FC2ブログ

いつまでも忘れない~大牟田専用貨物 ラストラン 2020-5-7

2020年5月7日 ついに大牟田貨物はラストラン日を迎えました。

牽引は前日までのナナロクから一転、門司機関区の粋な計らいで最後を飾るにふさわしいとされる銀釜EF81-303が就きました。
臨時化されてからはほとんどED76運用でしたから、このまま最後まで前日と同じ釜で終わるとばかり。お約束か?(汗

外出自粛要請の出ている現在、銀釜ラストラン牽引で随所で大騒ぎにならないか心配しました。今のところ何も聞こえません。最後まで何事もなく安全に走ってほしいものです。

◆大牟田でお世話になった地元鉄からの話では、三井化学専用鉄道の運用は無事終了したとのこと。また45t電車や22t電車は車庫には入らず、いつもの定位置に停泊しているとのことです。

◆大牟田構内貨物用のHD300-27は本日ムド回送されず、いつものねぐらに戻ったとのこと。近いうちにムド回送のために、8151レ・8152レが走ると思われる。HD300が戻ったら完全了である。

◆例年通りなら年次ウヤ開始となりますが、今年は永久にウヤ明けしません。

◆眠れないマクラギを数えてのブログ執筆は続けます。明日から、過去を振り返るのがメインになりますが、それでも興味がございましたら読みに来て下さい。コメント歓迎します。

140720大牟田1152レ (7)c
2014年7月20日撮影 大牟田駅 EF81-303 大牟田貨物1152レ
いつまでも忘れられない大牟田専用貨物~さようなら

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



さよなら大牟田専用貨物~惜別スペシャル ムド回送・重連シーン

大牟田貨物で忘れてはならないのが、DE10のムド回送(晩年はHD300)である。2~3ヶ月周期で訪れる交番検査のために、EL釜の次位にDE10が連結された。大牟田に到着した翌日から使用が始まり、入れ替わりに翌日上りで門司機関区へ戻される運用であった。本記事は、私が2009~2016年の大牟田在住時代と大牟田遠征時に偶然撮影できたものだけ紹介する。

◆下りムド回送翌日に上りムド回送があるのが原則であるが、中にはイレギュラーもあり、大牟田駅構内で1週間ほど修理処置対応のためにわざわざ代車がムド回送されたこともある。また突発的?なトラブルにより、その日のうちに代車を門司機関区からムド回送された珍事もあった。また、最後に紹介するEL重連に繋がったこともあれば、単にELの故障で救援に来たELがその故障したELをムド回送したこともありました。

09-10-7 4172レ新栄町 (19)のコピー
2009年10月7日 1152レ 西鉄新栄町駅から撮影
自身初めてのムド回送撮影であるが、ムド回送を初めて知った日でもあり、こんな撮影が出来るとは全然しらなかった。

110610 1151レ (14)のコピー
2011年6月10日 1151レ
以後、1151レのムド回送シーンはここでの撮影がメインとなった。
平日でも北からの目撃情報があれば出勤前に撮影することも可能であった。

110618 1152レ南瀬高 (22)のコピー
2011年6月18日 1152レ 渡瀬~南瀬高
これはムド回送を知って待ち構えていたと記憶している。1152レのムド回送は専ら平日でほとんど撮影できなかった。

111014 1151レ (14)のコピー
2011年10月14日 1151レ

130108 1151レ (1)のコピー
2013年1月8日 1151レ

130614-1151レ ムド回送 (3)のコピー
2013年6月14日 1151レ

130905 1151レ (3)のコピー
2019年9月5日 1151レ

131031-1151レ (4)のコピー
2013年10月31日 1151レ

131127 1151レ-ムド (1)のコピー
2013年11月27日 1151レ

140615-1151レDE10ムド (4)のコピー
2014年6月15日 1151レ

140730-1151レ (2)のコピー
2014年7月30日 1151レ

150114 1151レ無動 (3)のコピー
2015年1月14日 1151レ

150123-1151レ (1)のコピー
2015年1月23日 1151レ
◆このムド回送は前との間隔が短いあたり何かあったと思いますが、ひょっとしたら当時のことが過去記事で紹介しているかも

20151201-1151ムドDE10 (2)のコピー
2015年12月1日 1151レ

20160209ムド1151レ (4)のコピー
2016年2月9日 1151レ

20180817ムドED遅れ1152レ (12)のコピー
2018年8月17日 遅れ1152レ 瀬高駅通過 次位に故障したELムド回送(詳細は過去記事参照下さい)

次は、大牟田構内貨物のDE10機回し中に故障が発生して立ち往生したあの日のこと。
詳細は2011年11月26日の過去記事ご覧下さい。あれはすごかった。一日中私を沿線に縛り付けたんだから(笑)。
 
111126大牟田4故障ムド(302)のコピー
立ち往生した故障DE10を引き出すシーン(ムド回送の大牟田到着と同じ手順)

111126 DE10ムド回送 (334)のコピー
門司機関区から代替機がムド回送されてきた。日は暮れ、夜が近い。

111126 大牟田6 1152レ重連 (432)のコピー
大牟田駅で遅れ1152レ ムドではないけれど、後にも先にもナナロク重連(重連総括制御運転は出来ないので、次位釜にも運転士乗っている)はこの時だけであったと思われる。18:40ごろの出発で、当時大牟田貨物に興味を持つ撮り鉄は少なかったのであまり話題にならなかったが、大牟田駅には私の情報を聞きつけたファンが数名駆けつけてきたのを覚えている。今だったら大変だ。

※2020年5月7日筆
大牟田貨物のラストランは銀釜303が就きましたが、故障することなく、パニックになることなく、無事に走ってほしい。 

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

さよなら大牟田専用貨物~各駅通過・停車の旅 その9

9回目です
八幡から再開です。
もうゴールしてもいいよね(笑)

121007八幡1152レ (200)のコピー
2012年10月7日 八幡駅
この区間は貨物専用線を走ります。なので駅撮り中に、上り電車と被る可能性もあります。

121007八幡1152レ (206)のコピー
2012年10月7日 八幡駅

110717スペースワールド1152レ (15)のコピー
2011年7月17日 スペースワールド
スペースワールド駅は貨物撮影にはもってこいの場所で、私も大牟田貨物追っかけ終了後はここで他の貨物列車を待ったことがありましたね。

10-8-8f 1152レ スペワ (16)のコピー
2010年8月8日 スペースワールド
この駅から東側の線路は広々としていて黄タンコも見えなくなるまで撮影できましたね

121014西小倉1152レ (95)のコピー
2012年10月14日 西小倉
ダイヤの都合でうまく先回りができた時代もありまして、西小倉駅でも撮影ができました。

120922小倉1152レ (183)のコピー
2012年9月22日 小倉
当時は紫川の橋梁工事のため、貨物専用線が西小倉~小倉が暫定単線でした。なので貨物列車の離合のリスクもなく。

131013小倉1152レ (269)のコピー
2013年10月13日 小倉
貨物専用線は北九州貨物ターミナルまで続きます。緩やかな坂を上ってゆきます。

20190421小倉1152レ (1)のコピー
2019年4月21日 小倉
黒崎から翌日の大牟田行き銀タンコも連結しています。
昔からこういう運用なら無駄なく楽だったと思うのは私だけか?

20190421小倉1152レ (2)のコピー
2019年4月21日 小倉
本来ならここで追っかけ終了ですが、以前のダイヤはなかなか素晴らしく・・・

120922北九州貨タ1152レ (195)のコピー
2012年9月22日 北九州貨物ターミナル
後続の上り電車に乗ると、あら不思議~北九州貨物ターミナル付近で減速していた1152レに追いつき、追い抜いたではありませんか!まさかの状況に撮影できたのはこのショット程度でした。

これ以後追いついた例はありませんでした。ダイヤの都合なのか、信号の都合だったのか。ラッキーとしかいえません。

おしまい

****************************************************************************

20180401-小倉150レのコピー
2018年4月1日 小倉 150レ
金太郎がコキ200積載の銀タンコを牽引しているシーン
2019年3月のダイヤ改正まではこれが当たり前でした。

130721小倉150レ (295)のコピー
2013年7月21日 小倉 150レ
さらに昔になると金太郎ではなく、EF81やED76牽引でした。
150レは黒崎発の北九州貨物ターミナル行きの短距離貨物列車で、黒崎の三菱ケミカルから出してくるコンテナと銀タンコをひいていました。なのでコキ200問題のころは長い編成でしたね。土日は空ばかりでしたが。

*****************************************************************************

以上、異常なほど撮影した大牟田専用貨物の各駅通過・停車の旅シリーズを終了します。
ご覧下さってありがとうございます。銀釜登場が多い理由は聞かなくても分かると思います。

 大牟田専用貨物はまもなく、三井化学専用鉄道と一緒に運用終了(廃止)を迎えます。
 それが明日なのか、明後日なのか。最終運行は見届けに行けませんが、私はもう十分撮ったし後悔はありません。
 大牟田専用貨物を通じて出会った友人や撮り鉄仲間、関係者に感謝です。
 是非、最後は静かに無事に運用しますように。

◆このブログはまだ続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

さよなら大牟田専用貨物~各駅通過・停車の旅 その8

8回目です。
ボリューム多いでしょ?一体どこまで書けば気が済むのやら(笑)
古賀から再開です。

121027古賀1152レ (70)のコピー
2012年10月27日 古賀
通過です

121027古賀1152レ (77)のコピー
2012年10月27日 古賀

20200112福間のコピー
2020年1月12日 福間
これは電車の最後尾から撮りました。いつしか福間でも快速列車待避のために停車するようになりました。
福間駅の待避線は26両貨物対応と聞いています。相当長いですが、大牟田貨物には広すぎますね。

20150920遠賀川1152レ (97)のコピー
2015年9月20日 遠賀川
昔は待避線で停車していたと聞きました。見たかったなあ。

140119遠賀川1152レ (148)のコピー
2014年11月9日 遠賀川

次はお待ちかねの黒崎です

120304黒崎 (224)のコピー
2012年3月4日 黒崎
14:50ごろに到着します。このときはコキ200問題で無駄に空コキのある長い編成でした。

110401黒崎駅 (16)のコピー
2011年4月1日 黒崎
編成後方から停車中を撮ります。銀6+黄2+海4の12両で基本最長編成でした。

110401黒崎駅 (28)のコピー
2011年4月1日 黒崎
早速、名物の銀タンコ入換え作業が始まります。これ目当ての同業者にはたくさん会いました。

110401黒崎駅 (45)のコピー
2011年4月1日 黒崎
当時は15:25ごろの出発で、黄+海だけの編成で、さっさと黒崎駅を出発していました。
その前後の上り電車に乗ると、途中戸畑~西小倉で貨物専用線をゆく1152レと並走する機会にも恵まれました。
ダイヤが改正されるたびに、その並走の機会もなくなりました。

121014黒崎1152レ (64)のコピー
2012年10月14日 黒崎
駅の構外から撮影するとこんなです。
この1152レはコキ104の4両に銀タンコを満載した珍しい状態です。

20190421 (429)のコピー
2019年4月21日 黒崎
そして現在は、黒崎での停車時間が2時間オーバーになり、翌日の大牟田行き(小名浜行きも時々ついてくる)の銀タンコも1152レに連結しての編成になります。なので黒崎以東でも、大牟田~黒崎のような編成が見られるようになりました。それまでは、4092レが150レに継承されて、夕方に翌日の大牟田行き銀タンコを連結して上ったりしていました。

このシリーズは次回で終わります。つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

さよなら大牟田専用貨物~各駅通過・停車の旅 その7

7回目です。
吉塚から再開です。
って・・・どこまで続くの?このシリーズ。

20191215吉塚1152レ (1)のコピー
2019年12月15日 吉塚

120401吉塚1152レ (74)c
2012年4月1日
吉塚駅は博多寄りのホーム先端からでも十分撮れますが、晴天の日はド逆光になるため人がいません。

20191215吉塚1152レ (2)のコピー
2019年12月15日 吉塚
後方狙いは光線具合が良いです。

110717千早操1152レ (14)のコピー
2011年7月17日 千早操車場
電車の最後尾から撮影した1152レです。意外と撮れるのですよ。誰も真似しませんが。車内が空いていたら問答無用で撮ります。

10-8-8c 1152レ千早停車 (14)のコピー
2010年8月8日 千早駅から千早操車場停車中の1152レ
以前は、千早操車場に停車する目的は優等列車の待避でしたが、晩年はただの時間調整になり停車時間も短くなりました。

2020-03-22 (278)のコピー
千早駅を通過して香椎方面に向かうときは緩やかなSカーブ坂を下っていきます。なかなかいい絵になりますよ。

110717香椎1152レ (12)のコピー
2011年7月17日 香椎
香椎はホームの北端で撮ると、中線を往く姿が確保できますが、下りホームの乗客が写ります。

110717香椎1152レ (18)のコピー
2011年7月17日 香椎 

10-8-8d 1152レ福工大前 (15)のコピー
2010年8月8日 福工大前
この駅の意外なところは

10-8-8d 1152レ福工大前 (18)のコピー
2010年8月8日 福工大前
停車位置が遙か彼方にあって(笑)、遠くからしか見えないのです。
この待避線路は20両くらいの貨物列車は収まるのかな?と思ったり。大牟田貨物にはもてあますかな。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

さよなら大牟田専用貨物~各駅通過・停車の旅 その6

6回目です
南福岡から再開です

140119ミフ1152レ (127)のコピー
2014年1月19日 南福岡
この駅で南方を撮影する際、望遠レンズを用いるとなかなか面白いシーンが撮れます。部分的に線路が3本になっているので、時間帯によってはなかなかにぎやかになりそうです。
駅の撮影では、後方狙いが出来ないようですね。なぜだったかな~?

20150920竹下1152レ (67)のコピー
2015年9月20日 竹下
快速停車駅ではないのによく撮りに来ていました。
1152レの右隣の電車は来るたびに変わります。居ないことはあったかな?

20150920竹下1152レ (77)のコピー
2015年9月20日 竹下
どこまでも後追い撮影が出来そうな風景です。吉野には負けるけどね。

140809博多1151レ (9)のコピー
2014年8月9日 博多 7番線(現在は6番線) 1151レ
この撮影時刻は6:10ころで、大牟田から電車では到底間に合いません。
そこで私は早朝4時に大牟田から久留米駅まで車で移動して、久留米始発の一番電車で博多に行くと間に合います。
帰りはしんどかったです。久留米駅の駐車場で爆睡しました。

140809博多1151レ (21)のコピー
2014年8月9日 博多
この後1時間以内に立て続けに下ってくる貨物列車も見送りました。

20180401博多 (1)のコピー
2018年4月1日 博多
2018年3月のダイヤ改正から、1152レの停車が1から2番線に変わりました。そのため撮影しやすくなりました。
この日はお友達の筑後川鉄橋さんと鉄子さんと一緒に撮影。

20180401博多 (2)のコピー
2018年4月1日 博多
編成はエイプリルフールネタかと思わずにはいられない青枠黄タンコがいました。

20150725博多1152レ (131)のコピー
2015年7月25日 博多 
1152レが博多に停車しに向かいます

110510博多シティ俯瞰 (109)のコピー
2011年5月10日 博多のトレインビュースポットから1152レを見下ろす・・・1番線停車だと出てくるまで発着が分からない

2020-02-16 (180)のコピー
2020年2月16日 博多のトレインビュースポットから1152レを見下ろす・・・2番線なので発着シーンが上からよく見える

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

さよなら大牟田専用貨物~各駅通過・停車の旅 その5

◆各駅通過・停車の撮影基準は、快速列車が停車する駅を優先しています。その方が移動が楽だからです。
 もっと時間があれば、鹿児島本線大牟田~北九州貨物ターミナルまで全駅コンプリート目指していたかもしれません。
別のカテゴリの駅名標イラストのために鹿児島本線全駅下車でも相当時間がかかりましたから、1日1本の貨物列車とかつ移動がしにくい駅とならば、相当な時間とお金を使うことになるでしょうから、それ相応の計画が必要だったことでしょう。やらなくて良かった(笑)

では5回目です。
弥生が丘駅から~

140831弥生が丘1152レ (125)のコピー
2014年8月31日 弥生が丘

140831弥生が丘1152レ (128)のコピー
2014年8月31日 弥生が丘

150112基山1152レ (230)のコピー
2015年1月12日 基山
基山駅で望遠レンズを用いて、弥生が丘側から下ってくる貨物列車を狙うと面白い絵になります。編成が屋根で分かるのは大牟田貨物だけ?

150112基山1152レ (239)のコピー
2015年1月12日 基山
基山駅のホーム撮影はどこから撮っても面白いし、後追い撮影も同じです。特にホーム北端で後追い撮影すると編成のくねくね度が面白い。

◆大牟田駅から各駅の模様をお伝えしましたが、連続は基山までです。次からは快速停車駅などが優先されます。

10-8-14 1152レ原田駅 (19)のコピー
2010年8月14日 原田駅
現在でも8152レは原田駅停車しますが、2011年3月12日~2020年3月13日までは通過でした。
停車中に北側の踏切を渡って前方から撮影する方がいます。私は面倒なので行ったことがないなあ。

10-8-14 1152レ原田駅 (28)のコピー
2010年8月14日 原田駅
私は結局撮影できませんでしたが、大牟田貨物下りも停車して4093レに追い抜かれるそうです。
貨物列車が貨物列車を追い抜くシーンは珍しいでしょうね。残念。

110625原田1152レ (14)のコピー
2011年6月25日 原田駅
通過します

110430原田1152レ (223)のコピー
2011年4月30日 原田駅
通過で黄タンコ後追い

140927太宰府信1152レ (74)のコピー
2014年9月27日 大宰府信号所
私は車の運転は長時間は苦手で、大牟田から北端は大宰府信号所までしか走ったことがありません。
東は福岡大分の県境、西は鍋島、南は八代まででした。苦手なんですよね。軽自動車でしたし。

140927太宰府信1152レ (83)のコピー
2014年9月27日 大宰府信号所 1152レ
この日はテンハルでの撮影も兼ねており、ついでにここまで足を延ばしました。近いもんです。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

さよなら大牟田専用貨物~各駅通過・停車の旅 その4

◆鳥栖駅の貨物列車の通過の仕方は、上りも下りも2パターンあります。
・上りは鳥栖貨物ターミナルに入るか入らないかで、入線するホームが違います。入るなら3番線、入らないなら1番線。
 1152レは常に1番線に入りますが、過去に鳥栖貨物ターミナルに入ったことがあるのでは?というイレギュラーもあるらしい。
・下りは鳥栖貨物ターミナルを出発する場合と田代駅を通過して直接鳥栖駅に入ることがあります。
 また1151レは鳥栖駅の7番線路を通過し、他の貨物はほとんど一旦停車します。
 年末年始や盆休みの一般貨物列車のウヤ期間にも走る1151レが鳥栖駅ホームに停車し乗務員交代がありました。
 いろいろなパターンを楽しめたのは良かったですが、残念ながら鳥栖のイレギュラー撮影はしていません。

では4回目 肥前旭から再開です。
ところでどこまで各駅で撮影しているのでしょう?それは基準がありまして・・・本題が逸れますのでまたの機会に。

110125 1152レ肥前旭 (118)のコピー
2011年1月25日 肥前旭 1152レ
ここは新幹線高架工事で風景が一変した場所です。高架橋がなかった時代は障害物が全然ないすばらしい撮影場所で有名だったそうです。トスアサカーブと呼ばれています。現在の高架下を久留米側から接近してくる様子を望遠レンズで狙うと面白かったような。

110125 1152レ肥前旭 (121)のコピー
2011年1月25日 肥前旭 1152レ
1151レは高架橋の鳥栖寄りで撮影される方が多いですね。

101223 1152レ鳥栖 (18)のコピー
2010年12月23日 鳥栖 1152レ
駅の東側から撮影しているのですが、撮影後すぐに西側の鳥栖駅舎に向かうため東西自由通路を駆け上がり

101223 1152レ鳥栖 (19)のコピー
2010年12月23日 鳥栖 1152レ
改札口を出たところで1番線停車中を撮っているのですが、その経過時間がわずか2分とは!?当時どんな体力と脚力があったのか?若かったなあと思います。今やると倒れる(笑)

110717鳥栖1152レ (13)のコピー
2011年7月17日 鳥栖駅 1152レ
乗務員(運転士)交代の様子。後ろの運転台から大牟田駅の操車係員が下車することがありました。

120922鳥栖1151レ (19)のコピー
2012年9月22日 鳥栖 1151レ
早朝から鳥栖駅に向かい、駅の東側から鳥栖駅を通過する1151レを撮影。コキ200問題で残念な編成しか撮れず。

120922鳥栖1151レ (25)のコピー
2012年9月22日 鳥栖 1151レ
その代わりに追いかけ撮影で釜の次位が撮れたり。

120708鳥栖貨タ (68)のコピー
2012年7月8日 鳥栖貨物ターミナル 1151レ
通常は鳥栖貨物ターミナルの1番線路に入って運転停車します。乗務員交代も行われている様です。
最近はGWウヤ期間に一般貨物の空コキが1~3番線路を占領しているため、6番線路に入線する姿が目撃されている様です。

140308田代1152レ (170)c
2014年3月8日 田代 1152レ
田代駅も鳥栖貨物ターミナルのコンテナなどを見るためによく通いました。

140308田代1152レ (177)c
2014年3月8日 田代 1152レ
2020年3がつのダイヤ改正までは、写真のように4083レと離合するシーンがたびたび見られました。この日は1152レがまずかに遅いため、完全な離合にはならず。

つづく


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

さよなら大牟田専用貨物~各駅通過・停車の旅 その3

◆荒木駅は他の駅と違って上りホームの南端が面白い構造になっています。
 EF81-451・452をその位置から狙うとちょうどいい高さでヘッドライトが・・・って主旨の違う話になりますね(汗

 とにかく荒木駅は大牟田駅を除くと、結構通った駅の1つでした。始発電車もあり上りやすいメリットがありました。

それでは3回目~西牟田から再開です

10-10-16西牟田1152レ (21)のコピー
2010年10月16日 西牟田
ここは上り列車が羽犬塚駅から急な坂道を登ってくるシーンが下りホームから見渡せます。望遠レンズを使えば登ってくる1152レがよく見えて面白いです。

10-10-16西牟田1152レ (29)のコピー
2010年10月16日 西牟田

140712荒木1152レ (77)のコピー
2014年7月12日 荒木
荒木は前述のように立ち位置が低く、レールと同じ高さになります。動画もよく撮りましたね。お目にかけられないのが残念。

140712荒木1152レ (88)のコピー
2014年7月12日 荒木

131229久留米SH-1151レ (3)のコピー
2013年12月29日 久留米
1番線に停車している1151レ。土日祝はダイヤの都合で停車して時間調整をします。
これは駅前のSホテルから撮りました。この日は撮影のために泊まったわけではありませんが、2020年の遠征時は定宿でした。

131013久留米1151レ (17)のコピー
2013年10月13日 久留米 1151レ
上りホームから撮った1番線に入ってゆく様子です。実は平日の3番線通過は見たことがありません。

10-8-13 1152レ久留米 (19)のコピー
2010年8月13日 久留米 1152レ
2011年3月のダイヤ改正までは上りの久留米停車がなかった。平日は分かりませんが、停車する理由がありません。

10-5-4久留米1152レ (25)のコピー
2010年5月4日 久留米 1152レ
4番線に吸い込まれるように入ってゆく姿は5番線停車を多く見てきた者にとっては新鮮である。

110625久留米1152レ (12)のコピー
2011年6月25日 久留米 1152レ
5番線に停車のために入線する
 
110320久留米1152レ (165)のコピー
2011年3月20日 久留米 1152レ
かつて私はホーム北端にかかる黄タンコを背景に自撮りしたことがある。いい記念になった。(公開不可)
またどこかの親子がやはり黄タンコを背景に記念撮影していたのを電車内からみたことがある。

現在は4~5両の銀タンコだけなのでホームから外れてしまいます。懐かしきあの日にグッジョブ。
つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

さよなら大牟田専用貨物~各駅通過・停車の旅 その1

●大牟田貨物廃止=三井化学専用鉄道廃止 である。
どちらかかが先に運転がなくなることはない。同時に役目を終える。ラストデイは近い。(HD300ムド除く)

◆今週中に毎年恒例の年次ウヤに入りながら終了と思われる。入ったら二度と明けることはない。永遠のウヤである。

■タンクコンテナや、その他貨車、炭鉱電車の惜別スペシャルを実施し、語ったことですから、残るは大牟田貨物くらいでしょうか?
なお、構内貨物列車牽引のDE10特集記事は過去に書いているので探してみて下さいね。HD300はもう語りません。

大牟田貨物の撮影は沿線、駅でたくさん撮りました。沿線撮影はとても多くブログで紹介しましたが、駅撮りをまとめた記事はなかったと思います。大牟田駅から北に順番に小倉駅まで実に30の旅客駅と、4カ所の貨物駅でホームや駅構外、電車内から様々な撮影をしてきました。全ての撮影、または詳細については語りきれませんので、管理人が適度にセレクトした内容で上り下り関係なく綴って参ります。同じ駅で複数紹介する場合があります。撮影条件の都合で1駅1枚になる場合もあります。基本は1駅2枚です。列車番号、釜番号、貨車コンテナ内容のコメントは省略します。書きたいことだけコメントします。

130616大牟田 (19)c
2013年6月16日 大牟田駅
1両編成でウヤ明け第1便です

110717大牟田1152レ (17)のコピー
2011年7月17日 大牟田駅
出発準備完了です

10-5-4大牟田1152レ (11)のコピー
2010年5月4日 大牟田駅
10年後の5月4日も何も変わらない青い空と短い編成でありますように

10-8-29 1151レ銀水 (12)のコピー
2010年8月29日 銀水駅

10-8-29 1151レ銀水 (16)のコピー
2010年8月29日 銀水駅
まさかの西鉄8000形特急と並走している!!
これは当時気づかなかった~というより並走に興味がなかった?

09-8-23JR銀水駅 4172レ (2)のコピー
2009年8月29日 銀水駅
これ4172レなんですよ。黄タキ付きの編成が出てくるのは今回限り?

150131吉野1152レ (103)のコピー
2015年1月31日 吉野駅
吉野カーブにはよく通ったな~。夜もね(笑)。

10-4-4 1152レ吉野駅 (36)のコピー
2010年4月4日 吉野駅
左上に小さいけれど桜の木が満開だ。あれから成長したかな?

10-8-28 1152レ渡瀬 (16)のコピー
2010年8月28日 渡瀬

10-8-28 1152レ渡瀬 (19)のコピー
2010年8月28日 渡瀬
上り方には右奥へ逃げるような緩やかなカーブがあります

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

博多駅から大牟田貨物を見送る~これで最後かな 後編

2020年2月16日 曇り 博多駅トレインビュースポットより俯瞰撮影

2020-02-16 (182)のコピー
大牟田貨物1152レの進行が青になり出発です。2分くらいしか停車しませんでした。でも十分です。

2020-02-16 (183)のコピー
博多駅のホーム屋根の幅が広い影響もありますが、留置線にもどこにも電車がいません。見えません。

2020-02-16 (184)のコピー
このわずかな瞬間は、博多駅はまるで貨物専用駅みたい。どこに行っちゃったかな?(笑)
この小さな奇跡はとても貴重だ。

2020-02-16 (185)のコピー
短い編成が次の停車である千早操車場へ向かいます。

2020-02-16 (187)のコピー
見えなくなるまで撮り続けました。
周囲の一般客は私が何をそんなに夢中に激写しているのか興味がないようです。ま、そんなもんですよ、きっと。

これにて撮影を終えた私はホームタウンへ帰りました。

次回、いつ九州に行けるのかな?全く見通しが立ちません。残り(廃止まで)の撮影は地元鉄にお願いするしかありませんね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田貨物1152レを俯瞰お見送り~これで最後かな 前編

2020年2月16日 曇り 博多駅のトレインビュースポットから撮影
何度も通ったトレインビュースポットから大牟田貨物を見送るのは今回が最後になるかな?
そういうことにしておきます(笑)。

ここからの前回の撮影時は、まだ1152レが博多駅の1番線停車のため入線時や停車中を俯瞰できませんでした。
今回は2番線停車を知っている状態で、眺めての撮影をします。たまに遅れてやって来る下り貨物もあれば絡めましょう。

2020-02-16 (166)のコピー
この真下は4・5番線ですね。もっと左に寄らなくては。早い者勝ちで真下が見える位置を確保です。

ここには何度も来たことがありますが、カメラで電車や貨物列車の撮影をしている人には出会ったことがありません。
なのにトレインビュースポットという最高の立ち位置を利用して、デジイチで激写する私を端から見ている他の人たちは、私の行動はどう見えたことでしょうか?当然のことしていますからね。大半の人はシネコンの入場待ちの時間つぶしでしょうから。

屋上にもトレインビュースポットはありますが、屋外だし狭いし汚れが目立つので、こっちが好きです。3階にも似た場所がありますが、あそこは子供向けですし、かつ低すぎます(笑)。

2020-02-16 (170)のコピー
13時半過ぎに1152レが現れました。現在の時刻は分かりません。青白釜は目立つな~。
銀タンコをずらりと見下ろすと建物の室外機に見えますね。これは笑えます。

2020-02-16 (171)のコピー
最後尾の黄タンコが見えました。全然違って見えますね。

2020-02-16 (173)のコピー
黄タンコアップです。大牟田駅で跨線橋から見下ろすのとはレベルが違いますね。これは面白い。

2020-02-16 (174)のコピー
続いては銀タンコアップです。

2020-02-16 (176)のコピー
なんだか全然違うものに見えてきました。貨物列車じゃない何か(笑)。普通のコンテナ貨物じゃないですから味があります。

2020-02-16 (177)のコピー
大牟田貨物の俯瞰に見とれていたら、遅れ?4095レが下ってきました。慌てて焦点を変えます。

2020-02-16 (178)のコピー
後で知りましたが、この4095レの釜はEF81-404でした。ズームしたらよく見えました。1月末に全検出場したばかりの404号機は私にとっては初撮影となりました。大牟田貨物にはこの次の週に就いたそうですね。残念!

2020-02-16 (179)のコピー
一見長い編成に見えますが、20両ありません。日曜だから?

2020-02-16 (180)のコピー
構図上、1152レと4095レが離れていますが離合です。50m近く離れているのに離合って言うの?(笑)

2020-02-16 (181)のコピー
目立つ黄タンコの1152レとくねくね長い4095レは絵になるなあ~曇り空なのが惜しいです(暗く写るから)。

ところでこの日の1152レは銀4+黄1の5両編成でしたが、銀5+黄2の7両編成でもすっぽり収まり停車できそうですね。
9両くらいは大丈夫そうですが、大牟田貨物はそんなに長くなりませんからねえ。

2020-02-16 (189)のコピー
一般コンテナや私有タンコも真上から眺めるといつもと違った見方ができるし、新発見もあるかもしれないから、たまには楽しいと思いますよ。

長くなるので後編につづく。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

見納め1152レ黄タンコ

2020年2月16日 雨 大牟田駅
◆日時は分かりませんが、大牟田貨物の銀タンコより黄タンコの運用終了が先だそうです。近日中にラストランか~。
なので現状これが最後なのかなと思うと寂しくなりますね。2月16日もいっぱい撮影したから良かったな~と後悔はありません。

2020-02-16 (161)のコピー
大牟田駅はどんより曇り空。雨は止みそうです。そんな中でもインパクト絶大な黄タンコは目立ちます。

2020-02-16 (162)のコピー
朝でも昼でも雨でもその存在がとてもキュートで目立つ色の黄タンコが編成に1両だけでもいると華になったのに。

2020-02-16 (164)のコピー
同業者のいないホームで一人黙々と撮影です。目指すは黄タンコ。電車が邪魔だけど撮れないことはありません。

2020-02-16 (165)のコピー
雨に濡れた艶やかな君も素敵だよ。って黄タンコにナニ語っているの(笑)。

こうして次いつ訪問できるのか全く分からない状況下で、大牟田駅を後にしました。

この後はこの日最後の撮影場所で1152レのて停車と出発を待ちます。つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2020-2-16 大牟田貨物1152レの編成内容

2020年2月16日 雨 西鉄大牟田駅ホームから撮影
この日の1152レ編成内容を紹介です。JR大牟田駅の駅名標が写るように撮影したら面白いですが、時々JR側から西鉄の大牟田駅名標をタンクコンテナと絡めて撮ることもあるので、一応両側コンプリートかな?

2020-02-16 (123)のコピー
1両目 コキ200-126 UT13C-8041・8042 濃硝酸専用

2020-02-16 (127)のコピー
2両目 コキ200-9 UT13C-8032・8035 濃硝酸専用
◆件のイレギュラー積載です

2020-02-16 (132)のコピー
3両目 コキ200-55 UT13C-8057・8058 濃硝酸専用

2020-02-16 (134)のコピー
4両目 コキ200-102 UT13C-8047・8048 濃硝酸専用

2020-02-16 (138)のコピー
5両目 コキ200-111 UT13C-8075・8076 液化塩素専用

以上、銀4+黄1の5両編成でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田駅に戻ってきた1152レになる列車と釜と私

2020年2月16日 雨 西鉄大牟田駅ホームからJR大牟田駅側を向いて撮影
いつもの機回しや連結などの1152レ出発準備の一連の流れを西鉄側から撮った記憶があまりないので、今回改めて~と参りましょう。

2020-02-16 (99)のコピー
西鉄電車で大牟田駅に戻るとすぐさま撮影再開です。JRホーム側には撮影者見当たらないなあ~。

2020-02-16 (106)のコピー
HD300がねぐらに戻って数分後にEF81-503の機回し・転線が始まります。

2020-02-16 (113)のコピー
そんなに時間かからずに転線して来ました。

2020-02-16 (116)のコピー
操車係が無線で機関車を誘導します

2020-02-16 (119)のコピー
あと「2m」とか、距離を伝えているのでしょうね、きっと。

2020-02-16 (121)のコピー
ドッキング~。操車係が連結部に潜ります。

2020-02-16 (142)のコピー
連結直後の編成を後ろから~

2020-02-16 (145)のコピー
前進直前の編成を前方から~この直後、出発待機位置まで前進しました。

いつもJR大牟田駅側から撮影していたから、今回はやっぱり新鮮味があっていいですね。

2020-02-16 (149)のコピー
最後に無線返却シーンを。これはさすがに西鉄大牟田駅側からでないと見えないですね。
いいものが見られましたので良かったです。

編成の詳細は次の記事で紹介します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

わざとらしい表現~1151レ到着

2020年2月16日 雨 大牟田駅
朝方から雨だったこの日、レンタサイクル利用は無理なので西鉄電車利用がてらホームからの撮影中心となった。
まずは、珍しくJR大牟田駅を眺めながら、大牟田貨物1151レの到着を狙います。

2020-02-16 (7)のコピー
もし、夜明けが遅かったらこんな風に映るのかな?って、わざと設定を弄っての撮影です。
光るレールが良いですねって、それくらいしか特徴がありませんが(笑)。
いつも同じように撮っても仕方がありませんから、こんな天気の悪い日に明るく撮影しないで、逆に暗く撮ってレールを光らせて撮ったわけです。冬の博多駅界隈はこんな感じでしょうか?

2020-02-16 (11)のコピー
実際はこんなに明るいのですが。

1151レはEF81-503けん引で、銀タンコ4両編成でした。

2020-02-16 (13)のコピー
タンコ詳細は(撮影した4両がイマイチな出来映えなので)まとめて紹介します。

・1両目 コキ200-15  UT13C-8049・8050
・2両目 コキ200-103 UT13C-8051・8052
・3両目 コキ200-97  UT13C-8039・8040
・4両目 コキ200-122 UT13C-8045・8046
以上、すべて濃硝酸タンクコンテナ

この後、西鉄電車で1つ隣の新栄町駅に向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ハイブリッドロコ牽引の大牟田駅構内カモレ

2020年2月15日 鹿児島本線 大牟田~仮屋川操車場 構内入換貨物列車
タイトルをそう書くと一瞬かっこいいですが、本線を走っているような錯覚を覚える構内扱い貨物列車です。
撮り鉄によっては、入換貨物とか、入換中とか表現されます。本線を閉鎖して走らせる便で、近くでは黒崎駅構内にもレール搬出で貨物専用線の上り線を逆走させるする区間がありますが、それも同じ扱いでしょう。

2020-02-15 (49)のコピー
大牟田駅に戻ると、すでにHD300が1151レ貨物編成との連結を終えていました。

2020-02-15 (51)のコピー
時間に余裕があったので、このカモレをいろいろな方向から撮りたくなりました。
大牟田駅の4番線路で出発待ちです。当日は9:13頃の出発でしたが、現在は変わったと地元鉄から聞いています。

2020-02-15 (55)のコピー
西鉄特急と並び~ですが、実は奥に大牟田貨物牽引ELが写っているので、なんちゃって遠近3並びです。これは狙っています。

2020-02-15 (57)のコピー
架線柱の隙間を縫って

2020-02-15 (62)のコピー
EF81が写るように(笑)

2020-02-15 (63)のコピー
引き気味に編成全体が写るように

2020-02-15 (64)のコピー
土曜日は黄タンコが連結されることが多いらしく(地元鉄情報)、今日はラッキーです。
連結がなかったら今回のような撮影はしなかったかも。

◆曇り空で黄タンコがなかったら、AFの影響か全体的に暗く写ってしまいます。それを補ってくれる黄タンコがいると撮影意欲がわきます。でも黄タンコなしで、まともに撮影できない私は下手なんでしょうが。

2020-02-15 (69)のコピー
場所を移動して移動中を撮影

2020-02-15 (71)のコピー
あんまりのんびり運転なので、初めて見る人はイライラするでしょうね。早く来い!!って、じらさないじらさない(笑)

2020-02-15 (73)のコピー
は~、いいね黄タンコ。毎日連結してほしいです。2両より長くなりません。

2020-02-15 (74)のコピー
振り向いて見ていたら、カモレは一時停車します。入換信号機は進行を示しています。
昔は入換信号機が進行であれば素通りでしたが、専用鉄道の炭鉱電車脱線事故後は、安全確認がかなり厳しくなりました。

2020-02-15 (75)のコピー
眺めていられる時間が昔よりも長くなりました。

次は宮浦操車場に向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

毎度の遠征が最後と思って

2020年2月15日 鹿児島本線 大牟田駅 AM7:50
間もなく大牟田貨物1151レ(3月14日のダイヤ改正から8151レに改番され臨時貨物化になりました)

2020-02-15 (6)のコピー
大牟田遠征時に駅ホームから大牟田貨物1151レの到着は撮ってこなかったのですが、今回はたまにはいいでしょうと。

2020-02-15 (8)のコピー
時間が迫ってきました。土日祝日は平日ダイヤより5分ほど遅くなります。

2020-02-15 (12)のコピー
ラッキーなことに同業者がいません。独り占め撮影(笑)になりました。
普段は1人か2人はいるんですが。

2020-02-15 (21)のコピー
到着して、運転士が下りてきました

2020-02-15 (22)のコピー
曇り空で光線が期待できません。編成は銀4+黄1でした。

2020-02-15 (24)のコピー
黄タンコに焦点を当てるとすごく明るく撮れます。これを見ているだけでも元気になれます。カンフル剤的な存在ですね。

幸せになれるかどうかはあなた次第です(笑)。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

今回の〆は竹下駅にて~1152レ

2020年1月19日 鹿児島本線 竹下駅
帰路についています。
今回は良く行く竹下駅で大牟田貨物を狙います。なお下りの4083レも撮影できますが失敗(笑)。

2020-01-19 (259)のコピー
来ました

2020-01-19 (260)のコピー
編成重視撮影

2020-01-19 (265)のコピー
竹下駅は通過線路を通るので足回りまですっきり撮影です。7両編成にはちょうどいい場所です。
まあ、お手軽な駅ですが、各駅停車しか足がないのでご注意を。

2020-01-19 (270)のコピー
次に大牟田遠征できるのはいつになるかな~と、最後尾の黄タンコを見つめながらこの日の撮影は終了です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

銀5+黄2=7両編成~これが今の大牟田貨物の最長だ

2020年1月19日 大牟田駅 1152レ
大牟田貨物は通常7両より編成が長くなりません。理由は以前書きました。それでもコキ200だけの最盛期は12両編成で、コキ200問題のころの空コキが絶対にある時期に最大17両編成したから、決して長かったわけでもなく。

2020-01-19 (195)のコピー
1両目 濃硝酸 コキ200-103 UT13C-8051・8052

2020-01-19 (198)のコピー
2両目 濃硝酸 コキ200-46 UT13C-8055・8056

2020-01-19 (201)のコピー
3両目 濃硝酸 コキ200-55 UT13C-8057・8058

2020-01-19 (204)のコピー
4両目 濃硝酸 コキ200-14 UT13C-8053・8054

2020-01-19 (207)のコピー
5両目 濃硝酸 コキ200-143 UT13C-8043・8044

2020-01-19 (208)のコピー
6両目 液化塩素 コキ200-37 UT13C-8081・8082

2020-01-19 (212)のコピー
7両目 液化塩素 コキ200-111 UT13C-8075・8076

2020-01-19 (226)のコピー
鳥栖行きワンマン入線。この状態だと6・7両目がよく見えません。
この電車は大牟田駅に20分近く停車するので、編成確認はお早めに!なお、4~5両編成なら被られません。

2020-01-19 (229)のコピー
跨線橋からの編成後方からの眺めはいいね

2020-01-19 (232)のコピー
あと何度7両編成が実現するでしょうか。
濃硝酸は4~5両、液化塩素は0~2両で週3回くらいしか付かないなど、いろいろパターンがありますからね。

2020-01-19 (244)のコピー
液化塩素(黄タンコ)がつくか、つかないかで編成美に大きく影響します。
濃硝酸だけだと地味なんですよね(笑)。ま、管理人の主観なんですが。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン