FC2ブログ

液化塩素タンクコンテナUT13C-8000用を黄タンコと呼びます

2009年12月26日 宮浦操車場にて撮影
突然、何の前触れもなく目の前から消えていった国内最後の黄タキ疾走から10数日後、突如として宮浦に現れた新型貨車(と言ってもコキ200に載っている部分だけですが)液化塩素タンクコンテナUT13C-8000用。黄緑色のフレームに黄色のタンクを収納した次世代のタンクコンテナである。今後、この車両についても記事にしていくわけだが、何せ正式名称が長いのでどう呼べばしっくり来るか困っています。黄タキだっから、黄コキという訳にもいかず。う~ん、黄タンクコンテナ、黄タンコ、黄タコン。濃硝酸の方は今までコキを称していたので、ますますこんがらがってきます。誰か良い呼び名ありませんか~?しばらくは、銀タンコ、黄タンコと呼ぶか。浸透しなさそう~。

そんな悩みの中、今回は黄タンコを紹介します。まだ詳しくは見ていませんが、ディティール満載ですね。そのうち黄タンコ~ディティールとでも行きましょうか(^^)

09-12-26宮浦 (88) のコピー
以前の黄タキと同じく、表裏で付属品が違います。とりあえずこの写真を表側としますか。
苛性ソーダ、石灰石箱が同じ側に集まっています。

09-12-26宮浦 (68) のコピー
こちら側が裏側。装備品なんとやらの箱付きです。

09-12-26宮浦 (69) のコピー
裏側を1タンク毎に撮影しました。
黄緑のフレームには小倉、門司という風に載せる向きらしきラベル貼られています。でもなして?

09-12-26宮浦 (70) のコピー
小倉門司小倉門司という順番ですね。大牟田へ南下する4175レを東側から見たら、この写真の向きになります。

天気が悪く、撮影スキルが低いの今日はここまで。27日は大牟田駅3番線ホームから、黄タンコを近場から激写しますので、表面の文字数字などはそちらに御期待ください。とりあえず、今回はぱっと見の姿紹介まで。


にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://fastclip.blog62.fc2.com/tb.php/217-ff93147e

Comment

ぼうず | URL | 2009.12.27 18:48
呼び方、難しいですね、黄コンかなぁ。いやまぁ変換すると「既婚」が先に出てきますが。

「表」「裏」と書かれていますが、一般にコンテナ中央から見て前の右側を1位側、左側を2位側と呼ぶようです。1位側と同じ側の後ろは3位側、同じく2位側の後ろは4位側。従ってTPC10さんが「表」と称した側は2-4位側、「裏」と称した側は1-3位側となります、多分。
このUT13Cの場合、シッカリと「前」「後」と書かれていますので判りやすいですが、経験上2-4位側にのみ小さい検査証差し(←ワタシが勝手に名付けてます^^;)があるようです。検査票差しは
http://lazybose.net/freight/2009/02/post-113.html
でも参考にして下さいませ。画像が小さくてハッキリとは判りかねますが、このUT13Cも1-3位側には無くて2-4位側にはあるように思えます。(後の下側の斜めの梁)

他にも観察すると色々なコトが判りそうですね。実物を見てみたいモンです。
Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン