スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日のフルコース

2014年7月26日・27日 曇り 大牟田市内
1ヶ月ほど前のある日、市内で撮っていたらed731003氏が連れてきた?某北九州の撮り鉄さんを紹介してくれて、「彼にUTXCさんのフルコース」をお見舞いしてよというようなフレーズを残して立ち去っていた。そもそもここでいう「フルコース」とは何か。それはカテゴリ「大牟田専貨」「三井化学専用鉄道」「カモレ」に値する。当ブログでは「フルコース」記事を書いちゃうと3大カテゴリを重複してしまうので滅多に書かないのだが・・・・。「撮影コース」カテゴリでも作るしかないか。

フルコース、まずは土日祝日なら7時50分すぎに通過する大牟田専貨から撮影スタートです。平日は5分早いよ。

140726-1151レ (3)のコピー
1151レ EF81-303 銀5+黄1の編成

急がなくても良いから宮浦操車場に移動。このままこの付近(専用線沿線)で第1便を狙うのもよし。

140726宮浦 (13)のコピー
宮浦操車場で45t電車機回しを見る

140726宮浦 (15)のコピー
本日の第1便カモレの編成化作業を見届ける。出発が遅かったら、1151レの撮影場に戻っても、国道を横断する旭町1号踏切で撮影するもヨシ(間に合えば良いのだが)。

140726宮浦 (18)のコピー
第1便出発(仮屋川操車場行き)。今日の1152レとなる編成。

急いで1151レの撮影ポイントへ移動。クルマならルートを知っていれば楽勝。自転車なら無理に宮浦操車場に行く必要ない。後からでも十分堪能出来る。

140726旭町駅 (22)のコピー
宮浦操車場に帰る45t電車単機回送

140726旭町駅 (23)のコピー
鹿児島行きの4093レ ナナロクが牽引 26日は81号機だった。ぱーいち?(笑)

140726旭町駅 (24)のコピー
運が良ければ、45t電車単機、4093レ、下り西鉄特急の並びを目撃できるかもしれない。いつも微妙なタイミングで現れるのだよ。特に4093レと西鉄特急が。

この後は約45分も何も撮るものがない。クルマで急げば、大牟田駅構内でのDE10機回しが見られる。自転車なら無理せず、大牟田駅北側の幅の広い「有明町踏切」で機回しの一部が楽しめる。その後でも半時間撮るものがない。西鉄電車や国鉄型電車でも撮って過ごすか、同業者が側に居たら談笑して時間を潰すのもいい。構内貨物の走行シーンのロケハンにも使える。

140726仮屋川操車場南 (29)のコピー
基本鹿児島本線沿線ならどこでも撮影出来る、仮屋川操車場行きの構内貨物列車。

140726仮屋川操車場南 (50)のコピー
宮浦操車場や国道を横断する旭町1号踏切で撮るのも構わない、45t電車の仮屋川操車場行き回送

140726仮屋川操車場南 (54)のコピー
この後大きな移動は慎んだ方が良いかも。第2便貨物はのんびりやって来る。

仮屋川操車場に近いほど折り返し時間が短い。
第2便を撮り終えてから、すぐに宮浦操車場に向かうものだが、10分後に8057レという熊本行き貨物(EF81牽引)が来るので鹿児島本線沿線で待つのもいい。

宮浦操車場より離れた場所で第2便カモレを撮影した場合、宮浦操車場内での編成切り離しや入れ換え作業が見られないこともある。

140727宮浦 (56)のコピー
22t電車バッテリー駆動による銀タンコ1両牽引。黄タンコの時もあるが。

140726宮浦 (62)のコピー
約10分で単機で戻って来る。

この工場入出場を最後まで撮るのもヨシ。2往復程度で切り上げる人もいる。そんな方にお勧めなのが

140727DE10構内貨 (61)のコピー
大牟田駅に戻る構内貨物を撮ることだ。

大牟田駅構内外でも機回しなどいろいろ楽しめるが、これは私にとってはオプションなので、フルコースからは除外させて頂きます。(ホームに入るだけなら入場料が必要ですし)

初めて大牟田に来て、ここまで堪能出来たら満足だと思いますよ。なお、フルコースは何通りもあるので、この記事の通りの場所に行けば良いというものではなく、数ある内の1コースと捉えて下さいね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

ちゃぁ | URL | 2014.07.29 00:37 | Edit
ブログの撮影時間を参考に7月20日と7月26日でこのコースを堪能できました^^
また大牟田駅の北側の踏み切りで目の前で止まる機関車も見ることができて良かったです。

夢タウン駐車場裏の歩道橋からの俯瞰撮影や風景の中の炭田も撮影していきたいなと思っています。
UTXC | URL | 2014.07.31 21:24 | Edit
> ブログの撮影時間を参考に7月20日と7月26日でこのコースを堪能できました^^
> また大牟田駅の北側の踏み切りで目の前で止まる機関車も見ることができて良かったです。
◆ちゃあさん、随分と熱心ですね。過去ここまでプロパティ検索をされた読者さんがいたかどうか。
 宮浦操車場とかで読者に会う度、何時頃?って質問されるあたり、ちゃあ式検索はされていないのでしょうね(笑)。
> 夢タウン駐車場裏の歩道橋からの俯瞰撮影や風景の中の炭田も撮影していきたいなと思っています。
◆ゆめタウン従業員駐車場は立ち入りを制限されているため最近は入っていません。あの跨線橋は線路側が高い壁になっているため真上からの撮影は脚立かステップが必要ですね。仮屋川操車場行きは要るけれど、宮浦操車場行きは階段からでも十分に撮れますよ。人の目が相当気になります。今度試してみようかな?
ちゃぁ | URL | 2014.07.31 23:27 | Edit
ゆめタウン側から跨線橋(鉄道線路をまたぐものは跨線橋って言うのですね)に入るときには制限があることに気づきませんでした^^;

おっしゃるとおり階段からガーデンホテルをバックに炭電がある風景的なものを考えています。
UTXC | URL | 2014.08.01 07:41 | Edit
> ゆめタウン側から跨線橋(鉄道線路をまたぐものは跨線橋って言うのですね)に入るときには制限があることに気づきませんでした^^;
◆ちゃあさんへ。跨線橋に登る制限はありません。従業員駐車場に一般車入場を制限(注意書き)されているだけです。
> おっしゃるとおり階段からガーデンホテルをバックに炭電がある風景的なものを考えています。
◆きっと満足しますよ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。