回の修理費はゆめタウンが出したのだろうか?せっかく壁を直したこの跨線橋は将来どうなるのかな?

翌日、久しぶりにこの跨線橋の上から撮影を試みました。その記事はまた改めて書きます。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

午後の宮浦は二部制とか

2020年1月18日 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
◆午後からも撮影する人は、大牟田のために足を運んだ または大牟田市内で宿泊する撮り鉄さんばかりです。
 午前大牟田、午後熊本電鉄っていう行程の撮り鉄さんもたまにいらっしゃいます。

◇銀タンコが4両以上来た日は、午後は二部制みたいになります。
 まず、最後の1両を工場に入れて、その後順に銀タンコを3両出場させたら1時間近く休憩があり、その後残りの出場があります。4両の時は単に出場が2~3両あり、休憩後残りの出場があります。
 なお、黄タンコの入場出場は一部か二部かどちらかは日によりますし、今日みたいに午前一発目に行われると午後はない時もありますし、黄タンコが2両来たら午前と午後に分けて入場出場する場合もありますし、残り1両は翌日ってパターンもあります。

2020-01-18 (239)のコピー
この状況を見ていると、翌日は第一便に銀タンコ5両プラス黄タンコ2両になりそうです。明日が楽しみです。

2020-01-18 (245)のコピー
まずは5両目の銀タンコを工場へ連れていきます(入場)

2020-01-18 (251)のコピー
10数分後、中身が空になった銀タンコを出してきました(出場)
手前の黄タンコに連結します。

2020-01-18 (264)のコピー
そして単機で入っていき(入場)

2020-01-18 (267)のコピー
また出場した銀タンコを連結し・・・

2020-01-18 (270)のコピー
その繰り返しが続きました。

2020-01-18 (273)のコピー
その繰り返し運用を頑なに見つめる・撮影される、某団体様方と一緒に私も何度も撮ります。

銀タンコを3両出したところで、午後の第一部が終了。工場門が閉じられましたが、宮浦操車場の正門は空いたままです。次の第二部まで、宮浦操車場周辺のお散歩や、団体様の主催者さんらとおしゃべりしながら第二部スタートまで時間をつぶします。専用鉄道はやっぱり待つのも楽しいです。

第二部が始まると、工場門を開けます。

2020-01-18 (281)のコピー
4両目の銀タンコが出てきます。
この日の場合、1両目に入場した銀タンコが最初に出場しません。
これに関しては昔、なぜそうなるのか検証した記事を書いたことがあります。

2020-01-18 (285)のコピー
連結します。編成が長くなってきましたね。

2020-01-18 (287)のコピー
11号機は銀タンコの両数の倍往復します。

立ち位置を変えて工場が見える場所に立ちます。

2020-01-18 (290)のコピー
この日最後の出場です。5両目。

2020-01-18 (293)のコピー
まるで22t電車11号機が6両編成を引っ張っているような風景に見えます。

2020-01-18 (298)のコピー
22t電車11号機は連結開放して、東泉町2号踏切にてスイッチし、転線して駅事務所のねぐらに戻りました。
工場の上空の雲がどす黒くなってきました。
最後に斜光線に照らされた編成を眺めて私も撮影を終えました。

これにて午後の仕業は全部終了しました。工場門も宮浦操車場の正門も閉じられました。

また明日~!

某団体様方ともお別れしました。皆様1日じゅう活動お疲れ様でした。楽しかったですね。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

三井化学専用鉄道の運行廃止~公式発表

2020年3月2日 
本日、三井化学大牟田工場が、専用鉄道の運行廃止の発表をしました。
もう多くの方が公式発表について書いているので、もうここでは触れません。
廃止になることは、昨年2月のあの発表の時から薄々分かってはいましたが、今回公式発表があって正直ホッとしました。

以下の写真はタイトルと直接関係はありませんが、想いにふけってみただけです。

10-2-6宮浦 (41) のコピー
今は亡き浅牟田108号踏切。結構人気のある有名なスポットだった。旭町1号踏切が表(光)とすると、浅牟田108号踏切は裏(影)的な存在だった。

10-1-30宮浦 (81) のコピー
18号機と9号機の並び。並びを意識して撮るようになったら面白かった。

10-1-23宮浦 (10) bのコピー
宮浦の夜明け
昔は開門も早かったからこんな幻想的な写真が撮れたんだよね。なつかしいね。僕くらいしか撮る人がいなかったけど。

10-1-10宮浦 (57) のコピー
やっぱり宮浦操車場のシンボルと言えば、高い煙突だよね。ちゃうちゃう(笑)。そんな笑えるな撮り方どこで覚えた?

09-12-29宮浦早朝 (14) のコピー
昔は朝練があったね。いや違う、朝運用があったよ。7時台に。
今よりずっと忙しくて、撮影にかける時間と情熱はいくらあっても尽きなかったような時代が確かに存在した。

昨年2月に書いた記事が今となっては懐かしいです
http://fastclip.blog62.fc2.com/blog-date-201902.html

三井化学は6月に記念イベントを開催するとありますが、もしコロナウイルスが収束しなければ中止もありえるでしょうから、期待もあり不安もある今日この頃です。6がつになっても、いまだにそんな酷い状況だったらオリンピックも開催無理でしょうが。

イベント開催時には、きっと宮浦操車場に立ち入り可能になれると思いますし(現在は立ち入り禁止)、炭鉱電車をどこぞの機関区イベントみたいに横一線に並べたりしての撮影会が行われるのかと想像したり。もしそうなったら大勢の撮影者で賑わうか、荒れるか。撮り鉄よりも多くの大牟田市民、荒尾市民に見てほしいものです。

最初にこのブログを始めたころ、私の目指す役目について考えました。
こんな素晴らしい鉄道が世に知られていないのであれば、私が知らせてあげよう。誰もやらないのであれば僕がやろう。
そんなこんなで半分趣味で、半分は情報発信という名目で、紆余曲折もありであっという間の約11年。いよいよ私の役目も終わりでしょうか?一応遠征した分は書いていくつもりですし、昔を振り返るプレイバックも書く予定です。当方、現在は大牟田には住んでいないので、最後の日までお付き合いできるか未定ですが、遠くからでも見守りたいです。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

あっと驚く、黄タンコ早々入場~AM宮浦操車場

2020年1月18日 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
宮浦操車場に到着すると、22t電車11号機が動き始めていました。

◆45t電車目当ての撮り鉄さんは、22t電車の1両ずつの入換は興味がなく帰ってしまします。(最近は少ない)
◆22t電車に興味のある撮り鉄さんは、たまに模型製作のために詳細な撮影をする人がいます。
◆液化塩素(黄タンコ)は2日に1回しか入出場が見られないほど貴重なので、それまで1日中待つ人もいます。
◆濃硝酸(銀タンコ)は、特に注目されませんが、両数が多いほど22t電車の活躍が増えるので楽しいようです。
◇東泉町2号踏切からの撮影に飽きたらサイド狙いに移りますが、脚立を持たない人は撮影が大変です。

2020-01-18 (137)のコピー
22t電車が東泉町2号踏切に向かいます

2020-01-18 (140)のコピー
スイッチ前の電車側を

2020-01-18 (141)のコピー
スイッチ後の電車側を

2020-01-18 (144)のコピー
編成最後尾の黄タンコと連結します

2020-01-18 (147)のコピー
側線へいったん留置するかと思いましたが、そのまま工場に連れてきました。
1発目が黄タンコ入場なんて珍しいですね。普段は午後からが多いですが、日によるのでしょうね。

2020-01-18 (155)のコピー
10数分後に空になった黄タンコが出てきました。
コキ200-37 UT13C-8081・8082 液化塩素

2020-01-18 (156)のコピー
黄タンコは別の線路の奥に留置します。連結開放後はいったん東泉町2号踏切に戻り

2020-01-18 (161)のコピー
スイッチして銀タンコに向かいます。ここからが通常です。
早速1両目を連れて工場に向かいます。

2020-01-18 (173)のコピー
そして単機で出てきて

2020-01-18 (185)のコピー
2両目を連れていきます

2020-01-18 (199)のコピー
あとはその繰り返しで

2020-01-18 (201)のコピー
4両目まで工場に連れていきますが

2020-01-18 (207)のコピー
5両目は22t電車連結後に、宮浦駅事務所下まで推進され沈黙しました。

これにて午前(AM)の宮浦操車場の仕業は終わります。続きはお昼からです。
さてお昼ご飯を食べに参りましょうか。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

仮屋川操車場行き貨物VS宮浦行き貨物

2020年1月18日 鹿児島本線 京町踏切~仮屋川操車場
5本線路区間に来ました。ここも撮り鉄さんが多いです。でもキャパが大きいので被ることなく撮影が可能です。

2020-01-18 (97)のコピー
HD300-27けん引の仮屋川操車場行き(往路)の大牟田駅構内扱いかもちゅ列車の登場です。

2020-01-18 (100)のコピー
仮屋川操車場へ入るための渡り線を往きます

2020-01-18 (102)のコピー
仮屋川操車場に吸い込まれていくような風景

2020-01-18 (110)のコピー
仮屋川操車場入り口付近では、のちにHD300の機回しシーンも見られます。誰もいませんでしたが。

この後は、三井化学専用鉄道の出番です。
2020-01-18 (114)のコピー
45t電車19号機が日陰に現れます。停車後に操車係が降りてきて、

2020-01-18 (116)のコピー
前方の分岐器の目視確認を行います

2020-01-18 (117)のコピー
無線でOKを出したのか、操車係に45t電車がついていきます。

2020-01-18 (119)のコピー
ここはとても日当たりが良いです。側面順光ならここがおすすめですが、障害物は避けられません。

2020-01-18 (125)のコピー
すぐに第4便 宮浦操車場行の貨物列車が出発
(撮り鉄によっては、これを第二便と呼ぶこともある)

2020-01-18 (128)のコピー
たまたま、ここを通過する車も、人も自転車も来ません。ラッキーですね。

2020-01-18 (130)のコピー
黄タンコが眩しいよ(笑)

2020-01-18 (132)のコピー
仮屋川操車場に残る大牟田駅戻りの構内扱い貨物列車。大牟田到着後1152レになる編成です。

2020-01-18 (133)のコピー
宮浦行の編成を見送ります。黄タンコが目立つので位置がよく分かりますね。

さて、また宮浦操車場に戻りましょう。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

さらに宮浦操車場でまったりと

2020年1月18日 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
第一便貨物が宮浦を出発すると静かになりました。撮り鉄さんのほとんどはまだ残っています。

2020-01-18 (59)のコピー
約10分で45t電車が仮屋川操車場から戻ってきました。みなさんこれはあまり熱心に撮らないですね。単機は人気ないのかな?

2020-01-18 (64)のコピー
そして颯爽と宮浦駅事務所に進み

2020-01-18 (67)のコピー
駅事務所下で停車しまた静かになります。
撮り鉄さんは方々に散っていきました。45t電車はもう30分以上動きませんからね。

2020-01-18 (68)のコピー
東泉町2号踏切から見える工場の煙は真っすぐ登っています。無風状態です。

2020-01-18 (55)のコピー
駅事務所から、職員が線路の見回りを始めました

2020-01-18 (56)のコピー
行き止まりの線路に寄って

2020-01-18 (66)のコピー
本線を旭町方向へ歩いていきました。

2020-01-18 (70)のコピー
車庫のほうへ散歩に行きます。車庫の扉が開いていて、22t電車9号機が見えます。
真偽は不明ですが、9号機は台車に問題があり、現在動けず車庫の中でずっと佇んでいます。現役で最古の電機なのに残念です。

2020-01-18 (74)のコピー
液化塩素 コキ200-111 UT13C-8075・8076がいましたね

2020-01-18 (76)のコピー
天気が悪くても黄タンコは目立つし美しいね

2020-01-18 (77)のコピー
いつまでも眺めていたい気分です

2020-01-18 (81)のコピー
では時間もほどよく潰れたので、鹿児島本線沿線に向かいましょうか
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

宮浦操車場出発準備~第1便出発

2020年1月18日 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
ダッシュでレンタサイクルを走らせて宮浦操車場に着くと、もう数名の撮り鉄が待ち構えていました。
その後タクシーが現れ、先記事でご紹介した某グループ様ご一行が到着し、主催者さんらと挨拶をかわしました。

東泉町2号踏切には、一時10数名の撮り鉄さんが集まりました。この場所でこんなに多くの日本人の撮影者を見るのは初めてかもしれません。え?外国人で多くの人を見たかって?(笑)。ええありますよ、ずいぶん昔に一度だけ(笑)。あれはすごかったなあ。
2020-01-18 (27)のコピー
正門んが開き、中の45t電車の点検が終わって動き始めました

2020-01-18 (30)のコピー
みなさん一斉に45t電車を迎え撃ちます。すげえ~。
寂しくなかったけれど、いつも独りぼっちだったあの頃が懐かしいぜ(;^ω^)

2020-01-18 (31)のコピー
立ち位置を変えて撮影。もう踏切はキャパオーバーですわ。

2020-01-18 (35)のコピー
今日の編成と連結し推進運転が始まります。何度も汽笛が鳴って、みなさん興奮していたことでしょう。
顔なじみの撮り鉄さんも現れ、この大勢の撮影者にびっくりしていました。そりゃねえ~(笑)

2020-01-18 (36)のコピー
残念ながら、土曜日は黄タンコの連結はないようです

2020-01-18 (37)のコピー
そしてすぐに出発です。

2020-01-18 (40)のコピー
いつ見てもかっこいいですね。

2020-01-18 (42)のコピー
ダッシュで立ち位置を変えてサイドを狙います。目的は編成内容の確認です。

2020-01-18 (43)のコピー
1両目 濃硝酸 コキ200-105 UT13C-8037・8038

2020-01-18 (44)のコピー
2両目 濃硝酸 コキ200-100 UT13C-8061・8062

2020-01-18 (45)のコピー
3両目 濃硝酸 コキ200-97 UT13C-8039・8040(※8039は通称:灰タンコ)

2020-01-18 (46)のコピー
4両目 濃硝酸 コキ200-15 UT13C-8049・8050

2020-01-18 (47)のコピー
5両目 濃硝酸 コキ200-98 UT13C-8059・8060

以上の5両編成でした。
ここで記録しておくとあとあと自由が利きます。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

すぐ終わった宮浦操車場の午前

2020年1月13日 曇り 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
工場への2両目の銀タンコ入場です

20200113 (135)のコピー
工場から戻ってきた22t電車12号機が2両目の銀タンコに近づいてきました

20200113 (137)のコピー
連結するだけです。エアホースとかはつなぎません。さっさと終えて

20200113 (138)のコピー
さあ乗り込め~寒いしね。

20200113 (140)のコピー
そして工場へ真っすぐGOです。

20200113 (147)のコピー
22t電車12号機が出てきました。今度はローアンでわざと傾けて、操車係をかっこよく撮りましょうか。

20200113 (149)のコピー
東泉町2号踏切を通過です

20200113 (153)のコピー
3両目が工場へ

20200113 (154)のコピー
大きなカーブを見渡しながら

20200113 (156)のコピー
見えなくなるまで撮ります

20200113 (157)のコピー
わずか3両なので、あっという間に午前の入場が終わりました。
このあと22t電車12号機が出てきて終わりです。

私はもう帰りますね。次いつ宮浦に来れるか分からないので、宮浦操車場をパチリ。
では大牟田駅に戻りましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

宮浦操車場到着~午前の仕業開始

2020年1月13日 三井化学専用鉄道 宮浦操車場 宮浦石炭記念公園より

20200113 (100)のコピー
到着して

20200113 (105)のコピー
45t電車切り離して

20200113 (106)のコピー
ねぐらに戻ります。操車係は途中までステップに乗り、

20200113 (108)のコピー
駅事務所前で下車して22t電車に乗り込みます

20200113 (115)のコピー
12号機が手前に、18号機は左側に

20200113 (118)のコピー
22t電車12号機

20200113 (120)のコピー
45t電車18号機から運転士が降りてきます。このまま22t電車12号機に乗り換えです。

20200113 (125)のコピー
乗り換えたら22t電車12号機発進です

20200113 (127)のコピー
東泉町2号踏切で転線してスイッチしたら、今日到着した銀タンコを工場に入れていきます。

20200113 (128)のコピー
1両目のご入場です

20200113 (130)のコピー
この日は3両しかなかったから、あっという間に午前の部が終了しただろうに
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

45t電車単機が往く

2020年1月13日 三井化学専用鉄道 
45t電車単機は仮屋川操と宮浦操を1往復する。わざわざ帰ってこなくても良いのだが、乗務員さんたちの休憩が必要なのか。理由は不明である。昨秋はわずかな期間ながら、戻るのをやめていたこともあった。

20200113 (79)のコピー
20200113 (83)のコピー
20200113 (85)のコピー



 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

仮屋川操車場~第1便以外にいろいろ撮れた

2020年1月13日 曇り 三井化学専用鉄道 仮屋川操車場
大牟田貨物1151レ撮影後も同じ場所に居続けました。この場所滅多に人来ないのに、同業者が来たり出て行ったり。
ここは第1便やHD貨物の到着を撮るのには向いていますが、他は特には特徴のない場所です。確かに鹿児島本線や西鉄の下り列車を撮るのにも良いですが、それは私がそう思っているだけかも。

20200113 (36)のコピー
余裕の返空編成の第1便が仮屋川操車場に入ってきました

20200113 (41)のコピー
随分奥で停車

20200113 (44)のコピー
45t電車切り離して機回しに~ここで晴れていたら炭鉱電車が朝陽の反射で良い色が出ますが~あいにくの曇り空の朝でした

20200113 (47)のコピー
操車係を後方に乗せて終端側に向かいます

20200113 (50)のコピー
それにしても広くて線路有効長さのある操車場です。昔は石炭車が連なっていましたからこれだけの長さは必要だったのでしょう。

20200113 (56)のコピー
中線にスイッチして戻ってきました

20200113 (59)のコピー
2両の銀タンコの左側を通過
時には停車して車止めハンドルを回すこともあります。

20200113 (60)のコピー
45t電車単機は宮浦操車場へ戻っていきました

20200113 (65)のコピー
直後に4093レが下ってきました

20200113 (70)のコピー
数分後、西鉄特急の水都仕様が下ってきました。

頻繁に電車らが行きかうので、1時間ほど沿線にいても飽きません。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ちょとしかない午前宮浦

2020年1月12日 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
2両だからあっという間に午前の仕業は終わるでしょうが、それでも宮浦操車場には多くの同業者がいました。

20200112 (164)のコピー
私が宮浦の東泉町2号踏切付近に到着したころ、ちょうど工場門を開けているところでした。

20200112 (169)のコピー
早速1両目が入っていきました

20200112 (171)のコピー
工場カーブをゆっくり向かいます

20200112 (172)のコピー
見えなくなる直前まで撮影します

20200112 (173)のコピー
10分くらいで出てきました。
東泉町2号踏切付近にいた同業者の皆様は炭鉱電車の真正面を撮るために躍起になっていました。

20200112 (174)のコピー
私は誰もいない場所でカット撮影です。

20200112 (176)のコピー
2両目の連結です。もう終わりですよ。

20200112 (179)のコピー
工場へ向けて出発。あ~暇ですわ。

20200112 (186)のコピー
15分くらいで出てきました。宮浦駅事務所下まで回送して午前中の仕業はおしまいです。

ただいま、10:23(笑)。もう終わってしまいました。

20200112 (189)のコピー
なぜか同業者たちは東泉町2号踏切付近で残っています。
午前の仕業が終わったことに気づかないのか?それともせっかく遠方から来たのに、午前が2往復で終わるなんて想定外だったから呆然としているのか、又はこのままでは時間が余って撤収が惜しいので待っているのか?
そんな私は大牟田駅に向けてペダルを漕ぎました。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン