fc2ブログ

初めての熊本電鉄へ その8

2012年1月21日 晴れ 熊本電鉄菊池線を撮影
そもそも今回熊本電鉄を訪問しようと思ったきっかけは、年末年始に実家へ帰ってくつろいでいたときに、鉄道カメラマン中井精也氏の「九州の鉄道撮影記」のBS番組を見たことだった。それ以前にも、炭鉄のうしやんさん、炭鉱電車が走った頃のed731003さん、社長さん、くみあいさんなどの著名なブログで熊本電鉄の様々な記事がありよく見ていたので、いつか行こうと計画はしていた。でもがなかなか重い腰が上がらなかったが番組を見たらすぐに行きたくなった。映像の力とは時には凄く感じるのだった。

番組や各ブログでもたくさん取り上げられていた有名な併用軌道の現場に到着した。ここまでの道のりは、長かった(笑)。何度も行き止まりの道に突き当たって・・・武勇伝はさておき、記事に戻るとしよう。

120121熊鉄 (145)のコピー
歩いてみると、結構狭い道路だ。こりゃあ電車と接触したらただじゃ済まないぞ。

120121熊鉄 (146)のコピー
先ほど乗ってきた電車(御代志行き)が戻ってきた。この区間には特別に信号機などは無いようだが、併用の起点と終点には別の道路との踏切を兼ねた警報器がある。どこまで行っても打鐘式だ。

120121熊鉄 (148)のコピー
カーブの軋み音をたてながら、悠々と進んでゆく

120121熊鉄 (149)のコピー
何とも言えない、不思議な風景である。この区間も架線柱は木だ。

120121熊鉄 (150)のコピー
駐停車の車の位置は重要だろうな。

120121熊鉄 (155)のコピー
狭軌のレールとバラスト。バラストの上を車が滑走することはない。私の知っている路面電車の併用軌道は、レールの間もアスファルトだから何も問題ない。けれどここは一般車も容易には近づかないだろう(駐停車横断除く)。バラスト軌道は運行妨害防止にも一役買っているのかもしれない。

次は藤崎宮前行きの電車を順光で反対側から待つとしよう。商店や郵便ポスト側から撮るのだ。


にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://fastclip.blog62.fc2.com/tb.php/1275-ffa9ce6d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。
現在は全国各地の貨物列車のコンテナを中心に撮影しています。面白いネタがあれば紹介します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン