FC2ブログ

27日朝8時台の大牟田駅

2009年12月27日 JR大牟田駅近くの市営駐車場に車を停め、入場券を購入して大牟田駅1番線ホームへ。
博多側へ目をやると、はるか遠方にED76のヘッドライトが見えました。急いで撮影を始めました。

09-12-27大牟田駅 (13) のコピー
8:01 4175レが大牟田駅に入線してきました。
編成はED76-1016+銀タンコ3両+黄タンコ2両でした。

09-12-27大牟田駅 (15) のコピー
8:01 写真にも写っていますが霜が降りていました。マクラギや使われていないレールは若干白かったです。
大牟田市内は寒い朝でしたが、陽が高くなるにつれて暖かくなってきました。

09-12-27大牟田駅 (25) のコピー
8:07 早速3番線ホームへ向かい、お目当ての黄タンコを間近で撮ってみました。
陽が高くなるにつれて(時間経過とともに)、光が下の方へ移動していくのが分かります。

09-12-27大牟田駅 (26) のコピー
8:07 やはり宮浦で撮った方がきれいに写りそうです。取り敢えず間近で得られる情報を探しました。

09-12-27大牟田駅 (28) のコピー
8:08 到着後に荷札を回収し、ED76機が離れた頃の専貨の様子
黄タンコの断面がよく分かります。五角形?それに銀タンコよりもフレームの構造が簡素だな~。しかし、銀タンコにあって、黄タンコにないものがありますね。それは何でしょう?苛性ソーダや石灰石は除いて。

09-12-27大牟田駅 (60) のコピー
8:30 DE10が機回しして、専貨を仮屋川方向へ引っ張った頃の写真です。9:04頃出発までこの状態です。
比較してみましょう。銀タンコにあって黄タンコにないもの。

09-12-27大牟田駅 (64) のコピー
8:31 そう!それはフォークポケットの有無である。黄タンコにはそれらしいものがついていない。つまり黄タンコは天井クレーンなどの設備がないと、コキ荷台から外せないのだ。だからフレーム側面の構造が違うのかな。吊るのと、大型フォークリフト移動ではタンク自体の曲げ強度・剛性の違いで、構造上の補強方法が違うのでしょうね。

この後、駅を出て9:05に有明町踏切を通過するDE10専貨を撮影したが、露出度のお試しで失敗。真っ白になった。
何でこんな事をしているかというと、まあいろいろあるわけで(^▽^)/

さらにその後は宮浦操車場で先程撮影した専貨を待ち合わせ。黄タンコ登場後では初の撮影者に遭遇しました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://fastclip.blog62.fc2.com/tb.php/220-081ddb4d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン