九州時計回りの乗り鉄(2013-8-11)~豊肥本線

2013年8月11日 晴れ 豊肥本線
大分駅で昼食後、豊後竹田行きの列車(キハ200-2両)に乗車しました。お客は少なく先頭の助手席側からガラス越しに撮影していたら、怖そうな酔っ払い?にどやされたので途中から座席からの撮影に変えました。

130811豊肥本線 (159)のコピー
大分駅を出発です。出発信号機の下に豊肥本線の肥の表示があります。久大本線の場合は久かな?

途中、大分近郊圏内である中判田駅までは特にこれと言った特別な風景はありませんでした。ただ中判田~大分大学前に25パーミルの急勾配があるのは意外でした。登った山の上に中判田のそこそこ大きな街があります。

130811豊肥本線 (180)のコピー
中判田以西はローカル風情たっぷりな路線です

130811豊肥本線 (185)のコピーのコピー
車両限界ぎりぎりに見える跨線橋がありました

130811豊肥本線 (205)のコピー
大分から1時間20分ほどで豊後竹田駅に到着です。竹田市出身の作曲家滝廉太郎氏の「荒城の月」と異様な数の幸せを呼んでいるかのような黄色いてるてる坊主達に出迎えられました。この数は凄い!そして曲は切ない!!

次の宮地行きの列車まで1時間あるので途中下車します。

130811豊肥本線 (206)のコピー
昨夏の大水害で長らく不通になっていました豊後竹田~宮地は先週4日に開通・復旧しました。このポスターは当時の開通・復旧を街・沿線で盛り上げる・歓迎するために作られたようですね。

130811豊肥本線 (218)のコピー
駅舎の中にある観光協会前の机に暑くて動けない真っ黒な猫が寝そべっていました。タブレットを使いすぎてもう飽きたのでしょうか(笑)?私が近づいても薄目すら明けようとしません。眠れよ静かに♪

130811豊肥本線 (215)のコピー
駅舎外には巨大な黄色いてるてる坊主が吊されていました。あまり大きいと首つりに見えるぞ(^_^;)

130811豊肥本線 (220)のコピー
竹田の商店街には復旧を祝う横断幕が~でも猛暑で商店街には人っ子一人いません。歩いているのは私だけか。んなわけないよね~。

130811豊肥本線 (216)のコピー
さて豊肥本線にも久大本線の豊後森~湯布院や日豊本線の佐伯~延岡のように極端に普通列車の便数が少ない区間があります。それが今回復旧したばかりの豊後竹田~宮地なのだ。見よ!この時刻表のスカスカを!

130811豊肥本線 (223)のコピー
大分から乗ってきた乗客の中にはいかにもって言う撮り鉄さんが何人かいました。中にはおそらく長距離旅行中で大きなリュックを背負っている本格的な鉄子さん(多分一眼レフ所持)を初めて見ました。これから乗車するキハ
220を熱心に撮っている青年がホーム奥に写っていますよね。私が邪魔のようです(笑)

130811豊肥本線 (226)のコピー
宮地行きが出発する前に大分からもう1便がやって来ました。乗客の大半は復旧したばかりの豊肥本線乗り鉄目当てでしょうか?それとも単に移動か旅行中。当然一部地元の人もいましたよ。欠かせないマイレールです。また撮り鉄さんも増えました。お疲れ様でした。

たくさんの数え切れない幸せを呼んだ黄色いハンカチで作られたかもしれないてるてる坊主達に見送られ出発です。

豊後竹田から玉来、豊後萩、滝水、波野、宮地と駅が続きますが全部紹介しきれないので割愛します。

130811豊肥本線 (243)のコピー
波野駅は九州で一番標高の高い場所にあるのですね。それは初耳でした。

豊後竹田以西には所々に水害の爪痕らしきものが残っており、軌道改良・工事の跡がはっきりしています。

130811豊肥本線 (249)のコピー
さてここからが最大の被災現場である「坂の下トンネル」の波野側です。急に下り勾配(25パーミル)になっています。今ではとてもローカル線とは思えないような立派な軌道に生まれ変わっています。

130811豊肥本線 (212)のコピー
レールがまるで水飴の様に噴出してきたショッキングな写真をご存知の方がいらっしゃると思いますが、まさにそれがそのトンネルなのです。

何でも当時は波野側のトンネル入り口から濁流のように流れ込んだ土石流が、坂の下トンネル内部に超強力な水圧と浮力を生じさせレール・まくらぎを押し出したというのです。自然の驚異侮れ難し・・・。

130811豊肥本線 (251)のコピー
こちらが宮地側のトンネル出口。ここに噴出したぐにゃぐにゃのレールが溜まっていたそうな。廃棄の搬出はさぞかし大変だっただろう。

130811豊肥本線 (253)のコピー
まだところどころ工事は終わっていないようですが、誰も居ません

それにしても波野~宮地の軌道強化・改良ぶりは圧巻でした。本当にローカル線なのかっいうくらいに見えます。同じ条件で再び洪水が押し寄せてもびくともしない設計になっているそうです。

130811豊肥本線 (269)のコピー
30分ほどで宮地駅に到着です。SL用の転台車が残っています。昔のあそぼーい用ですか?

130811豊肥本線 (272)のコピー
宮地駅にもたくさんのてるてる坊主達が~

130811豊肥本線 (274)のコピー
駅待合室内に復旧までの書類や写真を展示しているコーナーがありますが、お客さんのほとんどはスルーです。

ここでも1時間待ちです。接続がすごく悪いです。宮地駅まであそぼーいが来るので一時賑やかでした。肥後大津行きの列車(キハ47-2両)が来る直前夕立が来ましたが、幸い濡れず。

ここにも多くの大人の撮り鉄さん、大荷物の鉄子さん、親子鉄などさまざまでした。

130811豊肥本線 (281)のコピー
最後に立野スイッチバックです。スイッチバックのために停車する前に、きったない窓から立野駅を俯瞰撮影してみました。意外と列車内から立野駅を探すの面白いですよ。

立野駅からは南阿蘇鉄道からの乗り換え客などで車内はいっぱいになりました。親子連れ多かったです。

肥後大津からは疲れに追い打ちをかけるようにロングシートの815系でしたが、熊本から乗り換えたヤツも815系でした。朝夕は817系引っ込めるのかな?

乗客の中には豊後竹田から御一緒だった方もグループもいました。みんな乗り鉄万歳なんだな~。おわり
 

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

平八郎@諌早 | URL | 2013.08.15 12:31 | Edit
私達も同じ日に阿蘇から豊後竹田まで
列車旅しましたよ

黒猫さんに私達も出会って
波野駅の感想も同じでした

少年時代は国鉄の時刻表で日本一周しておりました

久しぶりの列車旅で少年時代に戻った気分の
一日でした、また列車旅したいです。
UTXC | URL | 2013.08.19 23:58 | Edit
◆こんばんは、平八郎@諫早さん。お返事遅くなりましてすみません
> 私達も同じ日に阿蘇から豊後竹田まで列車旅しましたよ
◆そのようですね。時間ズレのニアミスでしょうか(笑)
> 黒猫さんに私達も出会って
◆黒猫さんは一体何時間寝ているのでしょうか。
> 波野駅の感想も同じでした
◆波野駅の位置は意外でしたね。てっきり大畑かと思っていました。
> 少年時代は国鉄の時刻表で日本一周しておりました
◆少年時代に日本一周ですか!?そりゃすごい
> 久しぶりの列車旅で少年時代に戻った気分の一日でした、また列車旅したいです。
◆私もです。お疲れ様でした。
Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン