三池炭鉱鉄道の線路敷跡ウォーキング(2015-5-4) その3

2015年5月4日 曇り 荒尾市内
十三間道路を渡ります。

線路敷跡wolking (34)のコピー
西原(にしばる)駅跡はホームしか立ち入れないようになっています。

線路敷跡wolking (35)のコピー
この付近は最後まで複線だったのかな?

線路敷跡wolking (36)のコピー
廃止後20年近くになるのに、プラットホームにはアスファルトも白線も残っています。いいね。

線路敷跡wolking (37)のコピー
灰皿入れが残されていました。今は土砂で塞がっています。何か文字が書かれていますね。もう読めません。

線路敷跡wolking (41)のコピー
駅名標の復刻でしょうか?

線路敷跡wolking (43)のコピー
ホームで来ない電車を待つ(笑)参加者達

線路敷跡wolking (46)のコピー
昔はこんな風景だったのですね。ホーム端に案内掲示板が立っていました。これ便利ですね。

線路敷跡wolking (49)のコピー
で、現在地を示す地図掲示板。これも非常に助かります。ブログ読者さんも思わず頷かれるでしょうね。

線路敷跡wolking (51)のコピー
本線は複線でしたが、駅の南側(某ディスカウントストアと南側ホームの間)には国鉄時代に荒尾駅と繋がっていたという線路が敷設されていたスペースがありました。四ツ山神社の南側にも線路が伸びていたこともあり、この駅周辺は4本近くの線路があったのかな?

線路敷跡wolking (52)のコピー
西原駅のすぐ東側の小さな踏切跡。ここより東側は立入禁止です。

線路敷跡wolking (54)のコピー
立入禁止にしている理由はいろいろありますが、中には踏み抜きそうな鉄板や凹凸、または脆い鉄橋などが現存しているから万が一事故があったら大問題になるからなのでしょう。確かにこの先は除草がされていないくて寂れた小さな鉄橋がありましたね。何も知らないと落下するでしょう。

線路敷跡wolking (56)のコピー
後は原万田駅跡まで市道を線路敷跡に沿って歩きます。

その4に続く。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
撮影はほぼ毎週休日にしています。タンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを今後も変わらず撮っていきます。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン