FC2ブログ

満喫きっぷの旅10~寂れた鹿児島駅

2013年5月4日 晴れ 鹿児島本線に属する鹿児島駅ホームで撮影
この駅を何コマか撮ってみました。無意識で撮ったのに偶然面白いものが写っているのが分かりました。

130504鹿児島貨物 (118)のコピー
鹿児島駅の駅標。桜島が描かれています。

130504鹿児島貨物 (124)のコピー2
462キロポストが見えます。これって日豊本線のものなのか?時刻表の営業キロと合いません。何故でしょう?

時刻表では門司から468.1kmになっています。6kmのズレは一体・・・調べて見ようかな?

130504鹿児島貨物 (122)のコピー
400キロポストが見えます。これは鹿児島本線(肥薩おれんじ鉄道含む)の分でしょうが、やはり時刻表の営業キロと合いません。門司港から計算しても1.5km足りません。何故でしょう?これも調べて見るか。

130504鹿児島貨物 (123)のコピー
2本の異なるキロポストが横たわっている台は、昔使用されていた5番線ホームの名残です。この写真には跨線橋の基礎や階段の一部が残っています。

130504鹿児島貨物 (139)のコピー
ホーム東端から見た、貨物ターミナルの操車係専用の木製足場がある鉄橋・踏切が見えます

130504鹿児島貨物 (131)のコピー
ホームは10両ほどに対応していますが、最長でも6両なのでこの付近は使われていません

130504鹿児島貨物 (143)のコピー
桜島観光は当駅で下車して行けます。昔は賑わったのでしょうか?玄関口が中央駅ですから鹿児島駅ってどういう機能や位置づけの駅になっているのでしょうか。

130504鹿児島貨物 (141)のコピー
架線はあるのに今は使われていない1番線です。使用されているのは2~4番線ですね。貨物は中央の線路を利用しています。

130504鹿児島貨物 (137)のコピー
きりしま13号が到着しました。終点は鹿児島中央です。

この後、桜島観光に向かいました。駅入場だけですがこの駅から桜島観光に向かった数少ない利用者となったか?(笑)歩くのが面倒なので、市電で水族館口まで利用しましたが。

 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
鹿児島駅のキロポストについて調べて見ました。

まず鹿児島本線の400kmについてですが、1961年まではちょうど400kmあったそうです。その後、博多駅の位置変更や、枝光~戸畑の線路変更などにより1.5km短くなったそうです。でも当時のまま400kmで残しているそうです。残している理由は分かりませんが、ロマンなのでしょうね。

次に日豊本線の463kmですが、これは落ち着いて考えてみると分かりました。日豊本線の起点は小倉駅です。時刻表の営業キロを見たら468.1kmになっていますが、これは門司からです。なので門司~小倉の駅間距離5.5kmを差し引くと約462.6kmになります。終点駅特権で四捨五入して設置されているのでしょうね。

調べて見ると新しい発見がありました。勉強になりますね。
スポンサーサイト



Comment

社長 | URL | 2013.05.14 22:19 | Edit
UTXCさんこんばんは
ブログへのコメントは久しぶりとなります、社長です。
GW中の来鹿の記事がアップされておりましたので、コメントさせていただきます。

私の手元に、日本交通公社の時刻表1988年3月号があります。それによると、
鹿児島本線 門司港-鹿児島間の営業キロは、399.5キロですから、400キロでまったく問題ありません。
また日豊本線 小倉-鹿児島間の営業キロは、461.7キロですから、こちらも462キロでまったく問題ありません。
したがって、営業キロやキロポストと博多駅の移転や戸畑-枝光間のルート変更は、まったく関係ないということになります。

ついでに補足しますと、営業キロというのは運賃計算が絡むので、複線化によるルート短絡などで少々変わっても修正されないことがままあります。

またキロポストの方も、ルート変更区間やその先の区間は直されることがありますが、そのまま古いものが放置されていることもあるので、こちらも正しくはありません。

結局のところ、営業キロもキロポストも正しくないので、正しくない物同士を比較しても答えは見つからない、というのが正解です。(苦笑)
UTXC | URL | 2013.05.19 21:01 | Edit
> UTXCさんこんばんは
◆社長さんこんばんは
> ブログへのコメントは久しぶりとなります、社長です。
> GW中の来鹿の記事がアップされておりましたので、コメントさせていただきます。
◆コメントありがとうございます
> 私の手元に、日本交通公社の時刻表1988年3月号があります。それによると、
> 鹿児島本線 門司港-鹿児島間の営業キロは、399.5キロですから、400キロでまったく問題ありません。
◆しかし、古い時刻表をよく持っていますね。私なんてかさばるので3年以上前のはありません
> また日豊本線 小倉-鹿児島間の営業キロは、461.7キロですから、こちらも462キロでまったく問題ありません。
◆日豊本線は、小倉が起点なので私の勘違いでした。鹿児島本線は結局ネットで調べて・・・です。やっぱり本物は違いますね。納得いきました。
> したがって、営業キロやキロポストと博多駅の移転や戸畑-枝光間のルート変更は、まったく関係ないということになります。
>
> ついでに補足しますと、営業キロというのは運賃計算が絡むので、複線化によるルート短絡などで少々変わっても修正されないことがままあります。
>
> またキロポストの方も、ルート変更区間やその先の区間は直されることがありますが、そのまま古いものが放置されていることもあるので、こちらも正しくはありません。
>
> 結局のところ、営業キロもキロポストも正しくないので、正しくない物同士を比較しても答えは見つからない、というのが正解です。(苦笑)
◆ま、ミステリーのままでも良いのでしょうね。あとは謎解きを考えるか考えないかです。
Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン