真夏の西九州満喫きっぷの旅~松浦鉄道

2012年7月28日 晴れ 松浦鉄道の車窓から
JRから松浦鉄道(MR)へ乗り換えました。幸い乗り換え時間も長くもなく短くもなくでした。今回は平戸回りで佐世保まで乗り鉄です。さて私と同じ事している人はいるだろうか?

120728満旅MR (145)のコピー
乗車した佐世保行きはMR-401であった。MR-600に乗りたかったなあ~。でもMR-401は貴重なんでしょ?

120728満旅MR (156)のコピー
出発して早々、左の有田行き線路と別れました。そっちへはまた今度ね!と再訪を誓う私でしたが、早速本日8月5日に行きました(笑)が、その記事はまた今度にしましょう!!

120728満旅MR (163)のコピー
海が見えてきました!わくわく

120728満旅MR (166)のコピー
しばらくは海に沿って走ります。優雅な景色が続きますね。午前中に来ていたら澄み切った水平線が拝めたかな?午後は眩しいくらいの水面が見られます

120728満旅MR (175)のコピー
月野川(つきのかわ)なら分かるけれど、調川で「つきのかわ」は読めませんね。難読駅?厳木には適わない?

120728満旅MR (176)のコピー
松浦発電所。火力でしょうね~。近くに松浦発電所前という駅があります。乗降客ゼロ。

120728満旅MR (181)のコピー
たびら平戸口駅に到着。私以外の乗客が全員降りてしまった(汗)。これから車庫にでも入るんかい?(笑)

この駅は鉄道線路としては日本最西端なのだよ。全国に東西南北の端駅がありますが、端駅訪問(通過)はここが初めてですね。さすがに最北端、最東端には行く時間がありませんが、最南端の西大山ならいつか~!

その看板を急いで撮影。女性駅員の背中を撮ってしまいました。こっちを向いてくれません。

かくして、ワンマンカーに私だけを運んでくれている専用汽車と化した佐世保行きは、さらに南下を続けます。一体いつまで私一人なんでしょう。これでATO運転で一人だったら怖いよね(笑)

120728満旅MR (178)のコピー
独りぼっちなら人目を気にせず撮り放題です。運転士さんの邪魔をしなければ~。

結局この独り占め空間は、江迎鹿町駅まで続きました。それでも佐々まで乗客2人という、輸送密度が極めて低い区間ですね。時間帯にもよるでしょうが。

120728満旅MR (187)のコピー
江迎鹿町駅直前に眩しい江迎湾を渡ります。

120728満旅MR (194)のコピー
山中ではだいたいこんな深い木々の中を走っていることが多いですね。

120728満旅MR (198)のコピー
高岩~清峰高校前の車窓から山にいくつもの風車が見えます(佐世保進行方向右手)。鷲尾岳350mですか?風力発電でしょうか?とても景色がいいですね。

120728満旅MR (202)のコピー
佐々に到着すると増結がありました。どこもそうですが、増結までは下車出来ません。この真夏にエンジンも切られて、連結に手こずって(笑)車内は蒸し風呂寸前!

でも増結されると前方が楽しめません。前方に移動しようとしたら、貫通扉を繋げてくれません。どうやらビアトレイン団体専用のようです。口惜しや~(笑)。仕方がないので最後尾から眺める事にします。

佐々駅で増結した団体車が先頭で、貫通路も開かないので車掌さんが乗り込んできました。でもドア開閉はしません。あくまで切符改札だけのようです。

120728満旅MR (205)のコピー
佐々駅は松浦鉄道唯一の車庫のある場所です。多くの車両がいました。

120728満旅MR (208)のコピー
上相浦(かみあいのうら)駅で大勢の中学生達が乗ってきました。部活遠征帰りでしょうか?車掌さんが慌てて対応していました。

そういえば、多くの駅の待合場には周辺の小中学校の卒業記念絵が飾られていますね。この上相浦駅にもありました。沿線の足として地元密着のかけがえのない路線ですね。

途中で「真申」(まさる)という人名のような読み方の駅名や、周辺に大学が点在しているから「大学」という妙な駅名もありました。全国で一番駅間距離の短い区間も通りました。

120728満旅MR (212)のコピー
佐世保に到着しました。疲れました~

なにせ、伊万里発が15:33で、佐世保着が18:07ですから、唯一完乗した私ですが2時間以上もローカル線に揺られていたのですね。こんな体験は久しぶりですね。こんなに長い距離を1本の車両が走り続けるって、どこにでも有るわけじゃ無いですよ。

いつか満喫きっぷの旅~長崎本線の時は、これよりも乗車時間の長い列車を体験することでしょう。その日はいつになるか全く分かりません(笑)。

120728満旅MR (216)のコピー
松浦鉄道の佐世保駅に並んだ2本の列車。西日が眩しすぎます。

さてこれで松浦鉄道の旅も有田線以外は終わりました。今日は時間もないので有田線はまた今度(8月5日乗車しましたが)にして、大牟田に帰りました。途中いろいろ撮った記事は発表済みだったり、未発表のままお蔵入りしたり、いろいろです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
撮影はほぼ毎週休日にしています。タンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを今後も変わらず撮っていきます。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン