スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分駅日豊本線高架上~過酷レールウォーキング

2012年3月10日 晴れ
駅ホームの見学が終わり、いよいよ混雑している本線高架ウォーキングの方へ行ってみた。だがまさかこんなにも過酷なイベントになるとはまだ想像していなかった。ウォーキングスタート大分駅と西大分駅の間で行われるのですが、ここの途中にある大道陸橋跡付近の保守用階段から上に登るのです。でも大分駅からその会談まで約500mありますが、300mは過酷な行列が待ち構えていました。
 
120310rail-walk-Fes (259)のコピー
行列の最後尾に並び始めたのが、11時40分頃。10分後に行列が高架の奥まで続いていることが分かり、私の周りで並んでいた人達騒然!なんじゃこりゃ~ってな感じだった。

その後なかなか列が動かない。どうしてかと苛ついていたら信号待ちだった。また対向の歩道には行列が続いているので、それが減らないと一般歩行者などの迷惑になるので、容易には進められないのだ。まさに入場制限ならぬ進行制限がかけられていた。行列のそばにはJR九州のスタッフがついていて、進行の整理や呼びかけなどをしている。途中スタッフが拡声器で「想定外の人が押し寄せているので、階段で大混雑している影響で、この辺りの方は1時間から1時間半は入れません」と言われた時は、ちょっとショックだった。甘かったな~おれの計画(汗)

120310rail-walk-Fes (260)のコピー
12:41
高架下までやって来たが、階段はまだ100m先でもううんざり。でも階段が近くなってきたせいか、前進が徐々にスムーズになってきた。

120310rail-walk-Fes (261)のコピー
13:05
やっと階段が見えてきた。でもまだ階段まで列がカーブしているので近いようで長い。でも日向に来たので嬉しくなった。

120310rail-walk-Fes (264)のコピー
13:15
並び始めて1時間半(約90分)、やっと高架上にたどり着きました。でもこんなに多くの人達が高架に上がっていることは、降りるにも行列が出来ているだろうと予想はしていましたが、やっぱりすごい長さの行列が見え、正直帰りの列車の時刻に間に合うか心配になってきました。

120310rail-walk-Fes (269)のコピー
いくら乗務員用と言っても、全く手すりが無いのは怖いですね。何も車両がいない状態では使わないでしょうが。でもここで降りてどこへ行くのでしょうか?今回の保守用階段の下に乗務員用詰め所でも建てるのかもしれませんね。

120310rail-walk-Fes (270)のコピー
晴れて良かったです。両壁も高いのであまり寒さを感じません。

120310rail-walk-Fes (271)のコピー
レールはわざと外されています。繋げると信号のシステムに影響するのでしょう。

120310rail-walk-Fes (280)のコピー
今日明日のウォーキングだけ許される、線路内での遊び(右下の子供達)、線路での休憩お座り(中央の親子)

中には自宅のソファのようにくつろぐ小学生達や、レールを平均台に例えてずっと落ちずに歩き続けられる非常にバランスの良い子(おそらく体操かバレエでも習っているのかも)、バラストを別の場所に積み上げる子達がいた。これらは開通後にやったら大変な事になりますのでご注意を!

120310rail-walk-Fes (287)のコピー
西大分側の高架終点部まで1.3キロあるようですが、そこまで歩いてくる方はあまりいないせいか、空いています。

120310rail-walk-Fes (289)のコピー
途中走ったりして、人をかき分けたりして、15分かけて端っこまで来ました。カメラレンズを交換する余裕が無いので撮っていませんが、ここから西大分駅が見えます。

120310rail-walk-Fes (293)のコピー
13:35
ちょうどソニックが来たので激写。私の周りにはどう見ても撮り鉄っぽい人達が溜まっています(笑)
”こんな構図で撮れるのは公開日限定期間の今日明日だけ”ということです。

ウォーキングは朝8:30から始まっているので、ここから4075レを撮った人もきっと居ることでしょう。でも乙津川鉄橋の方が断然良いので別に私は後悔していません。

折り返して降りるための列に急ぎます。

120310rail-walk-Fes (296)のコピー
軌道の上を闊歩する人達。なんだか滑稽な風景です。

降りる行列も30分近く待ち、なんとか降りることができました。高架下にはまだ若干行列が残っていましたが、その人達はイベント自体が15時までなのでそんなにゆっくり見るのは難しいでしょうね。

帰りの列車には間に合いました。ほっと一息でした。

120310rail-walk-Fes (304)のコピー
元々陸橋があった場所です。高架工事のために日豊本線を跨ぐ陸橋が壊され、大きなPC桁橋が架けられ、暫定で踏切が設けられています。きっと夜間封鎖の大工事だったのでしょうね。そんな昔話もあり、3月17日には踏切が廃止され、交通渋滞も解消されるのでしょう。

何かが生まれて何かが消えるのです。この場所では高架完成により渋滞が解消されて、踏切が消え、警報器の音色も過去のものとなります。電車の音は多少するでしょうが、騒音が減り夜も寝やすくなるかもしれません。その代わりに電車の音が分かっても、一般には何の電車が来たかは気にならなくなり(音で判断するかもしれない)、やがて高架上に関心が行かなくなるでしょう。高架よりも高い位置に住んでいるなら別でしょうが。そして街中に溶け込んでいくのです。

翌日もウォーキングイベントがありましたが、入場待ちはもっと過酷だったと聞いています。


にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://fastclip.blog62.fc2.com/tb.php/1314-b0517c6f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
撮影はほぼ毎週休日にしています。タンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを今後も変わらず撮っていきます。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。