FC2ブログ

只今仮屋川操車場で待機中

2019年7月28日 晴れ 三井化学専用鉄道 仮屋川操車場
最後にここで撮影して午前の部を終えます。

20190728 (119)のコピー
ここはいろいろ制限があって上手く撮影出来ません
編成重視だと、ポイントや柵が写り込み、それを避けようとすると機関車重視になる。脚立とか、立ち位置を考えたらもう少しマシにはなるでしょうが、そんなに甘くありません。

20190728 (120)のコピー
架線柱が気にならないなら何とでもなりますが

20190728 (122)のコピー
先頭を付近をアップで

20190728 (121)のコピー
出発まであと40分(汗)

この酷暑で待つのは自殺行為です。日陰で待機するか、涼を求めましょう。

これにてレンタサイクルを返却です。でもまだ大牟田は離れません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



HD300-27大牟田戻り構内貨物準備に入る

2019年7月28日 晴れ 三井化学専用鉄道 仮屋川操車場
仮屋川操車場って三井化学専用鉄道なのか、大牟田専貨のカテゴリなのか自分でも迷います。
そもそもこのブログのカテゴリ分けは大雑把なので、もっと詳細に分けるべきだったかなとちょっぴり後悔しています。今更再振分する時間も暇もありませんからね。

20190728 (84)のコピー
転線してきたHD300-27

20190728 (85)のコピー
いつもながら静かな動きです

20190728 (86)のコピー
HD300ってHE300になってもおかしくない大きさなんですが、4軸にしたのは粘着力重視なのかな?国鉄時代と違い、HD300は低速運転の構内入換え用に特化していますから、大牟田構内貨物のような本線走行は珍しいでしょう。と言っても大牟田構内貨物は鹿児島本線を線路閉鎖状態にした低速運転ですが。

20190728 (87)のコピー
いよいよ連結です

20190728 (88)のコピー
何同じ写真を撮っているかといいますと、晴れ間を狙っているのです。
なかなか完全な晴れになりません。朝8時はあんなにお天気よかったのですが。曇り空になりつつあります。
涼しいのはよいですが、仮屋川操車場では晴れて欲しいです。エゴだね(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ハイブリッド機関車牽引構内貨物

2019年7月28日 晴れ 仮屋川操車場付近
大牟田構内貨物の牽引機関車がDE10~HD300に変わって早1年半。HD300はすっかり街並に溶け込んだ?
撮り鉄はDE10じゃなくなったから撮影をやめた人、HD300でも牽引はカッコイイから撮影を続ける人いろいろいるでしょうね。

20190728 (61)のコピー
随分遠くを狙いました

20190728 (64)のコピー
出発信号機の手前で一旦停車します。

20190728 (67)のコピー
安全確認後動き始めます。時には汽笛も鳴らします。

20190728 (70)のコピー
仮屋川操車場へ向かうため、一日一度しか利用しない渡り線を通過します。

20190728 (73)のコピー
そして仮屋川操車場に進入です

20190728 (74)のコピー
この後は、仮屋川操車場が見渡せる場所に向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

またまた大牟田駅で1151レお迎え~実は残念

2019年7月28日 晴れ 大牟田駅
実は朝寝坊したため、いつもの5線路区間での1151レお迎えが間に合いそうになかったので、二日連続で大牟田駅構外からのお迎えになりました。私としてはとても残念ですが、編成確認をしっかりできるのでまあ良しとしますか。

20190728 (5)のコピー
EF81-454で銀タンコ5両10個でした。黄タンコはありませんね。

20190728 (8)のコピー
コキ200-49 UT13C-8035・8036 銀タンコ

20190728 (9)のコピー
コキ200-143 UT13C-8047・8048 銀タンコ

20190728 (10)のコピー
コキ200-147 UT13C-8045・8046 銀タンコ

20190728 (11)のコピー
コキ200-127 UT13C-8049・8050 銀タンコ

20190728 (12)のコピー
コキ200-86 UT13C-8053・8054 銀タンコ

以上の編成内容でした。

さて、今朝は宿で借りた自転車で速攻で宮浦操車場に向かいます。西鉄大牟田駅のレンタサイクルは8時からしか利用できないので手続きとかで時間をロスして宮浦操車場の出発に間に合わないのです。頑張れば間に合うかもしれませんが、このクソ暑い時期に頑張ると倒れますぜ(笑)。無理は禁物です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

真昼の大牟田貨物1152レお見送り

2019年7月27日 晴れ 鹿児島本線 大牟田~銀水(仮屋川操車場付近)
ずっと変わらない12:08という大牟田駅出発時刻の1152レを見送りに仮屋川操車場付近に来ました。早く到着したので、建物の影で電車を眺めたりして時間潰しを・・・しんどかった(汗)。

20190727 (272)のコピー
大牟田駅~仮屋川操車場付近までは、どういうわけか速度を上げません。上げられない理由でもあるのかな?少々上り勾配ではあるけれど、一応高速貨物Cだからぶっ飛ばす必要ないのか。

20190727 (273)のコピーこの場所なら架線柱と被らないのでよく撮れます。でも炎天下ですからなかなかキツイですよ。

20190727 (274)のコピー
コキ200-9 UT13C-8055・8056 銀タンコ

20190727 (275)のコピー
コキ200-125 UT13C-8037・8038 銀タンコ

20190727 (276)のコピー
コキ200-53 UT13C-8043・8044 銀タンコ

20190727 (277)のコピー
コキ200-81 UT13C-8059・8060 銀タンコ

20190727 (278)のコピー
コキ200-17 UT13C-8057・8058 銀タンコ

以上5両10個積載を紹介しました。コキ200-53と81は□の表示がなくなりましたね。今後増えていくのかな?

20190727 (279)のコピー
後方狙いです。

20190727 (281)のコピー
10時過ぎまで隣の仮屋川操車場いたんだけどね。って

この後は、郊外の超巨大モール内でお昼ご飯休憩をして、鉄道展開催中の大牟田石炭産業科学館に足を運び、涼しいクーラーの中で体を休ませ、鉄のお友達と久々の再会で談笑していたらあっという間に日が傾きました。夕方から大蛇山祭りで某通りが賑やかになりますが、早々にホテルにチェックインして眠りに就きましたとさ(笑)。

これにて7月27日の撮影記を終わります。次は28日ですが、27日ほどは撮っていません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

まだまだ撮るよ~小さくなるまで見送った

2019年7月27日 晴れ 鹿児島本線 橋口町踏切
まだまだ撮り続けます。こんな事するのはすでに変わり者(笑)

20190727 (124)のコピー
後追い撮影

20190727 (125)のコピー
廃線跡の三池浜線ガード下をくぐり抜けて

20190727 (126)のコピー
旭町踏切を通過して

20190727 (126)のコピーb
その拡大

20190727 (127)のコピー
京町踏切の先で一旦停車後、渡り線を越えます

20190727 (127)のコピーb
その拡大

20190727 (128)のコピー
ぐねぐねと編成がよじれながら

20190727 (128)のコピーb
その拡大

20190727 (129)のコピー
仮屋川操車場に入って行きます

20190727 (129)のコピーb
その拡大

20190727 (130)のコピー
まだまだ撮り続けます

20190727 (130)のコピーb
またまた拡大

20190727 (131)のコピー
最後尾が仮屋川操車場に

20190727 (131)のコピーb
その拡大

◆その拡大と言っても、写真の中央を切り取っただけですが

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

仮屋川操車場行き~大牟田構内カモレ

2019年7月27日 晴れ 橋口町踏切(通称:便所踏切(笑))
踏切の脇に公衆トイレがあるので、便所踏切とも呼ばれています(笑)。近くの商業施設ゆめタウンは9:30~のオープンなので、大牟田駅で出来なかったらここでもOK。ただ、ちょっと汚いので覚悟して下さい(汗)。

ところで今まで何度も書いてきましたが、このハイブリッドニーナさんが引く大牟田構内カモレは鹿児島本線上を堂々と走っています。ただし、これが走る時はJR大牟田駅~仮屋川操車場は線路閉塞されているため、他の列車は来ないので被る心配は一切ありません。どこから撮っても大丈夫なので様々な背景が楽しめます。しかし西鉄は走っていますのでそこは考慮して下さい。

20190727 (117)のコピー
私が大牟田でこのカモレの撮影を始めた頃、1番お手軽な撮影場所としてココを選んだような(汗)
記憶が・・・(笑)

20190727 (119)のコピー
歩行者専用踏切なので、車と被ることもありません。

◆一般的には、大半の撮り鉄さんがこれさえ撮れたら撤収です。

20190727 (120)のコピー
赤と黄色と銀色の乱舞です(笑)。笑みが止まりません。

20190727 (122)のコピー
過ぎ去っても撮影は止めません。

20190727 (123)のコピー
最後尾もきっちり狙います。

◆少数の撮り鉄さんはこのシーンまで撮って撤収します

◆◆私はまだ撮影を止めません。ごく一部の変わり者(大牟田では私を指すらしい)は撮影続行です(笑)

不本意?ながら、つづく。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ちょっと前の方を

2019年7月27日 晴れ 大牟田駅構外から撮影(有明町踏切近く)
自転車をこいで、駅北側の踏切近くへ。先ほどの構内貨物列車の側面が見える位置へ来ました。滅多に撮らない場所から一枚。
 
20190727 (107)のコピー
反対側の駐車場からでも撮れますが、こちら側のほうがよく撮れるような。でもやっぱりいろいろ障害物が多いですね。まあ、仕方が無い。

この後撮影場所へ移動中の沿線で、意外な撮り鉄さんと2年ぶりに会い、少し立ち話しました。お元気そうでなによりです。お疲れ様でした。いい絵は撮れましたか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田駅構内扱い貨物列車~出発準備

2019年7月27日 晴れ 大牟田駅
HD300-27が4番線路に入ってきます。ホームから撮っても、私のように構外から撮っても良しです。

20190727 (77)のコピー
ボーッとしていたらいつの間にか来ます。

20190727 (78)のコピー
連結間近

20190727 (80)のコピー
ホームの奥が何か騒がしいです。操車係も気になるかな?

20190727 (82)のコピー
連結は静かに終わりました

20190727 (86)のコピー
今日は大牟田の「大蛇山祭り」が開催されるので、1番線ホームに格納されている大蛇山を街へ解き放つ(笑)準備中でした

20190727 (89)のコピー
操車係がテールマークを取り外しました

20190727 (90)のコピー
いつものようにHD300の前面に取り付けました

20190727 (91)のコピー
最前列にテールマークは評判が悪いですが、そんなの気にせずに前進を始めます。

20190727 (94)のコピー
この出発位置までの移動が意外と速いので驚きです。さすがHD300と言ったところ?

20190727 (102)のコピー
あとは、大牟田発9:09の4120Mのあとに続いて仮屋川操車場に向かいます。
この後は、みなさん沿線のお好きな場所へ繰り出します。

20190727 (106)のコピー
大牟田駅構内には、1151レ牽引機関車がぽつんと取り残される形になります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

1151レの編成(2019-07-27)

2019年7月27日 晴れ曇り 大牟田駅

20190727 (23)のコピー
27日到着の大牟田貨物1151レ 牽引はEF81-503
1~5両目は、濃硝酸タンコ(銀タンコ)、6・7両目は液化塩素タンコ(黄タンコ)でした。すべてコキ200積載です。

20190727 (26)のコピー
1両目 コキ200-68 UT13C-8039・8040
◆8039は俗に「灰タンコ」という異名を持つ(笑)
 
20190727 (27)のコピー
2両目 コキ200-97 UT13C-8051・8052

20190727 (28)のコピー
3両目 コキ200-99 UT13C-8031・8032

20190727 (29)のコピー
4両目 コキ200-14 UT13C-8029・8030
◆8029は銀タンコのファーストナンバーです

20190727 (30)のコピー
5両目 コキ200-94 UT13C-8061・8062

20190727 (32)のコピー
6両目 コキ200-37 UT13C-8087・8088

20190727 (33)のコピー
7両目 コキ200-131 UT13C-8089・8090
◆8090は黄タンコのラストナンバーです。

◆3、5、7両目のコキ200の車番号の左側には白い□マークがありません。全検の際に描かれなくなったのか。

それにしても、銀タンコのファーストナンバー、黄タンコのラストナンバーが揃うなんてなんだか嬉しいな。こんな偶然あるんだ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田駅の朝(2019-7-27)~1151レ到着お出迎え

2019年7月27日 晴れ 鹿児島本線 大牟田駅
突然ですが(唐突ですが)、この暑い中、大牟田に行って来ました。
予想通り暑いですね。32℃は超えているようです。この日は午前中は曇ったりでカンカン照りにはならずでしたが、手首は真っ赤に日焼けしました。日焼け止めすべきだったかな?
ちょうど3年前に大牟田を引っ越しましたから、今回の遠征中はまるでそのまま大牟田の続きのような感覚です。

20190727 (6)のコピー
大牟田の駅ナンバーは27。大牟田駅常駐のハイブリッドは27号機。このコラボは面白いね・・・って私だけが思う。

20190727 (9)のコピー
朝電車から降りて、真っ先に駅名標ネタと、HD300-27を撮影。前回来た時は検査交代用の21号機だった。

20190727 (17)のコピー
いつもの駐車場に移動して1151レの到着を狙います。土日ダイヤの定刻でやって来ました。

20190727 (22)のコピー
釜はEF81-503で、肝心な編成は銀5+黄2という、現状ではフル編成でなかなか豪華です。編成が長いと見応えがあります。

20190727 (31)のコピー
黄タンコ4個(コキ200×2両)とは幸先いいですね。これは撮影期待出来そうだ。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

1152レをお見送り~小倉駅

2019年4月21日 17:10ごろ 小倉駅8番ホームから撮影

20190421 (512)のコピー
黒崎以東の駅で、大牟田発時の様な編成(銀タンコ+黄タンコ)を撮ったのは初めてなのかな?
今春のダイヤ改正までは黄タンコ+海コン(2017年廃止?)でしたし、単機も日常と化していましたから良かったのでは?

20190421 (515)のコピー
他の20両以上編成貨物と違い、あっという間に過ぎ去ります。
国内でもこれほど短い編成で毎日走り続けているカモレはそうそうないでしょう。さすが専用貨物列車です。

20190421 (521)のコピー
黄タンコが見えなくなるまで見送りました。

これにて全ての撮影を終えて帰宅します。良い1日でした。

◆2019年4月の大牟田~九州遠征記事はこれにて終了です。長くだらだら書きましたが、ごらん頂きありがとうございます。
 次回の遠征は未定です。お金も時間もかかりますし、最近気力や体力も落ちてきましたからねえ(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

満空タンコ混合編成1152レ~黒崎駅ならではの風景

2019年4月21日 鹿児島本線 黒崎駅 2番ホームから撮影
旅客列車が頻繁に行き交うホームから、出発待ちの1152レをサイドから眺めて見たら面白い画が撮れた。これは黄タンコがいないと分からないはずだ。

20190421 (478)のコピー
旅客ホームからはこんな風に見渡せる1152レ編成

20190421 (474)のコピー
銀タンコと黄タンコの連結付近を眺めてあることに気付く

20190421 (473)のコピー
タンクコンテナの中身が満たされている場合と空っぽの場合では、コキ200の車体の沈み具合に差が生じます。その高さの差がはっきり分かります。

20190421 (475)のコピー
その差は連結器にも現れています。この程度なら連結に支障がないようですね。
高さの差は奥の白いバーを基準にするとよく分かります。

以前海コンが連結されていたときは、1151レが空で、1152レが満(積)だったので高さの差が楽しめました。
今は黄タンコが連結されていて、かつ黒崎以東で無いとその差を見られなくなりましたが。

それでは小倉行きの電車に乗ります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

1152レ 黒崎駅 積みの銀タンコ入換え

2019年4月21日 鹿児島本線 黒崎駅

20190421 (445)のコピー
空の銀タンコを工場へ持って帰るシーンを見ている時、1152レの方も動きがありました。EF81-455が再び機関車専用の引き上げ線に入りました。

20190421 (449)のコピー
6番線路にいる満の銀タンコと連結するためです

20190421 (451)のコピー
そうなんです。今春のダイヤ改正から1152レに役目が増えました。満の銀タンコを北九州貨物ターミナルに牽引することです。昔からこの役目は夕方の154レが行っていましたが、ついに合理化に目覚めたのか1番手っ取り早い手段をやっと行い始めました(私なら絶対この運行を行いたい)。今までこのスイッチャーによる出し入れ作業は1152レ停車時間内にする事がありましたが、満の銀タンコを連れて帰ることは原則としてありませんでした。貨物列車が大型連休などでウヤになる時期に154レがウヤになったときに、1152レが連れて帰ったことはあるようです。

20190421 (453)のコピー
1両目 コキ200-105 UT13C-8041・8042

20190421 (454)のコピー
2両目 コキ200-46 UT13C-8035・8036

20190421 (455)のコピー
3両目 コキ200-49 UT13C-8059・8060

20190421 (456)のコピー
4両目 コキ200-55 UT13C-8043・8044

◆みなさんお気づきでしょうか?この満の銀タンコ4両は前日の1152レに連結されていました。黒崎に戻って早々に中身を注入されて今日の出場に備えていたのでしょう。銀タンコは全部で38基あり、4基が黒崎~小名浜のための銀枠銀タンコに改装され、2基が大牟田市内で別の積載物便として陸送に使用されており、残り32基がコキ200換算で16両分あります。しかし、この時期は4両でサイクルしているようで、12両あれば事足りるようです。また銀タンコ本体や、コキ200の検査もありますから常に全部が稼働しているようではありません。最高5両ですから15両になっても残り1両や2基は検査になっていてもおかしくありません。もしくは使用していないかもしれませんが、詳細は不明です。

ずっと昔に6両編成時代に19両38基の稼働状況を4日くらいかけて調べたことがありますが、その時も2基が見当たらなかったことがありました。予備でしょうか?想像したら面白いです。連結し直しや積み降ろしは面倒ですから、検査が無くて特に問題なければずっと固定編成でしょうか?

20190421 (458)のコピー
再びEF81-455が銀タンコを牽いて鹿児島本線の貨物線上に出ます。1152レの停車時間帯に上り貨物は一切来ません(平日は分かりませんが)から本線上に出るのは遅れでダイヤが乱れない限り容易でしょうか。

20190421 (462)のコピー
黄タンコに向かって来ます

20190421 (469)のコピー
連結完了です。操車係員は念入りに出発前点検していました。
この時点で15:25でした。

20190421 (472)のコピー
黒崎発は16:56なので、先回りする時間はたっぷりあります。2時間も停車する理由は定かではありませんが、三菱化学の銀タンコ出し入れ時刻が定まっていないため、ゆとりでも設けているのかと。今春の1152レダイヤ改正の条件なのか。

私はこの後小倉に先回りしますが、黒崎出発前にもう1記事を。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

黒崎駅 積みの銀タンコ現る!!

2019年4月21日 鹿児島本線 黒崎駅

20190421 (415)のコピー
三菱化学の専用線貨物列車が工場からD352スイッチャーに牽かれて出てきました

20190421 (419)のコピー
銀タンコ4両を牽いて来ました。1日に二度入場出場があり、銀タンコのは午後に行われます。

20190421 (422)のコピー
D352スイッチャー

20190421 (423)のコピー
6番線路を進みます

20190421 (429)のコピー
空(左)、満(右)の銀タンコが並びました。そして停車。

20190421 (430)のコピー
スイッチャーが離れます

20190421 (432)のコピー
奥の機関車専用引き上げ線で7番線路に入ります。

20190421 (434)のコピー
スイッチャーは空の銀タンコ編成に進みます(7番線路)

20190421 (436)のコピー
推進運転のために先頭のステップが無い側に見張り員が乗ります。結構危ない立ち位置です。

20190421 (437)のコピー
スイッチャーは汽笛を鳴らして推進運転で工場に戻ります。

20190421 (439)のコピー
1152レで牽いて来た空の銀タンコをゆっくり押していきます。余裕でしょうか。

20190421 (440)のコピー
スイッチャーは他にもD353がいます。全部で何両いるのかは存じませんが、2両しか見たことがありません。

20190421 (443)のコピー
何度見ても面白いシーンです。

20190421 (448)のコピー
小さくなるまで見送りました

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

1152レ 黒崎駅 空の銀タンコ入換え

2019年4月21日 鹿児島本線 黒崎駅

20190421 (385)のコピー
到着したら、構内作業員が黄タンコの車止めをします。目が合っちゃった・・・(汗)。

20190421 (389)のコピー
前4両の銀タンコを切り離します。

20190421 (395)のコピー
鹿児島本線上で停車してバック(推進)します。
この時駅北側の踏切から入れ換え風景を眺めるのも良いかもしれませんが、一度もしたことがありません。

20190421 (397)のコピー
銀タンコを留置させます

20190421 (403)のコピー
EF81-455をは銀タンコを切り離し

20190421 (405)のコピー
機関車専用引き上げ線に入り

20190421 (407)のコピー
また黄タンコの方に戻って来ます

20190421 (409)のコピー
実は、春のダイヤ改正までは、ここで黄タンコと連結して終わるところだったのですが、連結をせず待機です。
これから何をするのかは知っていましたが、わざわざ戻って来なくてもいいのにと思ったり。

20190421 (414)のコピー
構内作業員は留置した銀タンコ編成の車止めハンドルを回したり、エア抜きを順番にしていました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

1152レ 黒崎駅到着

2019年4月21日 鹿児島本線 黒崎駅

20190421 (373)のコピー
1152レ~定刻で到着

20190421 (375)のコピー
5両編成ですが、黄タンコがあるので見応えはあります。

20190421 (377)のコピー
左上のワンマンカー用ミラーも一緒に撮影すると楽しいです。

20190421 (379)のコピー
何かの証明になるみたいですね。

20190421 (383)のコピー
停車しました。黄タンコの位置はホームの北側柵の少し手前です。

20190421 (384)のコピー
引くとこんな感じですね。

20190421 (387)のコピー
ソニックの窓ガラスに映る黄タンコ

20190421 (388)のコピー
銀タンコだと映りにくいです

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田貨物1152レ~出発準備完了 その3(終)

2019年4月21日 晴れ 鹿児島本線 大牟田駅
最後にもう一度跨線橋から眺めます。

20190421 (297)のコピー
1152レの編成とワンマン電車の停車位置関係がよく分かります。

20190421 (298)のコピー
1152レ編成をアップで~お気に入りな後方狙い撮影
◆貨物列車ファンって、機関車を抜いて貨物編成だけ狙ったり、編成後方を狙うっ人ってそんなにいないでしょう。逆に貨物編成は撮らないで機関車だけ狙う人もいますが、それは自由ですから私も好きにさせて頂いています。そんな私は、ここ数年前から横から後ろまで撮り尽くしている感があります。

20190421 (300)のコピー
このワンマン電車に乗って、大牟田を発ちます。
電車内から眺めた写真はありませんが、昔はよく撮影しましたね。

20190421 (304)のコピー
1番線ホームに飾ってある石炭と、歴史ある大牟田貨物編成を絡めて。

またいつか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田貨物1152レ~出発準備完了 その2

2019年4月21日 晴れ 鹿児島本線 大牟田駅
EF81が編成と連結完了してもすぐには動き始めません。
操車係が何やら編成端部で座り込んでいるのが見えます。何の作業なのかよく分かりませんが、耳を澄ましてエアの確認をしているようです。真偽は不明。どなたかご存知ですか?

20190421 (277)のコピー
全部完了して操車係がEF81の前面に到着すると、編成が前方に動き始めます。
信号システム上、必要な位置まで動くのです。動かないときも希にありますが。位置も運転手によるようで、停車位置がいつも違います。

20190421 (280)のコピー
編成がすべて陽の当たる場所まで動きました。

20190421 (281)のコピー
その直後、鳥栖行きワンマン電車が到着しました。撮影に少々邪魔なこの電車は10分も停車しやがります。11:00までお付き合いになります。

20190421 (292)のコピー
でもワンマン電車は2両なので、昔のように大牟田貨物の編成が長かった時は電車と被りますが、現在の長さなら何てことありません。こうして黄タンコ撮影が出来ましたが、最後尾はワンマン電車のために撮れません。
◆最後尾を狙って撮るのも好きな私なので、それに共感できないと楽しめませんね。ごめんね(汗)。

20190421 (276)のコピー
んで、2番線にも午前最後の快速(博多や小倉行きの813系中心の6~9両編成)が入るのですが、鳥栖行きワンマンより先に大牟田駅に入ってくるので、チャンスがあれば黒い窓に映る黄タンコ、銀タンコが楽しめます。
◆単に車体や風景などに、別の風景(水鏡とか)や車両が反射する、映り込む風景を撮るのが好きなだけですから、楽しめるのはこれに共感する人だけですね。失礼失礼(汗)。

20190421 (305)のコピー
こちらは1番線から眺めた、3番線に停車中のワンマン電車越しに撮った黄タンコ。余りにも目立つタンクなので、透き通ってしまったかのような風景の撮影がたまんなく面白いのだ。
◆透過っぽい風景撮影も私が興味を湧く撮り方なので、共感しなければ撮影していても楽しくないので、無理に真似しないように(汗)

ま、こんなんで暇を潰します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田貨物1152レ~出発準備完了 その1

2019年4月21日 晴れ 鹿児島本線 大牟田駅
跨線橋からの見下ろし撮影を止めてホームに下りました

20190421 (261)のコピー
黄タンコの手前の銀タンコの真上が跨線橋です。黄タンコの奥側の上にあるのは東西自由通路は窓が開けられず、ガラスが汚れているので撮影できそうにありません。ってか、自由通路から見下ろす撮影を真剣には試みたことがありません(笑)。

20190421 (262)のコピー
連結前に今日の1152レの編成を眺めましょう。

20190421 (264)のコピー
EF81-455が機回しして、5番線路に入ってきました。西鉄特急と並走しているっぽいです。

20190421 (267)のコピー
この時は同業者が見当たらず。朝の少年はどこに?

20190421 (270)のコピー
EF81は連結完了です。これで出発準備は・・・完了していません。まだ動きます。
ですが、あんまりのんびりしていられません。

20190421 (272)のコピー
間もなく大牟田駅に10分も停車する普通ワンマン鳥栖行きの電車が3番線に来ます。
邪魔が入ります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン