やたらと表記が多いDE10-1202

先週大牟田にムド回送され、現在活躍中のDE10-1202号機をよーく見ていると、他のDE10と違い、ブレーキ関係の表記が至る所にあるのが分かります。どうしてこんなに表記があるのでしょうか?どなたかご存知ですか?

20150913仮屋川操 (48)のコピー
DE10-1202は平成22年8月に秋田総合車両センターで全検受けていますね。BP、CP

20150912大牟田駅裏DE10 (32)のコピー
MR、BC

20150912大牟田駅裏DE10 (33)のコピー
BC、BC

20150912大牟田駅裏DE10 (34)のコピー
MR

20150912DE10構内貨2 (91)のコピー
連結部。どれがBP、CP、MRかがよく分かりますね。私にはちんぷんかんぷんです。以前教えて貰ったばかりなのに(汗)。

◆自動空気ブレーキとは(単に自動ブレーキともいう)、鉄道の編成各車に連なる貫通ブレーキとしてブレーキ管 (BP) を用いる空気圧指令式のブレーキ方式である。BPはブレーキパイプの略?

◆元空気溜管(Main Reservoir Pipe:MRPあるいはMR管などと略称する)と呼ばれる空気圧供給専用の配管を編成全体に引き通しすことで、頻繁なブレーキ操作に伴うブレーキ力の低下を阻止することも可能・・・・ふ~ん(笑)。難しい。



にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

monyfula | URL | 2015.09.17 20:52 | Edit
こんばんは。monyfulaです。
呼ばれたような気がしたので書き込みします(呼んでなかったらすいません)。

言われてみれば秋田総合車両センター出場のDE10にはすべてコックの表記がありますね。
すべて締切り用のコックと思われます。事故等で空制関連部品が破損したときや検査でエアーを止めるときに使います。コック本体には基本的に表記がないので車体に表記したと思われます。
BCはブレーキシリンダの略で実際にブレーキシリンダ(DE10はダイヤフラム)に送る管です。BCの締切りコックはおそらく機関車、電車問わず各台車ごとについているかと思います。

DE10におけるMR管は重連時の空気圧縮機の負担軽減や50系客車などの空気圧縮機非搭載車へのエアーの送り込みが主目的と思われます。

三池の機関車にはブレーキ管(BP)のみの装備となりますが、実際に使用しているかが気になるところです。20t電車と蓄電池車にはブレーキ管を引き通していて、蓄電池車にも制輪子がついているので使用しているとは思います。
ただ自動空気ブレーキ黎明期のような分配弁に通らずにそのままスルーしている可能性もあります。
三池の機関車はブレーキハンドルが1つのみなのでおそらくは自弁に相当するハンドルと思います。しかし車両が古いのでおそらく新製時は単弁相当だったのを改造したと思われますがよく調べる必要がありそうです。40t電車は自動空気ブレーキ普及後の車両なのでおそらく手は加えられていないと思いますが。

私も数年大牟田には行っていないので次回ブレーキ周りはよく観察しようかと思います。
UTXC | URL | 2015.09.18 06:25 | Edit
> こんばんは。monyfulaです。
◆こんばんは、monyfulaさん
> 呼ばれたような気がしたので書き込みします(呼んでなかったらすいません)。
◆来てくれ~って念じていました(笑)。コメントありがとうございます。
>
> 言われてみれば秋田総合車両センター出場のDE10にはすべてコックの表記がありますね。
◆そうなんですか~!表記を入れる入れないは地域によるのですね。
> すべて締切り用のコックと思われます。事故等で空制関連部品が破損したときや検査でエアーを止めるときに使います。コック本体には基本的に表記がないので車体に表記したと思われます。
> BCはブレーキシリンダの略で実際にブレーキシリンダ(DE10はダイヤフラム)に送る管です。BCの締切りコックはおそらく機関車、電車問わず各台車ごとについているかと思います。
>
> DE10におけるMR管は重連時の空気圧縮機の負担軽減や50系客車などの空気圧縮機非搭載車へのエアーの送り込みが主目的と思われます。
>
> 三池の機関車にはブレーキ管(BP)のみの装備となりますが、実際に使用しているかが気になるところです。20t電車と蓄電池車にはブレーキ管を引き通していて、蓄電池車にも制輪子がついているので使用しているとは思います。
> ただ自動空気ブレーキ黎明期のような分配弁に通らずにそのままスルーしている可能性もあります。
> 三池の機関車はブレーキハンドルが1つのみなのでおそらくは自弁に相当するハンドルと思います。しかし車両が古いのでおそらく新製時は単弁相当だったのを改造したと思われますがよく調べる必要がありそうです。40t電車は自動空気ブレーキ普及後の車両なのでおそらく手は加えられていないと思いますが。
>
> 私も数年大牟田には行っていないので次回ブレーキ周りはよく観察しようかと思います。
◆ご丁寧な説明ありがとうございます。この辺には疎いので非常に助かります。
Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
撮影はほぼ毎週休日にしています。タンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを今後も変わらず撮っていきます。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン