スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆編成分割・転線という入れ換え作業パターンについて

ちょっとマニアチックな記事になります。
※この記事の写真撮影日は1枚を除いて表記しません。

150503宮浦 (26)c
まず、宮浦操車場の線路の順番を示します。私が勝手に呼んでいる番号で、左から1番線路、黄タンコのいる位置が3番線路、右の4、5、6番線路があり、7番線路の奥に空コキがいます。8番線路は架線がありません。4番線路は基本的に工場から出してきたタンクコンテナコキを溜める場所です。

◆標準的な停車パターン
20150813宮浦 (37)のコピー
5番線路に停車します。この線路以外には原則として停車していません。やると後々ややこしくなります。
また出発信号機(三角灯式)の足元に最後尾が来る(停車する)のがスタンダードな形です。これ以上手前だと東泉町2号踏切が鳴り止まなくなると思います。

それで、先の海コンの記事で書いた2015年8月13日の分割・転線入れ換え作業の話ですが、上の写真の様に停車した編成は

①黄タンコを1番線に転線入れ換えした
②3両の銀タンコを順番に1両ずつ化学工場に入れていった
③海コン編成はこのまま動かさなかった←動かす必要が無い編成長さの限度が7両
④午後から、化学工場内から1両ずつ銀タンコを出してきて③の海コン編成に連結していった
⑤最後の3両目を出して連結したら、そのまま海コンホームへ推進して行った

という流れだったのです。なので5番線路に到着する編成があと1両長ければ、少なくとも海コン編成だけでも別の線路に転線か牽引されていたと推測されます。そしたら昨日見た編成にはならなかった可能性が大です。

260928宮浦2 (95)c
黄タンコが1両でも先に触らない(転線させない)パターンがあります。

140813宮浦2 (68)c
黄タンコが2両になっても先に触らないパターンがあります。先に転線する事もあります。

150418宮浦 (149)c
このように、黄タンコ2両+銀タンコ5両で停車して、そのまま黄タンコを転線入れ換えしてから銀タンコを工場に牽引するパターンもあります。

◆5番線路で停車せず通過して、駅事務所下まで最後尾が進むパターン
150329宮浦 (98)c
この大胆な入れ換えは滅多に見られません。日曜日に多い気がしますが。

140720宮浦 (27)c
一旦牽いてからスイッチして1~2番線路に黄タンコだけを転線・入れ換えするパターンがあり~下に続く

140720宮浦 (30)c
3番線路に残り全部を突っ込む入れ換えもあります。5番線路に戻したこともあります。

最後尾に来る黄タンコを真っ先に工場に入れないから邪魔なのでしょうね。そしたら1151レで最後尾に連結しなかったらいいのにと思います。何か最後尾になってしまう理由があるのでしょうね。運用上の都合とか。

20150808宮浦 (84)c
銀タンコの編成途中から分割して、3番線に突っ込む(転線)パターンが最も多いですね。

◆最後にその日の夕方は、4番線路が埋まっていて、5番線路が開いている状態になります。
150315宮浦 (8)のコピー
ね?

何度も見ていると面白いパターンです。私の独自の見解です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。