いつもと違う場所で第1便も編成作業を待つ~宮浦操車場

2013年2月23日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
1151レを撮影後、いつものように宮浦操車場へ行ってみた。でもいつもより開門が遅かった。時間があったので、いつもの東泉町2号踏切付近でない駅事務所奥へ散歩してみました。

130223宮浦1 (10)のコピー
朝日で淡く輝く銀タンコ12個 コキ104らに積載された方です

コキ104-1312にUT13C-8033・8034・8039、コキ104-2475にUT13C-8040・8059・8060、コキ106-253にUT13C-8055・8056・8047、コキ104-721にUT13C-8046・8037・8038という風に積載されていました。全くずれがありませんね。常にペアが奇数+偶数で並んでいます。積み換えをすると間違えそうですが間違えていませんね。

130223宮浦1 (16)のコピー
駅奥には返しの黄タンコが居ました。UT13C-8087・8088です。朝日で仄かに輝いていました。

130223宮浦1 (11)のコピー
近くのコキ106の全般検査には平成30年の文字が!!20年代も折り返したのですね。

130223宮浦1 (19)のコピー
朝の点検を終えた炭鉱電車45t19号機がやっと動き始めました。

130223宮浦1 (22)のコピー
普段は東泉町2号踏切にいて撮ることが多いので、この辺で連結を待っているのが新鮮です。このあとは出発シーンを撮ろうと移動したのですが、またしても珍事が発生しました。つづく。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン