スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中の夜景~何故あの場所に黄タンコ編成がいるのか?

2012年9月2日 真夜中 宮浦操車場の三坑町3号踏切で撮影
この日も映画を観たので、その帰りに遠回りして宮浦操車場に行ってみた。時刻は0時半。また明日起きられなくなるぞと意識していたが、とても夜間撮影が楽しくてつい調子に乗った(笑)。また、信じられないくらい思いがけない収穫があったのでこの晩に来て良かった。ラッキーとしか言い表せない。

120902宮浦夜景 (2)のコピー
真夜中の三坑町3号踏切はだ~れも通行しないのでなんだかドキドキです。いきなり出くわしたらビックリでしょうね。

120902宮浦夜景 (3)のコピー
闇夜に浮かぶ宮浦操車場の門扉

120902宮浦夜景 (8)のコピー
平らな場所にカメラを置き、シャッターを10秒開けっ放しにして3両の廃車体を撮ってみた。すると右奥に何故か黄色い何かがあるのが見えた。まさか黄タンコ?でもなぜそこ(海コンホーム側で普段使用されていない線路)に?

120902宮浦夜景 (13)のコピー
その方向に向けて再度撮影を試みたら~いるいる!!黄タンコ編成がいた~!!これは一体どういう留置だ?翌朝宮浦操車場を発つ編成には黄タンコがあるのだが、それは宮浦操車場内に留置されていたのだから、これはもう一つの返空編成?それとも何かトラブルがあってここに突っ込んでいるとか?なぞだ

120902宮浦夜景 (20)のコピー
さらに三脚を取り出して、門扉の前でシャッターを20秒開けっ放しにして再挑戦したら、番号まではっきり読めた。UT13C-8087、もう片方は8088となる。すでにコキ106にいつものような積み換えがされており、手前に伴車のコキ200がいた。

ここに編成を突っ込んだのは、単に適度な留置場所が無かったからかもしれないが、それなら宮浦操車場内に留置すれば良いのに、なぜわざわざこんな場所に?というのが私の意見。

120902宮浦 (103)のコピー
写真は今日撮影。謎の黄タンコ編成が留置されていた場所・線路
そもそも黄タンコがいたのは旧三井三池鉄道時代の本線でもあり、現在は線路終端に検重車を突っ込んでいる用途不明な線路なのだ。軌道はしっかりとしているし、架線も張られているので入線は問題ないようだ。

朝10時頃に宮浦操車場を覗くと、すでにその黄タンコ編成は宮浦操車場内への移動が終わっていた。そこに炭鉱電車が進入して、黄タンコ編成を牽く超レアなシーンが撮れなくて残念だったなあ。またこんなシーンあるかな?

しかし、今回の発見はまるで黄タンコが私に見つけて頂戴と言っているようなものだった。偶然とは恐ろしい。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
撮影はほぼ毎週休日にしています。タンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを今後も変わらず撮っていきます。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。