FC2ブログ

ちょとしかない午前宮浦

2020年1月12日 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
2両だからあっという間に午前の仕業は終わるでしょうが、それでも宮浦操車場には多くの同業者がいました。

20200112 (164)のコピー
私が宮浦の東泉町2号踏切付近に到着したころ、ちょうど工場門を開けているところでした。

20200112 (169)のコピー
早速1両目が入っていきました

20200112 (171)のコピー
工場カーブをゆっくり向かいます

20200112 (172)のコピー
見えなくなる直前まで撮影します

20200112 (173)のコピー
10分くらいで出てきました。
東泉町2号踏切付近にいた同業者の皆様は炭鉱電車の真正面を撮るために躍起になっていました。

20200112 (174)のコピー
私は誰もいない場所でカット撮影です。

20200112 (176)のコピー
2両目の連結です。もう終わりですよ。

20200112 (179)のコピー
工場へ向けて出発。あ~暇ですわ。

20200112 (186)のコピー
15分くらいで出てきました。宮浦駅事務所下まで回送して午前中の仕業はおしまいです。

ただいま、10:23(笑)。もう終わってしまいました。

20200112 (189)のコピー
なぜか同業者たちは東泉町2号踏切付近で残っています。
午前の仕業が終わったことに気づかないのか?それともせっかく遠方から来たのに、午前が2往復で終わるなんて想定外だったから呆然としているのか、又はこのままでは時間が余って撤収が惜しいので待っているのか?
そんな私は大牟田駅に向けてペダルを漕ぎました。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

裏仮屋川操車場より~その3

2020年1月12日 仮屋川操車場を西鉄側から撮るとこうなる

20200112 (148)のコピー
架線柱が邪魔だけどれっきとした並びを狙う

20200112 (149)のコピー
ちょっとだけ立ち位置変えて並びを狙う~やっぱりいろいろ邪魔だね~仕方ないか。だって裏側だもん。

20200112 (151)のコピー
西鉄電車と絡めるのに失敗。上りと絡めるのは無理があるね。

20200112 (153)のコピー
2両編成の宮浦行に焦点を変えます

20200112 (154)のコピー
短いこそサイドビューが撮れる場所

20200112 (156)のコピー
サイドビューばっちりだね!!さすが裏側だけのことはあります。3両だったらやばかったかも。

20200112 (159)のコピー
後方狙いもばっちり・・・とはいかない裏側の場所(笑)

20200112 (161)のコピー
またあとでね

20200112 (163)のコピー
仮屋川操車場に残って出発を待つ構内貨物列車

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

裏仮屋川操車場より~その2

2020年1月12日 曇り 仮屋川操車場

20200112 (138)のコピー
ほどなくして、宮浦から45t電車がやってきました。汽笛がいいね~。

20200112 (140)のコピー
運転士にもよりますが、現在はこの付近でいったん停車し、操車係を下ろします。

20200112 (141)のコピー
走る~走る~操車係。時間が惜しいですからね~。

20200112 (143)のコピー
昔脱線事故を起こした対策で、現在はいったん操車係を下ろして目視確認してから45t電車の進行指示を出しています。
次同じ事故したら、もうおしまいの緊張感で安全確認をしているでしょう。

20200112 (144)のコピー
間もなく連結です。

20200112 (146)のコピー
HD300の貨物は出発待機位置まで前進します。そのタイミングは日によりけりです。
上手くいけば裏並びが見られます。

20200112 (147)のコピー
下り西鉄電車を絡めたら、裏3並び を狙うことも出来ます。みんな同一方向向いています。3列車が同時に前進していたらスゴイでしょうね。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

裏仮屋川操車場より

2020年1月12日 曇り 仮屋川操車場
仮屋川操車場を望むなら、保育園近くの住宅地、または旧長溝川踏切付近から眺めるのが一般的。
でも西鉄側から見ようとすると、架線柱は邪魔だし、逆光だと撮影に向かないし、冬シーズン以外は西鉄沿線が草ぼうぼうでよく見えません。
今回は曇り空で、西鉄沿線は草がなく俗に言う「裏仮屋川操車場」を望むには好条件?となりましたので、1人そこから撮影です。
なお、表側には撮影者があちこち見かけました。

20200112 (106)のコピー
仮屋川操車場の様子。脚立が欲しいところです。背伸びして撮りました(笑)。

20200112 (113)のコピー
大牟田構内貨物列車~仮屋川操車場行き便が来ました。ここまで引き付けないと満足な画が撮れません。

20200112 (118)のコピー
2両編成なので裏側からでも十分撮れます。

20200112 (120)のコピー
仮屋川操車場到着のようです。

20200112 (122)のコピー
連結開放したHD300が機回しを始めたようです。
たまに西鉄電車が来ますので、裏側はそういうデメリットもあります。あっという間に通過ですから気にしませんが。

20200112 (125)のコピー
銀タンコ編成の並び~

20200112 (126)のコピー
HD300が中線をぶっ飛ばしてきました。ここからでもよく見えるのですよ。

20200112 (129)のコピー
操車係を下ろして分岐器の確認

20200112 (132)のコピー
返却の編成に向かいます

20200112 (134)のコピー
連結して、宮浦からの45t電車の到着を待ちます。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

何やってんだろう~8分も踏切開かず

2020年1月12日 大牟田駅北側 有明町踏切
HD300もEF81もこの踏切を遮断してスイッチ運転(機回しのため)を行います。なので撮影にはもってこいですが、時にはイライラが爆発しそうなほど長く踏切が遮断されます。昔のように特急街道ではなくなったにせよ、すぐ横がJR・西鉄の大牟田駅ですから踏切の閉まる回数は多く、JRの上りは特にひどい開かずの踏切化します。今回も理由は不明ですが、8分も開かずで酷かった。私はのんびり撮影を待つだけですが、車や徒歩、自転車で渡りたい人たちは相当イライラしていただろう。だって何の列車も通過しないのに遮断しっぱなしだったから。私も以前は大牟田市民で、結構な長い時間の開かずの踏切に泣かされたものです。どう考えても上りの踏切システムは改善するべきだと思う。

で、有明町踏切の警報機が鳴り、遮断器が降りた。ただいま8:42

20200112 (77)のコピー
5番線路の出発信号機が進行に変わった。

20200112 (78)のコピー
操車係はステップに乗り、汽笛がなって動き始めるのを待つ。

20200112 (79)のコピー
8:46
だがいつ迄経っても動かない。あれ一体どうなったの?

20200112 (82)のコピー
8:47
降りちゃった。動かす気がないの~?時間は刻々と過ぎてゆくが、遮断器は閉まったまま。オイオイ(;^ω^)

20200112 (83)のコピー
上り列車が2番線に到着。先に行かせるの?と思うが、HD300は本線には入らず駅構内でスイッチするので関係ないはずだが。

20200112 (84)のコピー
8:48
再びHD300-27に操車係が乗り

20200112 (87)のコピー
やっと動きました。

20200112 (90)のコピー
と思ったら、上り電車も同時に踏切を通過~ってオイ
HD300-27は写真の位置で停車します。HD300の奥のポイントは逸走(過走)防止線に向いているから大丈夫。

20200112 (91)のコピー
入換信号機が4番線路にと点灯。
踏切待ちの車や歩行者のイライラはピークだ。

20200112 (92)のコピー
操車係がステップに乗り、運転士に進行指示を出します。

20200112 (95)のコピー
8:49
再び踏切を横切ります(鉄道車両は横切るっておかしいかな?)

20200112 (99)のコピー
4番線路に向かっていきます。
やっと遮断器が開きました。やれやれやっと開いた~と思ったら次は西鉄電車の発着で再び閉まります。渡り切れなかった車はがっかりでしょうか。

撮影の皆さんもお気をつけて~

20200112 (102)のコピー
最後に踏切上から~大牟田駅構内を眺めましょう。
つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

宮浦操車場の奥の出発まで

2020年1月12日 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
先ほどの45t電車が東泉町2号踏切まで行き、スイッチして銀タンコ編成に連結後、推進して来るところから始めましょう。

20200112 (57)のコピー
乗るところがないからか、操車係が普段と違うところに立っていますね。コキ200のステップは手ハンドルのある側は広いですが、反対側は狭いですから、危ないときは写真の側でしょうか。

20200112 (59)のコピー
なんだか銀タンコにパンタグラフが付いているみたいで面白い光景です。

20200112 (61)のコピー
出発線路の分岐器まで推進(後退)運転が続きます。時折、45t電車が汽笛を鳴らします。理由は分かりませんが、操車係の無線の返答合図かな?と思っています。一体何度鳴らすんだ?って思う日もありますが、汽笛を鳴らす回数などは編成長さや連結の有無、そして運転士によります。

20200112 (62)のコピー
到着したので、操車係が運転台に乗り込みます。後方で連結作業があればで、操車係はその連結位置まで推進運転に乗ったまま移動します。

20200112 (65)のコピー
宮浦駅事務所からの指示がスピーカーから発せられ、汽笛を鳴らして出発進行です。運転士によっては汽笛を鳴らさないことがあります。何言っているかよく分からない時もありますが(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

45t電車18号機始動~奥のスイッチ

2020年1月12日 宮浦操車場
いつも東泉町2号踏切付近から眺めているだけの、45t電車が操車場の奥のほうで機回しスイッチしているけれど、もっと近くで見たらこんな眺めなのだよ。

20200112 (40)のコピー
始業前点検も終えてパンタを上げたら発進!!

20200112 (41)のコピー
あっれ~露出が厳しいな(;^ω^)
スイッチして戻ってくるまでは操車係は乗りません。

20200112 (44)のコピー
随分奥まで進みましたね。
ポイントの切り替わり完了のお知らせは、場内のスピーカーを通して運転士に知らせます。

20200112 (46)のコピー
おや?ヘッドライトが灯りました

20200112 (51)のコピー
操車係の待っている位置まで進み、一旦停止して乗せます。おまたっせ~とでも言うみたいに。
ここからは操車係の無線で運転士に状況を伝えます。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ココで撮る!?大牟田貨物1151レ

2020年1月12日 曇り 大牟田駅北側の有明町踏切
今まで散々あっちこっちで大牟田貨物1151レを撮ってきた管理人でさえ、このアングルで撮影した記憶がありません。
とあるブログを見ていたら、この幅広い踏切で撮影している記事を見つけ、なかなかやりますね~って感心しちゃいました。
やっぱり、他人のアングル、視点、構図って勉強になりますね。というより良い刺激になります。

20200112 (8)のコピー
1151レのヘッドライトが遠くに見えました。仮屋川操車場付近かな?

20200112 (9)のコピー
雨上がりの曇り空だから余計に際立って見える「光のレール」。電機のヘッドランプが長めに照らされているような。
1・2枚目がまさにその光景

20200112 (11)のコピー
減速しています。

20200112 (13)のコピー
ここから渡ります。なお、ここを渡るのは大牟田貨物1151レ、仮屋川操車場から戻ってくるHD300貨物列車と回送列車程度。

20200112 (17)のコピー
EF81-452の下ヘッドライトが、雨上がりの踏切道を照らします。

20200112 (20)のコピー
ぶっ飛び!2両編成の大牟田貨物1151レ。一体どうなってんのよ(;^ω^)

20200112 (23)のコピー
今日の撮影はあっという間に終わりそう(´;ω;`)
気持ちを切り替えて、編成内容を走行中撮影

20200112 (24)のコピー
1両目 UT13C-8053・8054 コキ200-14

20200112 (25)のコピー
2両目 UT13C-8057・8058 コキ200-125

20200112 (28)のコピー
大牟田駅にご到着。後姿がカワユイ(笑)

それでは宮浦操車場に向かいましょうか。今日も移動手段は自転車っす。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン