FC2ブログ

第2回大牟田(緊急)遠征の巻~1151レにご挨拶

2017年9月10日 晴れ 大牟田駅
まさに緊急遠征であった。前日は関東在住の鉄お友達と川崎中心で鉄っていたのに(川崎遠征)、翌日は大牟田遠征という非常に無茶な行動をとった。移動手段はもちろん寝台列車・・・という時代ではないので、前日夕方の飛行機で福岡入り。大牟田の宿には23時前に到着するというお疲れモード。移動だけでヘトヘトだ。ま、そんな事言ってられない今回の緊急遠征であった。

この時、何故緊急遠征したかは書きません。一応記念すべき第2回目の大牟田遠征の撮影記を順に書きます。

大牟田駅20170910 (6)のコピー
昨晩は大牟田駅西口側に宿を取ったので、朝ごはんを食べても大牟田駅のお馴染みの場所には余裕で来られました。

大牟田駅20170910 (5)のコピー
ほぼ半年ぶりに大牟田駅にやって来ました。昨晩はクタクタだったので何も撮っていません。
当初の予定では何も無ければ11月遠征予定でした。
今回は炭鉱電車のアレとアレを撮るだけのために大牟田に来ましたが、大牟田在住の鉄お友達 I氏と会ったのがこの緊急遠征の時が私にとって最後になろうとは、全く予想していませんでした。まるで何かに呼ばれたみたいな縁を感じずにはいられません。炭鉱電車のアレが無かったら・・・と考えると。

今だから書けますが、I氏とは私のブログリングの「ワシの戯言」の管理人様です。最初「戯言」を「ざれごと」と本人の前で呼んでしまい、笑われた記憶があります。正解は「たわごと」です。どちらも「戯言」と変換できますから注意です(汗)。
この話は取り敢えず一時中断。またそのうち書きます。

大牟田1151レ (9)のコピー
定刻で1151レがやって来ました。銀タンコ5両編成。

大牟田1151レ (11)のコピー
撮影者は大牟田駅ホームも含めて私だけ?
9月と言ってもまだまだ残暑がすごい季節ですから、なかなか炎天下で撮るのはしんどいです。

大牟田1151レ (15)のコピー
1両目 コキ200-122 UT13C-8047・8048

大牟田1151レ (16)のコピー
2両目 コキ200-39 UT13C-8051・8052

大牟田1151レ (17)のコピー
3両目 コキ200-103 UT13C-8037・8038

大牟田1151レ (18)のコピー
4両目 コキ200-55 UT13C-8039・8040
※8039は通称灰タンコとも呼ばれる。なぜ色が違うかは知る人ぞ知る(笑)

大牟田1151レ (20)のコピー
5両目 コキ200-110 UT13C-8041・8042

大牟田1151レ (21)のコピー
編成を見送り、8時から借りられる西鉄大牟田駅のレンタサイクルで宮浦操車場へ急ぎます。
昔は7時から借りられたそうです。いいなあ。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

大牟田専貨1152レを見送って~田代駅(2018-3-20)

2017年3月20日 鹿児島本線 田代駅(鳥栖貨物ターミナル)
鳥栖駅から田代駅まで1駅ですが、意外と便数が限られていています。乗り過ごしたらタクシーでも使わないと間に合いません。時間に余裕があれば、徒歩でも可能ですが・・・。

20170320 (260)のコピー
田代駅に隣接する鳥栖貨物ターミナルで停泊中のEF81-502
この釜はなかなかに不幸です。富山から帰還したと思えば、方向が違うから吹田まで方向転換に駆り出され。この年の秋の豪雨で日豊本線の一部不通の影響で延岡に取り残され・・・(鹿児島経由で戻るとまた方向が狂うのです)。

さてお話が逸れましたが、1152レが13:00時過ぎにやってきます。1152レが鳥栖駅に到着して、田代駅にいつ向かってくるのか?今か今かと思えるような光景が視力のいい人には感じられます。

20170320 (265)のコピー
やって来ました!1152レ

20170320 (272)のコピー
田代駅には人がいないので気兼ねなく撮影出来ます

20170320 (278)のコピー
後方狙いです

20170320 (281)のコピー
これで終わりません。彼方の1152レはカーブの先で4083レとすれ違います。
現在のダイヤでも同じ現象が見られるかどうかは分かりません。これも田代駅で取る楽しみの1つでした。

20170320 (283)のコピー
4083レはEF81-452牽引でした。荷載りがいいですが、鳥栖貨物ターミナルでごぞっと下ろされて歯抜けになりそうです。でもそれは見られないので、1152レが去った今、私は上り電車を待って九州を後にします。

◆さてこれにて、第1回 大牟田遠征の撮影旅行記をこれにして終了します。第2回以降の遠征記は、既出のものも数多くあります。再掲はあるかもしれません。時間の都合で、遠征記が順番に書けないかもしれません。突然最新の遠征記録が出てくるかもしれません。早く古い方を書ききりたいものです。それではまた!

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田専貨1152レの出発準備(2017-3-20)

2017年3月20日 大牟田駅
さて、DE10-1202がねぐらに帰ったら、操車係員さんがED76に向かい運転士さんと無線の交換と打ち合わせ。

20170320 (196)のコピー
始めるぜ!入れ換え作業

20170320 (199)のコピー
汽笛を鳴らして出発するときがあります。そのあとは4番線路をスイスイと走って来て

20170320 (201)のコピー
過ぎ去っていきます

20170320 (210)のコピー
駅の北側の幅員が広い「有明町踏切」まで進みます。
ネタ釜の時は、踏切周辺で撮影する方も多いです。

20170320 (213)のコピー
戻って来ました。
先ほど、DE10-1202が連れてきた返空編成のいる5番線路に転線しました。

連結シーンは動画撮影ですが、ここには容量の都合でアップ出来ません。あしからずご了承ください。
ってか、本ブログでは一度も動画を貼ったことがありませんが(^_^;)

20170320 (216)のコピー
1152レの出発準備取り敢えず完了。
操車係員が編成をぐるり一周して点検を終えたら、やや前進して12:08の出発まで待機です。

当時のダイヤで、快速列車で鳥栖に先回りします。この頃も8両の快速列車はガラガラでした。そりゃ2両編成になるわな。

さよなら大牟田、また会う日まで。次に大牟田の地を踏める日はこの頃はまだ未定でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田駅に戻る構内貨物列車~復路便

2017年3月20日 曇り 大牟田駅
Nホテルを後にして、宮浦操車場へは行かずに大牟田駅へ急ぎました。
構内貨物列車の復路便(戻り)を狙うためです。いつもは沿線から撮っている便ですが、珍しく大牟田駅ホームから撮ります。上り用の島式ホームの北端で撮れば一部始終が撮影出来ます。なお、駅舎側の下りホーム北端でも十分撮れますが、通過後は諦めて下さい。

20170320 (160)のコピー
大牟田駅ではED76が始業前点検?か、各ライトを点灯させていました。

20170320 (161)のコピー
仮屋川操車場からの構内貨物復路便が見えました。

20170320 (164)のコピー
入れ換え信号機頼りでかなりノロノロ運転しています。気の短い方はご注意を~。

20170320 (166)のコピー
5番線路に進入します。4番線路にはナナロクがいるので入れません。

20170320 (174)のコピー
昔は銀タンコ6両が当たり前でした。現在は5両が最大で短く感じます。この日は何故か6両繋いでおり、昔を思い出して嬉しいです。

20170320 (179)のコピー
編成が長いのはいいね~

20170320 (181)のコピー
DE10が貨車を切り離して前進~操車係の手案内が時の流れを忘れさせてくれるような

20170320 (184)のコピー
今はもう見られない国鉄原色同士のすれ違い。

DSCF9439のコピー
大牟田駅構内の南端の引き上げ線まで走り

20170320 (186)のコピー
いつものねぐらに戻って来ました。これで翌日の8時過ぎまで動きません。

20170320 (188)のコピー
DE10-1202は翌年の1月まで運用されました。
その後廃車になったとは聞きましたが、解体されたかどうかは分かりません。

続いては1152レの出発準備を眺めましょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田専貨または大牟田貨物1151レ

2017年3月20日 晴れ 鹿児島本線 銀水~大牟田
このブログを立ち上げてから長い間は、大牟田専貨(大牟田専用貨物の略)と呼んでいた。大牟田発着だし、編成全部が専用のコンテナ、タンクであった。2009年4月の銀タキ廃止による、濃硝酸のタンクコンテナ化、同年12月の黄タキ全廃による、液化塩素のタンクコンテナ化によって、多くが「大牟田専貨」と呼ばなくなり、「大牟田貨物」と呼ぶようになった。私はそれでも大牟田専貨と呼び続け、それらに賛同する仲間達もそうした。

◆列車番号で4175レが1151レに、4172レが1152レに改番された時が、専用貨物の称号が失われたときかもしれない。

はっきりした時期は覚えていないが、私もいよいよ大牟田貨物と呼ぶようになった。貨物ファンとの会話の中で大牟田貨物と大牟田専貨が混じり合うと実におかしいのだ。その時期に大牟田専貨と呼んでいたのが私だけになっていて、ちょっと変じゃないかと思っていた記憶がある。人付き合いが多くなるにつれて、私も呼び方を変えていったのかも(折れたのか?)。でも大牟田専貨っていう言葉は実にカッコイイと思っている。ブログのカテゴリは今更変えたくないので大牟田専貨のままであるが、今でもすごく気に入っている。

◆私のパソコンでは、文字登録で「おおむた」と入力して変換させると「大牟田専貨」と出るようにしているが、「大牟田貨物」は登録していない。そもそも「専貨」は、「せんか」と入力して変換しても出ない単語である。大牟田貨物は普通に変換できる。

20170320 (13)のコピー
大牟田専貨 1151レ
ED76-1021 銀5+黄1

20170320 (25)のコピー
遠征2日目も液化塩素タンクコンテナこと黄タンコが来てくれた。実に見栄えが良い。

今後は、大牟田専貨と大牟田貨物の呼び名は、それぞれで使い分けしていこうと思う。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田貨物を追いかけて

2017年3月19日 晴れ 鹿児島本線 各駅
大牟田発着の、大牟田専用な、大牟田のためにある大牟田貨物の上り1152レを追いかけてみました。やっぱり大牟田貨物は追いかけ撮影がいいね。2018年3月改正の現ダイヤでも実践可能なのかは分かりませんが、お金と体力と時間のある方はどうぞ~って今まで実行された鉄ちゃんを聞いたことがありませんです。

この時は、大牟田を11時40分ごろの上り快速に乗車。現在でも12:00発の各駅停車で上ります。

20170319 (302)のコピー
まずは定番中の定番、荒木駅。高速で駆け抜けて行く1152レ ED76-1019

20170319 (321)のコピー
後方狙いだ~決まってるぅ!

続いて荒木始発の快速で北上し、基山駅に向かいます。現在のダイヤでも間に合います。

20170319 (337)のコピー
基山駅はカーブの途中にある駅。そこをいきなり現れては逃げるように通過する1152レ

20170319 (341)のコピー
黄タンコをアップで

20170319 (345)のコピー
途中の編成も黄色がアクセントで絵になります

20170319 (347)のコピー
ここでも後方狙いです

当時のダイヤは、1152レの千早操出発が遅かったので、追い越すことが可能できました。現在は出来ないような。

20170319 (368)のコピー
香椎駅の脇の駅横断自由通路から撮ります。

20170319 (375)のコピー
今日のところは、見逃してやるぜ(笑)

もし見逃さなかったら~終点までおつき合い頂きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田貨物1152レのナナロク故障~救援来たる

2018年8月17日 晴れ 鹿児島本線 瀬高駅
この日、1泊2日で大牟田遠征に向かっていた。大牟田駅到着は19時前の予定だった。

先週の大牟田はDE10のピンチヒッターで賑わいましたが、この日は特にイベントも異変も無い状態で、のんびり撮影する予定で大牟田に向かっていた私でしたが、まさか1152レが出発できずおかしな事になっていたとは!棚からぼた餅みたいなレアな収穫がありました。

◆一連の様子を見ていた方の話をまとめると以下のようになります。

①1151レの牽引釜 ED76-1021が故障。関係者以外には何が故障かは分からない。

②1152レの編成は予定通り仮屋川操車場から到着~いつも通り5番線路に留置

③HD300-27がED76-1021を連結して、駅舎側の側線に待避。

④救援を待つこと6時間。熊本貨物駅からEF81-502単機が18時に救援に来た。

⑤4番線路上のEF81-502の次位に②で待避していたED76-1021をHD300-27が連結。

⑥HD300-27はねぐらに戻る

⑦転線した⑤の81+ムドは②の編成と連結

⑧18:31に大牟田駅出発との報あり(釜掲示板参照)

私は⑧の時点でまだ下り快速で移動中。仕方が無いので瀬高駅で下車して撮影。
出来れば大牟田駅で④~⑦を撮れたら最高だったが仕方が無い。

20180817遅れ1152レ (5)のコピー
大牟田貨物1152レが釜+ムドED76になるのは極めて珍しい。撮影は初。
過去に1152レでED76重連(重連総括はしていない)は一度だけありましたね。
http://fastclip.blog62.fc2.com/blog-entry-1174.html

20180817遅れ1152レ (12)のコピー
こんなレアな撮影が暗くなる前に出来るなんて超ラッキーとしか言えない

20180817遅れ1152レ (15)のコピー
ED76-1021はパンタを下げていますね

20180817遅れ1152レ (18)のコピー
荷は銀タンコ5両

20180817遅れ1152レ (31)のコピー
編成後方を眺めて

この後、私は大牟田に向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

真夏の珍事~大牟田構内貨物牽引にDE10現る!!

福岡県は毎日夏本番の晴天が続いているらしい。そして猛暑らしい。お疲れ様です。
管理人はどうかというと・・・、そんな事はどうでもいいです(^_^;)

真夏にとんでもない珍事が発生。すべての写真はクリックすると大きく表示されます。
20180808大牟田 1151レムドde10-1746
2018年8月8日の1151レにムドDE10-1746がつきました。

大牟田駅構内貨物牽引用には、今年の2月下旬からHD300-27(交番検査時は同型の別番号が岡山機関区から回送)が常駐していましたが、先の西日本豪雨による山陽本線の線路流出により、交番検査時の岡山機関区との回送が出来なくなっています。いつかはその日が来ると思っていましたが、やはりというか致し方ないというか、門司機関区の本線用DE10が短期のピンチヒッターとして来たようです。どういうシステムか手段か内部の事情は分かりませんが、HD300-27は門司機関区に戻り交番検査を受けるようです。こうなると福岡貨物ターミナルのHD300-25も同じ事が発生していたと思われますが、特に目撃情報は無く。交番検査の時だけ、岡山機関区からHD300検査専従のスタッフが出張に来るのでしょうか?

ここまでなら私も釜掲示板や、SNS投稿記事などからムド情報は存じていましたが、問題はこのDE10-1746が本当に大牟田に行ったのか気になっていました。今回の記事の写真提供を快く許諾して下さった、お馴染み筑後川鉄橋さんありがとうございます。

以下は2018年8月9日の大牟田駅
20180809大牟田 1
大牟田駅の1番線の南端から見渡せるHD300-27とDE10-1746

20180809大牟田 5
過去にHD300が左、DE10が右に停泊したことはないであろう。逆はあっただろうが。

20180809大牟田7
本線用のDE10が本線であるが、線路閉鎖中の区間を走るって何だか面白い!
門司機関区にはもう入れ換え動車が1両も残っていません。本線用が4両在籍しているようですが、4両とも稼働している様子はないので、今回は予備機でも動かしたのでしょうか?

DE10-1746は私が大牟田で撮影していた頃に、一度も大牟田駅に常駐していません。大牟田駅を通過したことなら、以前くまがわ鉄道向けの車両の甲種輸送牽引でありましたね。(その時私は南瀬高~渡瀬で撮影していました)

20180809大牟田 4
今日の1152レでムド回送されるために見られる風景です。ナナロクの南側にムドの車両、そして今日から大牟田構内貨物の牽引として稼働するDE10-1746が一直線に並びます。

20180809大牟田8
なかなか見られないシーンです。かくいう私もこの構図では撮影した記憶がありません。ムド回送ってだいたいが平日なので~。
さて、ここはどこでしょう?管理人は一発で場所が分かりましたよ。

20180809大牟田9
回送札には門司機関区と書かれています。

私も是非撮りに行きたいものですが、到底無理です(T-T)。
交番検査は問題が無ければすぐに終わるので、DE10-1746が大牟田駅構内扱いの貨物列車を牽く姿はほん僅かな日数だと思われます。次の土曜日は真夏の珍事を目当てに大牟田駅やその沿線には多くの撮り鉄が集うのかしら。
みなさん、くれぐれも熱中症にはお気を付け下さいね。だって、HD300よりもDE10の吐く熱風が強いんだもの。

ひょっとしたら山陽本線の復旧前にもう一度珍事が起こるかもしれないが、今回のは手放しでは喜べないところがあります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2017年3月19日の大牟田貨物1152レ

2017年3月19日 大牟田駅にて
この日の1152レの編成です。わずか6両ですが、なかなかいい編成美ですよ。ちなみに基本最高は7両です。

20170319 (292)のコピー
釜はED76-1019

20170319 (294)のコピー
釜は構図に入りませんが1152レの編成です。短いですが、見慣れているので特に何も感じません。

20170319 (291)のコピー
1両目 コキ200-15 濃硝酸 UT13C-8037・8038

20170319 (290)のコピー
2両目 コキ200-126 濃硝酸 UT13C-8055・8056

20170319 (289)のコピー
3両目 コキ200-102 濃硝酸 UT13C-8047・8048

20170319 (288)のコピー
4両目 コキ200-39 濃硝酸 UT13C-8039・8040

20170319 (285)のコピー
5両目 コキ200-76 液化塩素 UT13C-8069・8070

20170319 (284)のコピー
6両目 コキ200-103 液化塩素 UT13C-8081・8082

以上になります。
銀タンコは黒崎まで、液化塩素は北九州貨物ターミナルまで運ばれます。

さて、何ヶ所かで迎え撃ちましょう。快速で先回りだ!
(2018年3月ダイヤ改正で昼間の快速が廃止されたので、この記事と同じような追いかけ・迎撃が難しくなりました)

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田貨物1152レ出発前

2017年3月19日 晴れ 鹿児島本線 大牟田駅
大牟田駅に戻ってきました。
いろいろな角度から大牟田貨物1152レ編成を見てみましょう

20170319 (271)のコピー
レンタサイクルを返すときに入った西鉄のホームから撮影

20170319 (274)のコピー
JR大牟田駅西口から跨線橋を上り、その途中のまどから撮影
昔編成がもっと長かった時は、跨線橋の真下に黄タンコがきていました

20170319 (282)のコピー
3番線ホームから後方から撮影

20170319 (276)のコピー
1番線ホームから、乗車予定の2番線停車中の811系電車越しに1152レを撮影
黄タンコの黄色目立ちますね

続いては編成紹介です。といっても6両編成ですが(^_^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田駅で1152レ出発準備中

2017年3月19日 大牟田駅
DE10構内貨物を見送って、大牟田駅へ戻りました

20170319 (212)のコピー
DE10の姿はなく、いつもの寝床に帰っていました

20170319 (215)のコピー
大牟田貨物牽引のナナロクもすでに機回しに向かっていました

20170319 (216)のコピー
ナナロクが間もなく1152レ編成と連結です。

ま、頑張ればナナロクの機回し前に大牟田駅には戻ってこられます。ホームからでも駅西側からでも十分撮れます。
ナナロクの機回しを堪能する方は、駅北側の大きな有明町踏切に行けば良いです。

この後は、今回の旅の2大目的のひとつである、三川坑跡に移設された炭鉱電車保存を見に行きました。つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田貨物 年次ウヤ明けの狼煙~1151レ+ムド回送

2018年6月20日、大牟田貨物1151レにムド回送の機関車(HD300-27)が着きました。
毎年5月の大型連休明け頃~6月中旬まで、大牟田貨物1151レ・1152レが年次ウヤになります。その年次ウヤ明けの狼煙が、1151レでムド回送が行われるときです。昨年まではDE10、今年はHD300です。昨年まではムドDE10と呼んでいましたが、現在はムドHD300と呼ばなきゃね。

過去8年、そのムド回送がいつだったかを以下に示します。大体同じですが、6月15日前後が多いですね。目安でしょうか?

 2010年6月18日 ・・・ DE10-1528
 2011年6月7日  ・・・ DE10-1056と思われる
 2012年6月11日 ・・・ DE10-1208
 2013年6月14日 ・・・ DE10-1558
 2014年6月15日 ・・・ DE10-1560
 2015年6月15日 ・・・ DE10-1583
 2016年6月23日 ・・・ DE10-1748
 2017年6月15日 ・・・ DE10-1202
 2018年6月20日 ・・・ HD300-27

以上、DE10で今でも現役なのが1560と1748です。1560は門司機関区最後の全検DE10として本線走行に改められきれいになりました。1748は今春岡山機関区へ異動しました。他のDE10はすべて検査切れで廃車となりました。

************************************

ところで、2011年6月はおかしな事に1151レでムド回送が3回、1152レで1回以上ありました。どういうことでしょう?謎です(笑)。

110610 1151レ (14)のコピー
2011年6月10日 ムドDE10-1583 大牟田~銀水
3日前にムドDE10が来て、翌日から貨車運用が再開されたのに、もうピンチヒッターが来たのか?
当時はあまり撮影していなくてよく分かりません。

110618 DE10専貨 (21)c
2011年6月18日 大牟田駅構内扱いの貨物列車の先頭に立つDE10-1558
いつの間に1558が大牟田に来たのだろうか?不明。1583はいつ門司に戻ったのか不明。

110618 1152レ南瀬高 (21)のコピー
2011年6月18日 1152レ ムドDE10-1056 南瀬高~渡瀬
1056はいつ大牟田へ来たのか?一連の流れから推測するに、6月7日に1151レのムド回送は1056で、その後すぐに故障かトラブル発生。急遽1583号機がピンチヒッターで来たものの、これも脱落。仕方が無いので再度1558号機を送って急場を凌いだと思われる。1583号機がいつ門司に戻ったかは不明である。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田の朝は1151レの確認から始まる

2017年3月19日 晴れ 鹿児島本線 銀水~大牟田 1151レ
可能な限り、大牟田貨物1151レが来たことを確認しましょう。そうすれば三井化学専用鉄道も必ず動きます。
1151レが来なかったらトラブルですし、全く来ないときは専用鉄道もタダでは済みません。

20170319 (17)のコピー
ED76-1019が牽引
今でもそうだが、1151レの大牟田駅着は、平日が7:50(貨物時刻表参照)、土休日が7:55頃である。
この日は土曜日で、この付近を7:52頃通過する。なので安心して欲しい。ま、貨物列車は通過時刻のプラス10分は覚悟すべきだ。

20170319 (23)のコピー
濃硝酸タンクコンテナこと銀タンコはコキ200積載で5両10個。現状最大である。
液化塩素タンクコンテナこと黄タンコの連結がないのが残念。

次は宮浦操車場に行ってみよう。この時は各地の移動手段が何だったか覚えていない。
どなたかのクルマに載せて貰ったかな?つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田貨物1151レ・1152レ~間もなく年次ウヤ開始です

全国のブログ読者の皆さま。眠れないマクラギを数えての管理人UTXCです。私は現在も元気に撮り続けています。

◆毎年のことですが、大牟田貨物1151レ・1152レ(黒崎貨物 154レ含む)は、5月連休あたりから約1ヶ月半ほど(開始日と再開日は毎年バラバラで定まっていない)運転休み(ウヤ)になります。理由は三井化学大牟田工場などの建屋設備の整備・点検のためで、操業を一時止めるのです。その間は大牟田駅の入れ換え機関車も帰ります。この期間は決して意味なく大牟田だけには行かないようお勧めします(笑)。泣きますよ。ただし別の側面で楽しめることはありますが、それはまた別の話です。

さて、時は2017年3月18日。福岡遠征の初日。時間の都合で真っ先に黒崎に降り立ちました。駅改修も終わったようできれいになりましたね。3・4番ホームの両端には柵が設けられて、危険な場所への立ち入りが出来ないようになっています。今まで無かったのが不思議なほどで、特に違和感はありませんでした。

あと、この日はホームには同業者が全く居なかったので撮り放題。編成は銀タンコ5両10個、黄タンコは2両4個で、事実上現在のフル編成となっています。海コンは聞いた話では運用を止めたそうで、濃硝酸と液化塩素で精製した化成品をどのように出荷しているのなら。海外向け出なく国内向けになると、海コンが不要なのでね。

20170318 (6)のコピー
定刻で1152レが黒崎に到着です。
昔は何度も大牟田~追いかけ撮影しましたね。あの頃は若かったなあ(笑)。

20170318 (11)のコピー
濃硝酸タンクコンテナこと「銀タンコ」10個を5両のコキ200に積載
昔は通常6両でしたが、数年前から5両が最大に。5両未満で運転されることもしばしばです。

20170318 (13)のコピー
九州と東北でしか見られない液化塩素タンクコンテナこと「黄タンコ」4個を2両のコキ200に積載
大牟田貨物では2両4個が最大です。連結されないことも多々あります。今日はラッキーです。

20170318 (17)のコピー
黒崎駅に到着した1152レは、中身空っぽの銀タンコ編成を切り離して、側線に入れ換えます。
因みに液化塩素も中身空っぽです。

20170318 (35)のコピー
編成の切り離しや入れ換えが見られる黒崎は撮影しがいがあります。

20170318 (62)のコピー
黒崎~北九州貨物ターミナルの1152レは黄タンコだけの編成になります。
黄タンコがなければ寂しい単機となります。

20170318 (67)のコピー
現在は何時か分かりませんが、三菱化学工場内から翌日の大牟田行きの銀タンコ編成がスイッチャーによって引き出されます。
この翌日分は16時半過ぎに黒崎を出発する154レで北九州貨物ターミナルに引かれていきます。どうせなから1152レで持っていけば運用が1つ減らせるんですけど、どういう契約や決まりになっているのやら。中の人ではない私にはさっぱりです。

20170318 (78)のコピー
こうやって3編成が一同に並んだ時が1番賑やかです。

20170318 (89)のコピー
先ほどのスイッチャーが空っぽの銀タンコを工場内に推進運転します

20170318 (90)のコピー
時間になると1152レが出発です。

毎日必ずこのような賑やかな風景が見られるとは限りません。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

黄タンコ(液化塩素)の運用再開

2017年12月18日 日豊本線 佐伯~臼杵の不通区間が復旧開通し、延岡貨物が動き始めました。
なかでも注目していた、陸上輸送が不可能な黄タンコこと液化塩素の輸送が再開されたという嬉しいニュースがSNSでも飛び交っていました。大牟田発着の便1151レ・1152レでも1~2両で運用が再開しています。

今回は、筑後川鉄橋さんから本日の1152レの黄タンコ連結模様の写真を頂きました。写真はブログ記事での使用許諾OK貰いました。
20171224-1152のコピー
12月24日の1152レは銀5+黄2の編成でしたか。現状の最長編成ですね。
筑後川鉄橋さんは黒崎で撮影されたようです。

20171224-1152(2)のコピー
黒崎で銀タンコを置いていき、北九州貨物ターミナルまでは黄タンコだけの編成になります。
筑後川鉄橋さん、写真提供ありがとうございました。

ここからは過日の、大牟田貨物1152レを中心に、黄タンコ連結が2両だった写真を交えて、黄タンコ輸送再開をお祝いしたいと思います。

10-8-18大牟田駅 (344)のコピー
2010年8月8日 この頃はまだ4172レでしたね(^_^;)。あれ?いきなり脱線ですかな?
まあ、ヨシとしましょう。大牟田駅の跨線橋から黄タンコの頭を眺めます。良いお天気ですね。

110326 1152レ (18)c
2011年3月26日 銀水~吉野
この頃はまだコキ200積載問題も無く、銀タンコも6両が当たり前だった時代でした。なので海コンがなくても堂々の8両編成でした。 
140712荒木1152レ (89)のコピー
2014年7月12日 荒木駅通過
ここにはよく通いましたね。撮りやすいので前も後ろも撮り放題。何人かお友達と御一緒したものです。

140213西牟田1152レ (70)のコピー
2014年2月13日 西牟田駅
以前は通いやすかったのですが、停車本数が減ったので行きにくくなりました。
この駅から超望遠レンズを使えば、羽犬塚駅~列車が坂道を上ってくる様が捉えられるので面白かったです。

140706-1152レ (16)のコピー
2014年7月6日 吉野~渡瀬
雨の中での撮影でした。この撮影地も当時住宅地造成が始まっていました。
今は撮影できない構図かな?

140420中尾踏切1152レ (84)のコピー
2014年4月20日 吉野~渡瀬 中尾踏切
先ほどの雨の中撮影の反対側から撮ったものです。この踏切は交通量の割りに幅広いので撮りやすかったです。

140831大牟田 (43)のコピー
2014年8月31日 大牟田駅 
仮屋川操車場から1152レとなる便を牽いて来た構内貨物です。

そう言えば、DD200-901が年明けに北九州貨物ターミナルに来て試験運転するそうな。
大牟田構内貨物の入動DE10はもう限界っぽい(検査切れ間近)から、ハイブリッドになるとか、DD200が間に合うまで休車中のDE10を全国からかき集めて凌ぐとか噂が絶えません。時は容赦なく老兵を駆逐していきます。いつかはDE10が見られなくなるので、お早めに悔いの出ないように御撮影下さい。管理人はもうお腹いっぱいになるまで記録したのでもう大丈夫。

もし、DD200が大牟田~仮屋川操車場の構内貨物に就くなら、いっそのこと1151レ・1152レの両方の先頭に立ち、構内貨物をこなしてしまえばよいのでしょうが、それだとEL牽引が減ってしまいますね。さて来年はどうなるやら。まだまだ目が離せない大牟田貨物。

それでは皆さまよいお年をお迎えください。

黄タンコが危ない!

2017年10月22日 管理人はなんとか生きています(笑)。
遠くから大牟田を眺めています。

さて、9月半ばに九州を襲った台風の影響により、日豊本線の臼杵~佐伯が土砂の線路流入により不通となっています。それも何ヶ所もあるそうで、また工事用の重機が容易に進入できない場所とも言われています(ニュースより)。

不通になった一週間後、延岡、南延岡、佐土原ORS発着の陸上による代替輸送が開始されました。しかし、液化塩素は対象外と思われます。あんなに危険な劇物を大量に、それも長距離(南延岡~西大分、北九州貨物ターミナル)なんて通行許可が下りるとは考えにくいです。なお、北九州市内の決められたルートの輸送は、北九州市が許可しているのでOKです。

20170318 (63)のコピー
なので、もう黄タンコが来ていません

20170318 (61)のコピー
不通区間の復旧は来春という報道がありました。時間かけ過ぎですが、様々な理由があるので仕方ないですね。放置され廃止されるよりはマシです。作業する人もすぐにはかき集められないのでしょう。

20170319 (190)のコピー
1つ心配なのが、M化学が液化塩素なしで半年先まで我慢できるのか?

20170319 (342)のコピー
昔、山口県のJR美祢線を襲った豪雨による不通で、長期間貨物輸送中断を余儀なくされ、その後廃止になった岡見貨物を思い出します。液化塩素もそうなるのでは?という不安があります。今のところ発表はなにもありませんが、液化塩素以外の貨物輸送は陸上輸送で何とかなっているので、発表はないかもしれません。

20170319 (283)のコピー
大牟田貨物、延岡貨物に黄タンコがないと寂しいですね。

最近、1151レ・1152レで2両ずつ往復したそうですが、何が起こったのかは不明です。コキ200の検査かもしれませんが。
運用停止期間中は、南延岡のA化成、北九州貨物ターミナル、三井化学専用鉄道宮浦操車場に黄タンコが留置され続けられるのでしょうね。

地元鉄からの情報を待つだけしかありません。

◆残念なのは、南延岡~鹿児島貨物ターミナルの区間の貨物2種免許がないので、迂回しての鉄道貨物輸送が出来ない事です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田に銀枠銀タンコが行ったと~激レア運用ですよ、これは。

20160409黒崎171レ (2)のコピー
写真は2016年4月9日に黒崎で撮ったものです。

写真の銀枠銀タンコは以前御紹介しましたように、元大牟田~黒崎での運用のために2009年6月~運用が始まった濃硝酸タンクコンテナ(通称:銀タンコ)を、2015年頃から黒崎~小名浜で限定運用のために小改造をを受けて今の姿になったやつです。当初は、全部このデザインに変更かと思われ一部で騒ぎになりましたが、やはり大牟田向けと、小名浜行きを区別しているようです。なので、それぞれが逆の行き先に入ることは一度も確認されていません。

ところが、今年の1月下旬の某日に、1151レ・1152レにUT13C-8063・8064(銀枠銀タンコ)がコキ200積載で連結されました。理由は不明ですが、場合によっては逆の行き先に入れることも証明した格好になりました。濃硝酸は抽出までの消費期限でもあるのでしょうか?本来なら小名浜行きまで貯蔵するべきでしょうが、何かしらの予定変更があり、急遽大牟田行きになったのでしょう。

福岡・佐賀の鹿児島本線沿線の大牟田貨物ウォッチャーの皆さんは、これらに注目!目撃投稿が、某釜掲示板やSNSで賑わいを見せました。しかし、それ以降一度目撃が無いことから、今回だけの特別だったのでしょう。元々UT13C-8063・8064(緑枠時代)は大牟田行きだったので、久しぶりの凱旋というところ?だったのでしょうか。きっと、宮浦操車場の職員差達もさぞかし驚いた事でしょう。

わたくし、管理人はと言うと大牟田を離れて早7ヶ月、SNSを通じて現在でも可能な限り、福岡佐賀の鹿児島本線沿線の大牟田貨物ウォッチャーの皆さんと交流を深めております。今回の目撃は、某撮り鉄さんがSNSにアップロードしていた1151レ編成の動画に銀枠銀タンコがあることに気付いておらず、私が指摘したことで一気に情報が拡散したというところです。案外、何度かレアな運用があったのかも(笑)。ま、こんなイレギュラーがあるのも大牟田貨物らしいですね。次はいつあるでしょうか?それともハイブリッド機関車でも来るでしょうか?福岡貨物ターミナルにHD300来ましたからね。

次の記事投稿は未定です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

最後に真昼の貨物~1152レ・1063レでも

2016年7月20日 晴れ 鹿児島本線 南瀬高~渡瀬
ここに来た頃には晴れて良いお天気に。みやまICから高速道路に乗るわけですが、ここで最後に恒例の真昼の貨物列車を見届けていきます。南瀬高~渡瀬は瀬高~南瀬高よりも通った回数が多いですね。先に発見したのも大牟田から近い側の南瀬高~渡瀬でしたからね。大牟田専貨のような短い編成には持って来いの場所でした。空が透き通ると、遠く雲仙普賢岳も見えましたね。

20160720南瀬高~渡瀬 (309)のコピー
ここは上り側からなら上り専用

20160720南瀬高~渡瀬 (310)のコピー
上りサイドビュー専用

20160720南瀬高~渡瀬 (311)のコピー
被らなければ下りも行けますが、上り電車と被る率が高いので、専ら反対側(下り線側)に移動します。

20160720-1152レ (327)のコピー
さて、1152レがやって来ました。EF81-717です。

20160720-1152レ (335)のコピー
延岡~南延岡みたいな編成です

20160720-1152レ (347)のコピー
1両編成なのでサイドビューもバッチリ決まりました

20160720-1152レ (360)のコピー
赤いコキ200に積載された黄緑色フレームの黄タンコ、いつ見てもいいね

20160720-1152レ (362)のコピー
名付けてよかった「黄タンコ」「銀タンコ」

20160720-1152レ (364)のコピー
小さくなるまで見送りました。

下り線側に移動します。

20160720南瀬高~渡瀬 (367)のコピー
1063レが来る直前に上る快速電車です。気を付けましょうね。

20160720-1063レ (371)のコピー
1063レ EF81-451でした

20160720-1063レ (378)のコピー
真昼に熊本まで下る唯一のパーイチ

20160720-1063レ (386)のコピー
この451号機もその後全検に入りピカピカになったと聞きました。

これにて貨物列車の撮影は終了です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田トレインビュー~大牟田専貨1151レなど

2016年7月20日 雨の朝 大牟田市 ニューガイアホテル大牟田6階の部屋より撮影
ついにこの日が来てしまった。長らく住み慣れた大牟田を離れる日。目覚めると小雨であった。予報ではこれからお天気回復するようだ。実にラッキーである。あとは雨が止んでくれれば良いのだが。

20160720hotel-view (107)のコピー
トレインビュールームから大牟田専貨1151レなどを狙い撃ちます。(この写真は再掲)

20160720hotel-view (5)のコピー
狙って、有明2号(787系)、有明4号のための送り込み回送(783系)の並びを撮影です。イェ~イ!!

20160720hotel-view (11)のコピー
空が徐々に明るくなってきて、青空も覗きます。雨も止んだ。

筑後川鉄橋さんにお願いして、1151レの編成を見て貰ってその連絡を頂きました。ウヤではありませんが、やはり黄タンコ1両だけの編成でした。ま、撮れるならこれ以上ワガママ言わないです。

20160720hotel-view (21)のコピー
そして定刻、大牟田専貨1151レが現れました。部屋の中からガラス越しに撮っているため、焦点が合わしにくく焦りました。

20160720hotel-view (28)のコピー
EF81-717、黄タンコ1両の編成。ここは南延岡かよ!(笑)って、延岡の主からツッコミが来そうです。

20160720hotel-view (40)のコピー
走行中を上から眺めるって気持ちイイね。俯瞰に近いものを感じられます。

20160720hotel-view (42)のコピー
黄タンコズームです。コキ200-82にUT13C-8067・8068の液化塩素タンクコンテナを2個積載なり。

続いては三井化学専用鉄道の第1便を俯瞰撮影です。バズーカ砲ありますよ(笑)。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

管理人の大牟田での長い1日~その15

2016年7月18日 晴れ 鹿児島本線 大牟田~銀水 橋口町踏切で撮影
上り列車の撮影には持って来いの撮影場所でした。朝方は建物の影になりやすいですが、昼間なら問題ありません。
ここでお目にかかる同業者多かったです。真後ろに公衆トイレがあるので撮影の合間に用を足すこともしばしば(笑)。何度も助かりました。

橋口町踏切付近からの上り列車撮影回数は市内ではダントツです。

20160718橋口町踏切 (349)のコピー
歩行者専用の踏切で、宮浦操車場にも近いです。

20160718-1152レ (350)のコピー
1152レ定刻出発。約2分前には警報器が鳴り始めるので注意です。

20160718-1152レ (353)のコピー
ゆっくりゆっくり近づいてくるので撮影しやすいです

20160718-1152レ (355)のコピー
仮屋川操車場付近までは思ったほど加速しません。理由は不明です。

20160718-1152レ (357)のコピー
後撃ちも楽勝です

20160718-1152レ (358)のコピー
この黄色は忘れない。さようなら。

通常は、25分後に下って来る1063レを下りには持って来いの場所にて迎え撃ってからお昼ご飯です。1063レは遅れることもあります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン