FC2ブログ

長期ウヤになったらどうしよう~

2009年12月11日夜、宮浦に行ってみた。はっきりと見たわけではないが、ほとんどからっぽだった。

写真のような状態に近かった。濃硝酸タンクコンテナがいない。あんなにたくさんいた黄タキがいない(奥に2両いた)。

私は単なる追跡ブログなので、いつウヤになるかなど全く分からない。情報源がないからだ。
とあるブログの管理人は、最近の4172レ・4175レ撮影記事で「今年も後2回走ったら長期ウヤ」とか、「黄タキをもう見ることはない」とか、「タキ専貨見納め」と書かれている方がいました。何故知っている?

今晩の宮浦の状況はそれらを指しているのか。
明日4175レが走っているか、三井化学専用線は動いているか、宮浦は開いているか見てみます。
長期ウヤに入ったら、せっかくお正月休みや、1月の連休に撮りに来られる方ががっかりしてしまいます。
私も被写体がなくなってしまうので寂しいですよ。このまま黄タキはサヨナラなのか~。

明日の撮影に乞うご期待下さい(^▽^)/

09-5-9宮浦付近状況 (8) のコピー
2009年5月9日 宮浦操車場の様子
この時点ではまだ廃車電車は移動してない。また空コキ編成は錆落とし運転をしているとか。

09-3-29宮浦操車場 (48) のコピー
2009年3月29日 宮浦操車場奥の様子(宮浦 初撮影日)
道路寄りの線路にいる空コキも錆落としに使われていた。
この時はまだ専貨もよく知らなかった。錆落とし運転すら某ブログで初めて知る程であった。

にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

黄タキ~ディティール05

黄タキについて書きますが、まだそんなにディティールあるのかよ~って突っ込まれそうですが、意外とあるものですよ。こんなに長い間(と言っても半年間)頻繁に眺めているとアレッ!と発見があるのです。しかし今回は、前回と前々回の調査の過程で知ってしまった事実を公開します。

09-7-12宮浦操車場 (4) のコピー
2009年7月12日 宮浦操車場で撮影 タキ165452

09-8-8宮浦操車場 (9) のコピー
2009年8月8日 宮浦操車場で撮影 タキ165473

09-9-21早朝の宮浦 (22) のコピー
2009年9月21日 宮浦操車場で撮影 タキ165458

09-10-4宮浦am (58) のコピー
2009年10月4日 宮浦操車場で撮影 タキ165472

09-11-22宮浦 (31) のコピー
2009年11月22日 宮浦操車場で撮影 タキ155481

09-12-3大牟田駅 (27) のコピー
2009年12月3日 JR大牟田駅構内で撮影 タキ155488

某掲示板で調査された大牟田専貨で使用されている黄タキは35両というネタですが、私はこの自重や手すりを調べているうちに35両に到達していました。36両目は出てきません。なお35両分の各写真があるかどうかまでは調べていません。ひょっとしたら複数同時に撮影した写真があるかもしれません。

で肝心の番号ですが、夜も遅いので明日以降に更新します。番号も並べ替えてスッキリしたいので。


にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

黄タキ~ディティール04

ある日の撮影で黄タキを見ていたら、タンク車左側に記載されている自重の値が車両毎に違うことに気づいた。
そこで2009年7月~12月までに撮影した黄タキの写真を調べたら、以下のことが分かった。以下は主な写真。

09-11-21宮浦 (173) のコピー
撮影地:宮浦操車場 19.9トン

09-11-21宮浦 (169) のコピー
撮影地:宮浦操車場 20.2トン

09-11-21宮浦 (189) のコピー
撮影地:宮浦操車場 20.4トン  奥に見える小屋は秤量小屋

09-10-31宮浦 (59) のコピー
撮影地:宮浦操車場 20.5トン

09-11-21宮浦 (168) のコピー
撮影地:宮浦操車場 20.6トン

09-11-21宮浦 (170) のコピー
撮影地:宮浦操車場 20.8トン

以上のように様々である。下は19.8トン~上は21.2トンという車両まであった。
19.8トンから0.1トン毎にあり、20.3トンと20.9~21.1トンはなかった。
21.2トン車は特殊(タキ155499)?

なんで同じ車両でこんなに仕様が異なるのか不思議ですよね。中身のタンクが一定に製造できなかったのかな。

にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

黄タキ戻り

2009年11月23日 10:19 東泉町2号踏切から撮影
朝霧の日だったので、いつもより20分遅めの運転です。

09-11-23宮浦 (195) のコピー
黄タキの化学工場入場と出場は今まで1両か2両しか見たことがありません。他ブログなどで1年以上前の写真を見ると3両以上は当たり前ですね。今は工場内の荷役設備の都合か何かで2両程度が一度の入場の限界なのか?今夏に撮影された3両入場の動画を見たことがありますが。

09-11-23宮浦 (199) のコピー
朝一の黄タキが出場してきたら、見張り員は踏切手前で降りてポイント切り替えに向かいます。そのため踏切前で限りなく減速する(停車することもある)ので、ゆっくり編成を撮ることが出来ます。

09-11-23宮浦 (200) のコピー
ポイント切り替え後、見張り員は黄タキに上がります。ちなみに写真の黄タキは動いています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

黄タキ~ディティール03

今回紹介する黄タキのディティールは以前から気づいていましたが、車両分布とかをじっくり調べていました。
さて以下の写真は何を示しているでしょうか?
それはステップのすぐそばのタンク側の手すりで、四角と台形(三角形に近い)の2タイプあります。

09-12-3大牟田駅 (30) のコピー
2009年12月3日 大牟田駅で4172レ専貨を撮影
タキ155488のステップ付近です。右手のタンク側手すりは四角いです。

09-12-3大牟田駅 (35) のコピー
2009年12月3日 大牟田駅で4172レ専貨を撮影
タキ165474のステップ付近です。右手のタンク側手すりは台形(三角形)です。そしてこの手すりは、四角形と違い取り付け位置の関係から立体的に少しねじれています。

09-11-21宮浦 (171) のコピー
2009年11月21日 宮浦操車場で撮影
ステップ同士が向き合った黄タキです。形式番号非記録。左の車両がが台形、右の車両が四角形。

09-11-21宮浦 (195) のコピー
2009年11月21日 宮浦操車場で撮影
同じくステップ同士。形式番号非記録。左の車両が四角形、右の車両が台形。

四角形■手すりと台形△(三角形)手すりの車両分布を過去1ヶ月に撮影した黄タキの写真から調べてみました。
すると以下の結果が判明しました。後期車(1654で始まる形式番号)ほど台形(三角形△)手すりです。

■ 155478、155479、155480、155481、155484、155485、155486 
■ 155487、155488、155489、155490、155492、155493

△ 155471、155472、155474、155499
△ 165450、165451、165452、165453、165455、165456、165457、165458、165459
△ 165464、165465、165472、165473、165474

合計31両調べてみました。(※某掲示板では、大牟田専貨で黄タキは全部で35両あると報告がありました) 
残り車両は随時調べてみます。黄タキはこのような結果でしたが、他のタンクはどうなんでしょうか?また、165450~のグループ以外に155471などが4両含まれているのも謎です。途中で交換したものは台形△になるのでしょうか。


にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

黄タキ~ディティール02

2009年12月3日 10:45頃 大牟田駅3番線ホームにて
ED76の機回しをじっと待っている間、3両の黄タキを見ていたらある相違点に気がついた。なお、3両の黄タキは向きが同じです(石灰箱のある側)。

09-12-3大牟田駅 (27) のコピー
タキ155488 タンク自体の作りは側面から見ると大量のビス止めが見られる。

09-12-3大牟田駅 (31) のコピー
タキ165474 タンク自体の作りは側面から見ると長手方向のビス止めはあるが、円周方向はバンド止めに見える。
      途中で制作方法の改善か革命があったのだろうか。

09-12-3大牟田駅 (32) のコピー
タキ165473 まあ1番違いだから同じですが。

09-12-3大牟田駅 (26) のコピー
タキ155488 断面から見るとフタをしているような感じ。二重以上の構造になっているはずだが、中央付近の凸円部分は中の構造の支えなのか?

09-12-3大牟田駅 (34) のコピー
中央がタキ165474 奥がタキ155488
断面の作り方が大きく異なります。165474の方がシンプルですっきり型ですね。現代のタンク車の基と歴史が垣間見られました。

素人目線で見た限りなので詳しくなくてすみません。何が黄タキ ディティールだ!ってツッコミはなしですよ~。
こうやってボーッと眺めていられる時間って貴重ですよ。ひょっとしたら数ヶ月後は出来ない技?かもしれません。
黄タキはたくさん撮影していまして、車両毎の相違点や不思議な点をたくさん見つけています。今後順次アップしていきますのでお楽しみに~。


にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田駅にて専貨を見る

2009年12月3日 大牟田駅にて
ここ最近仕事が猛烈に忙しいためブログアップが滞っている状況。宮浦には毎週1度は行っているのだが、写真アップがなかなか間に合わず(ネタはあるのだが考えていると眠りこける)、パソコンの前で朝を迎えることも。

午前中はとある用事で大牟田駅へ。今まで撮影したことがないアングルから撮影。

09-12-3大牟田駅 (10) のコピー
10:11 市営駐車場から撮影
仮屋川操車場発の大牟田行き専貨です。ポイントを渡って5番線に入線するシーンです。
今日は黄タキ3両+タンクコキ3両と短め。

09-12-3大牟田駅 (14) のコピー
10:12 市営駐車場から撮影
大牟田駅に到着するところです。これらの角度は今までに撮影したことがないのである意味新鮮です。

駅そばにある市営駐車場は20分無料。それ以上は20分ごとに100円らしいが上限もある。詳細は不明。平日だった影響もあってかガラガラだった。ここは使えるな~。


09-12-3大牟田駅 (21) のコピー
10:29 大牟田駅の跨線橋窓から撮影
駅で帰省の切符を購入した。よって年末年始3日間の専貨追跡はお休み決定です。どなたか大晦日、元旦撮影され方いませんか?

その後入場券を買い3番線へ向かった。跨線橋上から黄タキを撮ってみた。この角度から撮れるのも駅ならでは。
休日だったら多くの乗客の目線に曝されるので平日撮影に限りますね。

09-12-3大牟田駅 (24) のコピー
10:30 3番線ホームから撮影
4172レの専貨です。まだED76は南の方に待機しています。いつになったら機回しするか待ちました(笑)。
特急を2本見送ること約30分後その瞬間が来ました。

09-12-3大牟田駅 (38) のコピー
11:05 3番線ホームから撮影
11:00発のつばめリレー40号の出発後ED76が動き出しました。58号機です。11:14には上り列車が来るのでそれまでに機回しをしないといけないようです。3番線と外の線は影響しないですが、ルールがあるのでしょうか。

09-12-3大牟田駅 (47) のコピー
11:09 3番線ホームから撮影(結構博多寄り)
完成!4172レ専貨。この後出発位置まで50m程牽引して、12:02の発車を待ちます。
さすがにそれまで待つ訳にはいかないのでこれで帰りました。

午後1時頃に宮浦操車場へ行ってみました。昼休憩中だったのか、20トン電車が黄タキ3両を繋いで宮浦駅事務所前に止まっていました。留置されていた黄タキは全部で12両。化学工場内に2両はあるはずなので、ここ1ヶ月は状況変わらずのようです。夜8時過ぎに再び宮浦操車場を通過。明朝出発する専貨(後の4172レ)の黄タキは3両。写真なし。


にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン