スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工場引き込み線が残念な風景になりました

2013年7月15日 曇り 三井化学専用鉄道 宮浦操車場~工場引き込み線
もはや語るのも残念な記事なのだが、ついこの前までは大牟田川と浅牟田108号踏切があった方向の風景が現在どう変化してしまったかをお届けしましょう。取り敢えずは在りし頃のあの風景から~。

09-3-29浅牟田108踏切 (6)c
2009年3月29日 初めて宮浦操車場を発見したあの日に撮った浅牟田108号踏切

09-9-22浅牟田町108号踏切 (18)c
2009年9月22日撮影 浅牟田108号踏切を往く銀タンコ この踏切に近づいての風景が宮浦操車場付近では一番の目玉でも有り、有名なスポットだったはず

09-9-20宮浦 (87)c
2009年9月20日撮影 きっと多くの撮り鉄さんが撮っていないと(撮り逃しているか、そもそも興味が無い風景)思われる俯瞰風景美写真

ああ、あの頃が懐かしい。そして約4年が経とうとしています。

*************************************

約3年前に道路が封鎖され、川が付け替えられ埋められ整地され、レンガ塀は残ったものの。そして以下が現在の姿です。ショックでしょ?まあ民間の土地なので仕方がありませんね。今まで撮らせて貰えて感謝したい程です。

130715宮浦操 (48)のコピー
殺風景な柵が立ち、風景が台無しです

130715宮浦操 (49)のコピー
浅牟田108号踏切跡付近は焦点を合わせにくいです

130715宮浦操 (50)のコピー
何とか最奥まで焦点を合わせてみました。踏切設備というものは一切無く、ただのアスファルトの無機質な道路が広がっているだけです。ここは一体何になるんだ。がらんとしているだけまだマシでしょうか。

気になる反対側のゆめタウン側は・・・

130714三井化学 (38)のコピー
工場の外側の門扉が立てられ一般人は立ち入りが出来ません。この中に入れるのは年に一度のオータムフェスティバルの時だけでしょうね。それでも浅牟田108号踏切があった付近への立ち入りは厳しく制限するでしょうね。もう近づくこともまともに撮影も出来ない工場引き込み線に成り果てました。

今後はいかにして撮影するか考えてみますが、工場敷地と化している柵の中を撮影するのはどうも気が向きません。今までは道路があったし、遮るものが一切無かった風景だったので気兼ねなく撮っていましたが、条件が変わってしまいました。

 
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
撮影はほぼ毎週休日にしています。タンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを今後も変わらず撮っていきます。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。