fc2ブログ

炭鉱電車保存会限定公開(1)~撤去前の宮浦操車場2022.5.6

三井化学専用鉄道廃止後の役目を終えた炭鉱電車を
いかにして後世に残すか、動態保存(静態保存もある)するかを考え活動をしている
NPO法人「炭鉱電車保存会」があります。(発足2020年春)
2023年11月現在で、会員数は78名(正会員37、賛助会員10、高校生以下4)で、
大牟田市・荒尾市在住のメンバーが中心となって様々な活動をしています。
福岡県・熊本県以外の会員は26名おられます。
その内2/3は関東の方です(管理人は残り1/3の方)。

2022年5月6日、三井化学専用鉄道が廃止になって2年を迎えようとしたある平日に、
三井化学様から炭鉱電車保存会限定で、宮浦操車場の隅々、車庫の隅々を
見せて頂く機会に恵まれました。(20数名が参加)
2021年7月31日に実施された「さよなら運転」のイベント後にもう一度中に入れる
またとないチャンスとなりました。
実際、今回の限定イベント後に、宮浦操車場内の線路・設備、駅舎の解体・撤去がスタートしました。
なので最初で最後の「隅々まで隠すところ無く全部公開」というのは廃止後で凄いイベントです。
ここまで貴重な場所を見せて頂く機会を与えて下さいました、三井化学様、三池港物流様、
その他関係者の皆様に深く感謝致します。

◆三井化学専用鉄道が廃止されて、さらに線路・設備、駅舎が無くなって落ち着いたところで、
保存会の理事長より、ブログでこの保存会限定イベントについての情報公開の許可を頂きました。
出来るだけ多くの出来事を綴って参ります。

20220506保存会限定 (1)のコピー
ここは大牟田市のお馴染みの三井化学専用鉄道だった宮浦操車場の一画
三坑町3号踏切からコンテナホーム側に入っていけました

20220506保存会限定 (2)のコピー
さよなら運転の時はここは立ち入らせて貰えませんでした

20220506保存会限定 (3)のコピー
レバーは「入」になっていますが、架線に電気はきていません。
2020年7月の大牟田市の水害浸水で車庫以外の電源は喪失しています。

20220506保存会限定 (4)のコピー
この場所から炭鉱電車や貨車の入換えを見たかった

20220506保存会限定 (5)のコピー
今回はバッテリー駆動が生きている20トン電車12号機の限定走行を行います

20220506保存会限定 (6)のコピー
20トン電車は全車がバッテリー駆動の走行可能状態です

20220506保存会限定 (7)のコピー
まずは海上コンテナホーム方向へ向かいます

20220506保存会限定 (9)のコピー
ポイントを切替えて保存会のメンバーが見守る側にやって来ます

20220506保存会限定 (11)のコピー
撮影場所については事前に告知があり、基本的には自由であるが、
走行線には近づかない・跨がないようにとのこと。そりゃあそうだ。
もちろん走行車両からは2~3mほど離れています。

20220506保存会限定 (12)のコピー
電車は三坑町3号踏切側に向かいます。そして操車場へ。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



眩しい朝の宮浦操車場(2011-01-08)

偶然、2011年1月8日更新のブログを読んでいて気づいたことですが
当日の朝方に宮浦操車場で撮影した写真がほとんど使用していないことが分かりました。
当時、その未発表に至った理由云々は覚えていませんが、可能性としては
朝の逆光が強すぎて逆光側から撮影した写真ではブログに載せられないと考えたのかも。

現在はフォトショップエレメントを使って多少は編集しているので、少々の暗さは何とかなる。
当時のデータを掘り起こし、ちょっと明るく編集して記事にしてみました。

110108宮浦 (10)c
出発準備で推進運転中の45トン電車19号機

110108宮浦 (21)c
第一便の出発です。編成が全部見渡せる、私のお気に入りの瞬間でした。
曇り天気ならこちらからでも良いのですが、当時は何を考えて逆光側から撮っていたのか?

110108宮浦 (22)c
一番真っ黒になっていた瞬間

110108宮浦 (24)c
銀タン編成編成も暗かったのですが

110108宮浦 (25)c
編成後方狙いは外せません。
黄タンコは明るすぎたので、逆にはっきりさせて暗めにしてみました。

◆実は今になって、未発表・未公開の作品(データ)はどの程度あるのか調べています。
 数多くの単写データの中からブログ記事にしても問題ないものだけ使っていました。
 いわゆる、失敗作や記事には向かないシーン、並びに似たような構図は山ほどあります。
 今後、今回の様に発見できたら改めて発表したいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

あの日の「七踏切」~卓上カレンダー2024 1月

三井化学専用鉄道の7ヶ所の踏切を往くシーンを集めた、縦A3判の2024年版の炭鉱電車カレンダーはすでに紹介していますが、同じテーマで別の写真(選定中に外れたもの)を使った卓上カレンダーも作りました。今年はカレンダー作り過ぎですね。
管理人の部屋の西と南に縦A3判カレンダーを掛けて、卓上カレンダーはパソコンの奥に立てています。良い出来だ。

七踏切卓上2024- (1)のコピー
2024年1月は旭町1号踏切を往く第一便貨物列車にしました。
少々有名なシーンですね。

12ヶ月で7踏切となると、2ヶ所が1度だけの登場になります。
1度にする踏切をどこにするか結構悩みました。
A3判は表紙含んで13枚あるので、1ヶ所だけ1度登場でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ

年始一発目の宮浦撮影って何日?

2010年~2016年の年始一発目の宮浦撮影って何日だったか振り返ってみた

2010-1-3宮浦 (13)c
2010年1月3日(前年末は12/29まで)
実家に帰ったのは12/30~1/2かな?
仕事始めが4日だった。

20110103宮浦 (12)c
2011年1月3日(前年末は12/29まで)
実家に帰ったのは12/30~1/2かな?
仕事始めが4日だった。

20120105宮浦 (11)c
2012年1月5日(前年末は12/25まで)
実家に帰ったのは12/29~1/4かな?
仕事始めは6日(金)だったのかな?4日(水)な気もするが~妙だな。

20130103宮浦 (6)c
2013年1月3日(前年末は12/29まで)
実家に帰ったのは12/30~1/2かな?
仕事始めは4日だった。

20140105宮浦 (13)c
2014年1月5日(前年末は12/28まで)
実家に帰ったのは12/29~1/4かな?
仕事始めは6日(月)だった。年始は休みが長かった。

20150110宮浦2 (104)c
2015年1月10日(前年末は12/30まで)
実家に帰ったのは12/31~1/4かな?
この年はプライベートでいろいろイベントが盛りだくさんだった。
仕事始めは5日(月)だった。だからこの年だけ年始一発目が遅いのだ。

20160103宮浦 (26)c
2016年1月3日(前年末は12/28まで)
実家に帰ったのは12/29~1/2かな?
仕事始めは4日(月)だった。


年末年始の帰郷日数は、2014年度(2014.12~2015.1)を除くと短い年が多かった。
もっと実家で親とたっぷり話しておくべきだったなと悔やまれる部分もあるが、今更振り返っても仕方が無い。

当時は大牟田での撮影が楽しくて年末年始の帰郷を早く切り上げたかった自己都合の気持ちは少なからずあった。
また仕事始めも4日が多かったし、1日早く大牟田に戻ってきて体を休めたかった訳もある。

◆年末年始やお盆休みも決してウヤにならない大牟田貨物、三井化学専用鉄道は凄かったなと思う。

◆大牟田出身のお友達や知り合いは、大晦日や元旦に撮影していて正直羨ましかった。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2024年1月 大牟田専用貨物列車カレンダー

2024年はもうひとつ大牟田専用貨物列車カレンダーがあります。
今回は1月を紹介します。

大牟田貨物カレンダー2024 (2)のコピー
左上:大牟田駅に到着した1151レ EF81-716牽引 海2銀6黄1
駅構外から撮影

右上:大牟田駅で出発を待つ1152レ EF81-304牽引 銀5黄1
駅ホームから撮影

右下:大牟田駅で出発を待つ1152レ 編成の後方狙い 銀6黄1(牽引はED76-1017)
駅跨線橋の窓から撮影

左下:銀水駅を通過する1151レ ED76-56牽引 銀6黄2
駅ホームから撮影

以上

毎月、4つの写真を使って、大牟田駅から順に上っていきます。
次月は銀水駅の次の駅からです。

なお、今月の銀水や大牟田の様に、しっかり駅舎・建物やホームが写っている場合とそうでない場合があります。ホームの先端から大きく外れて停車中や入線直前を撮影したものの、ホームも駅舎も全く写っていないものもあります。本来なら、駅の証明として映り込み大歓迎ですが、当時はそこまで意識しておらず、またホームに掛かる前に撮った方が格好いいと思っていましたね。

後方狙い特集を組めば、確実に駅舎やホームが写っていますが、そんなカレンダーにしても面白くありません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2024年1月 炭鉱電車カレンダー

2024年 あけましておめでとうございます
本年も「眠れないマクラギを数えて」をよろしくお願い申し上げます。

それでは予告通り、2024年カレンダーを紹介します。
「三井化学専用鉄道」の踏切通過シーンを紹介して参ります。

七踏切2024カレンダー1月のコピー
まずは、浅牟田108号踏切を通過するシーン
20トン電車が銀タンコ(濃硝酸)積載の貨車を引き工場内へ入っていく様子です

ここはかつては危険な抜け道でしたが、こういう風光明媚?な工場らしい踏切が存在していたのです。
残念ながら2010年11月に通行禁止になり、廃道・・・そして工場敷地になり、入れないエリアになりました。
しばらくは工場内敷地内で工事用踏切として残っていましたが、いつの間にか撤去されました。
あの警報器が鳴ってくれると、工場から出てくる知らせとして使えたのですが。
私も1年半程度しか撮影出来ませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。
現在は全国各地の貨物列車のコンテナを中心に撮影しています。面白いネタがあれば紹介します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン