FC2ブログ

残念な黄タンコ入場編!

2019年11月9日 曇り 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
何が残念かって?曇ったまま午後の第二部が始まったのです。

20191109 (173)のコピー
22t電車11号機が黄タンコを牽いてきました

20191109 (176)のコピー
東泉町2号踏切の遮断棒とワザと絡めます。黄色の遮断棒と黄タンコ(笑)。
こんな撮り方する人、普通いませんよね。私が普通じゃ無いと言っているようなモンです。

20191109 (183)のコピー
晴れないと黄タンコは映えません。
銀タンコだったらもっと映えませんが、黄タンコは光線の影響によって見え方が楽しいので、余計に光を欲します。

20191109 (185)のコピー
撮影した一堂がっかくりでした。

しか~し、ここは折り返し黄タンコの出場シーンがあると期待して、晴れを待ちます。
※銀タンコもまだ中に1~2両いますからね。

次回!晴れてくれ~黄タンコ 出場編
もういいよ(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



黄タンコの工場入出場があるゾ

2019年11月9日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
午後の3往復目が終わって、そのまま静かになるかと思いましたが、なんと!

20191109 (81)のコピー
この中身が入っている黄タンコ UT13C-8071・8072に

20191109 (171)のコピー
22t電車11号機が連結をして、推進運転で駅事務所に向かいました。
つまり、午後の第二部的な3時~黄タンコの入場が見られるわけです。
また出場も高確率であります。

20191109 (172)のコピー
残ったみなさんワクワク感が止まりません。
この時間帯に黄タンコの入場を撮るために遅くまで残った甲斐があるもんだ的な(笑)

次は黄タンコの残念な入場編です。え?何が「残念?」

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

晴れてくれ~銀タンコ 午後の工場入場&出場

2019年11月9日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
宮浦操車場は午後から日の当たりが良くなります。特に春と秋は時間帯・撮る位位置・角度によって順光が狙えますし、明るい撮影が可能になります。ほとんどの撮り鉄さんは午後の撮影はやらないのですが、この日は暖かく晴天だった影響か、私以外に4人も物好きさんがいらっしゃいました。皆さん順光を狙っていました。

20191109 (124)のコピー
午後は1時頃から始まります。職員さんがバイクに乗って門を開けに来ました。職員さんはその後は門付近で監視をします。

20191109 (126)のコピー
午後一番は、残っていた5両目の銀タンコを工場に入れるところから始まります。

20191109 (128)のコピー
UT13C-8035・8036が工場に引かれていきます。

20191109 (130)のコピー
光線がいいですね。

この約10分後に午前に入れた銀タンコが順に出てきます。

20191109 (136)のコピー
UT13C-8039・8040

20191109 (138)のコピー
俗に言う灰タンコって変な色ですね~。大牟田発着の濃硝酸タンコで唯一無二の銀色じゃ無いやつであります。

20191109 (142)のコピー
見たところ、炭鉱電車の運転士さんは結構お若い感じなかた

20191109 (145)のコピー
2往復目は、往路が貨車無し。復路が次の空になった銀タンコを押してきます。

20191109 (149)のコピー
UT13C-8045・8046
光線がいいねえ~これで黄タンコも撮影出来たら最高なんですが。

20191109 (154)のコピー
前方確認ヨシって

20191109 (170)のコピー
3往復目で、UT13C-8055・8056が出てきました。

これにて午後の第1部的なのは終わりで、次は3時頃まで待ちます。
工場門は一旦閉められます。

ところが・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

イチイチゴ~ニ~(1152レのこと)

2019年11月9日 晴れ 大牟田~銀水
Eテレの平日朝6:55~7:00に放送している「0655(ゼロロクゴーゴー)」という奇妙な番組を知って、早11ヶ月(笑)。
読者の皆さんはこの番組ご存知ですか?私は日めくりアニメと、わたし(おれ)ネコのコーナーが好きです。
大牟田貨物1152レも「イチイチゴーニー」って叫ぶと、何だか全く違った視点・別の角度から、この貨物列車を見ることが出来そうな気がする?私は毎度他人とはずれた見方をしてきたので、今更って感じがしますが、他人から見た大牟田貨物の視点ってきっと私には想像がつかないかもしれません。人にはそれぞれ違った見方があります。私だけが特別という訳ではありません。

1152レを待っていると、久しぶりに通りすがりの一般人から「何か特別な列車でも来るんですか?」って声をかけられた。
私は「貨物列車です。」と珍しく正直に答えると、その人は「へ~、貨物ねえ」って言って去って行った。無視無視!!(笑)

20191109 (93)のコピー
元長溝川踏切で1152レを撮影。ここは何かと架線柱が少なくて広角で撮影出来ます。

20191109 (97)のコピー
後方を狙って見送ります。
黄タンコのない1152レを追いかける気が湧かないのは、何て贅沢なんでしょうか(笑)。

20191109 (99)のコピー
右側は仮屋川操車場です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

宮浦操車場を眺めて~午後の日射し

2019年11月9日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
毎度の東泉町2号踏切からの宮浦操車場の眺めです。

20191109 (115)のコピー
20191109 (119)のコピー
20191109 (114)のコピー
20191109 (118)のコピー

20191109 (116)のコピー

間もなく1152レの出発時刻です。ひとまず鹿児島本線沿線に移動しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

宮浦操車場を眺める~黄タンコ その2

2019年11月9日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
もう1両の黄タンコを見ましょう。

20191109 (81)のコピー
こいつもまた黄色くて眩しい!!(どういう表現だ(笑))
20191109 (84)のコピー
コキ200-105
高いフェンスに遮られて撮れないので、網の間から無理矢理(汗)

20191109 (82)のコピー
向かって右側がUT13C-8071

20191109 (83)のコピー
向かって左側がUT13C-8072

20191109 (85)のコピー
高いフェンスから5m以上離れて、M工場を背景に黄タンコ撮影。

東泉町2号踏切に移動して宮浦操車場を踏切から眺めましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

宮浦操車場を眺める~全景など

2019年11月9日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
黄タンコから目を左に向けると、宮浦操車場の光景が広がります。
銀タンコは1両を除いて工場に入っているので、閑散としています。
海コンもなくなり、空コキもいないので、寂しくなったものです。

20191109 (76)のコピー
もう1両黄タンコが見えますね。あとで見に降りましょう。
45t電車は今日はもう出番がありません。
また、小さな保線車両も軌陸車の登場により全く出番がないようでずっと動いていないようです。

20191109 (74)のコピー
宮浦駅事務所下には、午後一番に工場に入れる1両2個の銀タンコが22t電車に連結されて居ます。

まだ正午前なので、ここでじっとしているのももったいないので移動します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

宮浦操車場で黄タンコ眺める~その1

2019年11月9日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
大牟田に到着するのが11時前なので、午前の入場シーンを撮ることが出来ません。
仕方がないので、午後の出場を狙うことにします。この季節は午後のほうが光線が良いのです。

静かな宮浦操車場に来て石炭記念公園から宮浦操車場を眺めて最初に目が行くのは・・・、やっぱり黄タンコでしょう。
ひときわ目立つその黄色いボディ。幸せの黄タンコが、私の大牟田遠征でラッキーな撮影と出会いを祝って貰えそうだ。

20191109 (67)のコピー
M化学の大牟田工場を背景に黄タンコがぽつんと。

20191109 (68)のコピー
コキ200-81に2個積載。

20191109 (69)のコピー
向かって左はUT13C-8084

20191109 (70)のコピー
向かって右はUT13C-8083

20191109 (64)のコピー
向こう側の道路(大牟田市の道路)側から見るとこんな感じ。
奥の建物が宮浦操車場の駅事務所。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

コキ200-111と125

2019年11月9日 晴れ 大牟田駅 1152レ
編成を眺めていると気付くものがある。

20191109 (55)のコピー
すごくきれいなコキ200-125。全般検査あがりで塗装もあざやか。さきほど電車の窓に映り込んだのはこのコキだ。

20191109 (56)のコピー
ステップはまだ汚れが少ないだろう

20191109 (57)のコピー
台車もピッカピカ

20191109 (35)のコピー
検査標は検査をした年月だけの表記になっている。以前のように検査した年月と検査期日を両方書かなくなりましたね。

20191109 (43)のコピー
従来の書き方はこれから5年以内にほとんど見なくなってしまうのでしょうね。

しかし、世の中にはおかしな年数のコキもいまして
20191109 (29)のコピー
コキ200-111は

20191109 (58)のコピー
9年も経っています。途中どこかで休車していたのでしょうか?
それだけでなく、Aに横線が。私は検査表記には詳しくないのでこのAマークと横線の意味はよく分かりません。
お友達が言うには「検査表記」でググれば?と(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田貨物1152レ編成~大牟田駅

2019年11月9日 晴れ 大牟田駅 1152レ
2・3番ホームに来ました
11:00を過ぎると鳥栖行きワンマンがいなくなるので、1152レ編成を撮りまくれます

20191109 (52)のコピー
機関車は正面から撮影出来ません。ま、いいけれど。

20191109 (44)のコピー
コキ200-100 UT13C-8053・8054

20191109 (40)のコピー
コキ200-123 UT13C-8043・8044

20191109 (36)のコピー
コキ200-98 UT13C-8031・8032

20191109 (30)のコピー
コキ200-125 UT13C-8057・8058

20191109 (26)のコピー
コキ200-111 UT13C-8059・8060

20191109 (25)のコピー
濃硝酸タンクコンテナ(銀タンコ)が全部で5両だけの編成。黄タンコがつかないので寂しいな。

もう少しじっくり見ましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

コキ200の写り込み風景に気付く

2019年11月9日 晴れ 大牟田駅 跨線橋から

20191109 (21)のコピー
今日も良い天気ですね。

20191109 (17)のコピー
黄タンコがありませんが、編成のなかにあるきれいなコキ200が817系の窓に映ります

20191109 (18)のコピー
黄タンコほどではありませんが、明るい色なら写り込み風景は撮れるものですね。


おまけでこんなものが見られます。
11:00に左の西鉄甘木行きワンマンと、右の鳥栖行きワンマンが同時発車します。
20191109 (22)のコピー
20191109 (23)のコピー
跨線橋よりは外の踏切か1番線ホームの端から撮ったほうが良いと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大牟田駅ホームすみっこ

2019年11月9日 晴れ 大牟田駅
2・3番ホームに向かう前にもう少し大牟田駅の1番ホームをうろうろ

20191109 (62)のコピー
あ、西側の草刈りをしている。嬉しいな~。

20191109 (10)のコピー
大牟田駅の駅名標で昔のままのが残っています&ハイブリッド21が見えます。

20191109 (8)のコピー
ハイブリッド21は普段ここにいます。昔は貨物駅だった線路を利用しています

20191109 (9)のコピー
本日はもう10分ほど前に役目を終えて、明日まで動くことはありません。

大牟田駅常駐のHD300はその走行距離が極めて低いため、導入当初は費用対効果が全く無かったと言われています。なので全然走行距離が稼げないので他のナンバーと大差が出来ます。27号機がいましたが、検査交代で21号機が来ています。27号機はしばらく走行距離を稼いでから帰ってくるらしいです。

では2・3番ホームへ向かいましょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

11月の昼前の大牟田駅にて

2019年11月9日 晴れ 鹿児島本線 大牟田駅
1152レに大牟田の駅名看板を入れての撮影です

20191109 (2)のコピー
大牟田とEF81-406。本日の大牟田貨物の牽引釜です。

20191109 (3)のコピー
大牟田と釜次位の銀タンコ

20191109 (4)のコピー
大牟田と銀タンコ

20191109 (60)のコピー
大牟田と1152レ

もう少し駅ホームをあっちこっちしましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

午後の宮浦~その5

2019年10月5日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
7~8月にかけて宮浦操車場を訪れたら熱地獄です。管理人は今年の7月下旬に灼熱地獄の中撮影を行いましたが、二度とゴメンです。大牟田に住んでいた頃と暑さの質が違うようです。幸いお友達のクルマの冷房で暑さを凌ぎましたが、それでも照りつける太陽光線はすざましい威力を持っていました。なので皆さんも無茶はしないように。

そして次は冬期。大牟田でも雪は降るし、氷も張ります。足元に気を付けて下さい。今年は「カメムシ」が大流行。今年の冬は極寒と予想されています。果たして大牟田は4年前の大寒波で再び街がダウンするか、撮り鉄さんがダウンするか。皆さまほどほどに。

20191005 (268)のコピー
車庫横の三坑町3号踏切の扉が開くのは、もう炭鉱電車の定期交代の時くらいです。

20191005 (269)のコピー
数年前までは海コンの仕業・連結もあったので、この奥のコンテナホームで積み換えをしていました。
コンテナホーム側の線路は草ぼうぼうです。

20191005 (344)のコピー
本日最後の工場に入る22t電車の姿です。なかなか斬新な構図でしょ?さてどこから撮っているのやら。

20191005 (345)のコピー
この後、最後の空の銀タンコを出して来て、午後の仕業が終わりました。

20191005 (350)のコピー
まだ明るいですが、正門も閉じられました。

宮浦操車場はいつも静かなところですが、門扉が閉じられるとさらに静かになりました。また明日、よろしくね。

これにて私も撤収し、宿に帰りました。記事は翌朝に続きます。
今回は5日でなく6日の事から書き始めました。

続いては、11月の遠征について書いていきましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

午後の宮浦~その4

2019年10月5日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場

20191005 (179)のコピー
写真の奥に留置してある黄タンコを見に行こうっと。

20191005 (263)のコピー
1枚目の写真は午後の仕業開始前、2枚目は3時の休憩時の単機の様子
でもバッテリー車を繋いでいるのを単機って呼称したらおかしいかな。

20191005 (260)のコピー
やっほー黄タンコ
左の影は私ではありません(笑)

20191005 (261)のコピー
架線柱が邪魔で完全に君が撮れないね

20191005 (267)のコピー
三坑町3号踏切にやって来てズーム撮影

20191005 (282)のコピー
先ほど大きな影を作っていた煙突と黄タンコの共演

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

午後の宮浦~その3

2019年10月5日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場

20191005 (245)のコピー
たまにはアップで11号機を

20191005 (249)のコピー
銀タンコが出てきました

20191005 (250)のコピー
すかさず東泉町2号踏切に移動します。と言っても5m程しか離れていませんが(笑)

20191005 (252)のコピー
東泉町2号踏切を通過するシーンをじっくり狙います

20191005 (254)のコピー
背景が大工場ってのがミソ。狙っていましたが、こういうのが私有貨物線用線らしいですからね。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

午後の宮浦~その2

2019年10月5日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
午後の2往復目です

20191005 (225)のコピー
この写真は、遮断器が壊れたものではありません。途中で止まった風に見える写真を撮りたかっただけです。

20191005 (226)のコピー
22t電車11号機が工場に向かい、空の銀タンコを取りに行きます。

20191005 (227)のコピー
この季節この時間帯は順光になります。
冬に近づくにつれて順光の時間が遅くなります。

20191005 (231)のコピー
東泉町2号踏切にて

20191005 (233)のコピー
2両目の銀タンコを推進して来ました

20191005 (236)のコピー
この位置まで進んできたのに未だに遮断棒が降りません。工場から出てくるときは警報器の鳴り始めが遅いです。

20191005 (237)のコピー
遮断棒が正常に降りてきて、電車と貨車が通過します。

20191005 (239)のコピー
これで2往復目が終了です。

次は3往復目です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

午後の宮浦~その1

2019年10月5日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
宮浦操車場が撮り鉄で賑わうのは一般的に午前8時~9時半頃だ。
大半の人達は、仮屋川操車場から来た第4便貨物列車の到着を見届け、45t電車の出番が終わったら撤収してしまいます。
小さくてバッテリーを用いて走る齢100年を誇る、主に工場入出場用の22t電車の活躍も見届ける人達は、午前の仕業が終わると大抵は大牟田を離れます。午後も来て見続ける人は非常に少ないです。今回はスケジュールの都合とは言え、そんな午後の宮浦でのんびり撮影を行います。この日は何と同業者が1名!合間にお話ししながら撮影しました。ご一緒した方、お疲れ様でした。

20191005 (206)のコピー
11号機でした。前来た時も11号機だったかな?9、12号機は元気かな?

20191005 (208)のコピー
この日の最後の銀タンコを工場に牽いていきます。

20191005 (210)のコピー
ここから見えるカーブの先

10分ほどしたら空の銀タンコを押して出て来ます。

20191005 (213)のコピー
条件が良ければ、出てくる瞬間を捉えることが可能です。
季節によっては、工場内の警報器や、カーブのフランジ音、若い運転士がよく鳴らすと言われる汽笛が合図です。

20191005 (215)のコピー
ステップが無い側は誘導係も多少足元が不安でしょうね

20191005 (218)のコピー
何度見ても良いシーンです。とても落ち着く好きな画です。

20191005 (220)のコピー
これが午後の1往復終了です。

次は2往復目です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

秋の午後の宮浦操車場にて

2019年10月5日 晴れ 午後1時~ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場

20191005 (181)のコピー
訪問するならこの季節が一番過ごしやすいです。大牟田在住経験のある管理人が言うから間違い無い(笑)

20191005 (179)のコピー
午後はタンクコンテナの出し入れがあって、実は午前よりも楽しいかもしれません。
しかし、その日に来る銀タンコが3両とか、黄タンコが付かない日は工場から出すばかりで終わります。

20191005 (193)のコピー
今気付きましたが、奥の配管は付け替え工事をしています。古いコンクリート製の支柱はいずれ取り壊されるのでしょうね。

20191005 (197)のコピー
午後の仕業開始という門扉のご開帳です。

20191005 (205)のコピー
この日は午前中に入らなかった銀タンコを工場に入れました。この後出して来るわけです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

仮屋川操車場を終端側から見たら

2019年10月5日 晴れ 三井化学専用鉄道 仮屋川操車場
大牟田貨物1152レを昔懐かしき踏切で撮影した後に、仮屋川操車場の終端部に行った。大牟田に住んでいた頃、ここでは滅多に撮影しなかった。炭鉱電車やDE10が機回しのためにスイッチするだけの場所でしたから。今こうして再び久しぶりに訪れてみると、いいものです。こんな景色だったっけ?新たな発見がありそうな雰囲気です(なかったけど)。

20191005 (107)のコピー
仮屋川操車場は実は線路が4本ありますが、写真の一番右側は一切使用していません。

20191005 (109)のコピー
実に終端らしい風景・設備です。

20191005 (114)のコピー
写真の左端は1151レの編成がHD300で牽かれて到着する線路で、その右隣の「中線」は炭鉱電車やHD300の機回し専用線路、そのさらに右隣が1152レになる編成を宮浦操車場から牽いて到着する線路です。

20191005 (120)のコピー
そう言えば、HD300になってからは一度も来たことがありません。22t電車の折り返しも見たことがありません。

この後、午後の宮浦操車場を堪能してきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン