スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンライズ瀬戸号の車内を探検・・・・したら その2

2015年10月10日 サンライズ瀬戸号の車内で撮影

20101010サンライズ瀬戸 (78)のコピー2
車内のご案内が掲示されています(この写真だけクリックすると大きく表示されます)

20101010サンライズ瀬戸 (71)のコピー
11号車に行きます。この車両はA寝台もあります。シングルデラックスは部屋数が少ないのでプレミアチケットと化していて週末は入手困難なようです。

20101010サンライズ瀬戸 (72)のコピー
部屋は南側に寄っていて、通路は一般の寝台列車特有の片側配置になっています。この空間はAクラスだけあってか他と違いますね。車両端にはA寝台の利用者専用のシャワー室があります。使用ルールは一般用と同じですが、シャワーカードは購入する必要が無いらしく、各部屋に置いてあるとか。専用とだけあって、シャワーカードも販売機のものとは絵柄やタイプが異なるのかな?その辺りは分かりませんね。

なお、A寝台車は部屋の中が見えなかった(満室)ので撮っていません。

20101010サンライズ瀬戸 (54)のコピー
続いてはB寝台のサンライズツインです。2段ベッドがブルートレインの2段式B寝台を彷彿させてくれます。ブルトレのような昇降梯子はなく、代わりに階段兼収納庫があります。空間を最大限に利用していますね。すばらしいデザイン。料金は1室¥15,120なり。

※なお、シングルツインはサンライズツインと違います。シングルツインは1人でも利用できますが、補助ベッド料金を払えば2人でも利用できます。その部屋は見ていませんが、ひょっとしたらダブルベッド級になるのかな?子連れには最適でしょうね。そう言えばそんな親子を見かけましたね。サンライズツインは2人専用ですね。1人でも利用できるでしょうが(笑)。2人個室を2人で使用する時は部屋代は1室で特急料金は2人分払います。

20101010サンライズ瀬戸 (55)のコピー
中腰になって撮ってみました。2段式がはっきり分かります。ここを使う事はないだろうな。

20101010サンライズ瀬戸 (58)のコピー
しゃがみ込んで、上段ベッドを撮ってみました。落下防止のゴム紐?があります。

20101010サンライズ瀬戸 (60)のコピー
続いてはB寝台ソロです。電動車だけあって、構造上の制約から部屋が狭く、おそらく振動が他の車両よりも高いかも。上段は急な階段があります。2階構造にできないため、こうした空間を上手に利用した個室が上段、下段に分かれているのです。

時刻表をごらんになれば分かりますが、私の乗車したB寝台シングルは¥7,560ですが、同ソロは¥6,480と¥1,080も差があります(税抜きは¥1,000)。

20101010サンライズ瀬戸 (61)のコピー
上段ソロの室内を扉付近から撮ってみました。部屋の中では立てないかも。キャリーバッグは上段部屋には持ち込めないかもしれません。

20101010サンライズ瀬戸 (63)のコピー
下段ソロは、上段ソロの階段部分が個室内空間を窮屈にしていますね。構造上仕方が無いですね。¥1,000の差はここにあり!

20101010サンライズ瀬戸 (76)のコピー
B寝台ながら指定席特急券だけで乗車できるノビノビ座席のある車両です。これぞ昔ながらの寝台?と思えるような空間構造です。唯一レールと直角に横になれるところでしょうか?お隣さんとは大した仕切りもない様なので、プライバシーや匂い、音、貴重品管理が気にならない人向けでしょうか。1人でなくお仲間さんと一緒なら心強いでしょうが。

これより先に用も無いのに進むのは他の客の迷惑(安眠妨害)になりそうなので引き返しました。

20101010サンライズ瀬戸 (81)のコピー
さて、ここは7号車と8号車の連結部分です。瀬戸号と出雲号が単独で走っている岡山より先の区間では立ち入りが出来ない空間です。運転室の扉は中も見えないような構造で施錠されていました。そして、

20101010サンライズ瀬戸 (82)のコピー
乗務員扉なので、一般客の乗降用には利用できません。慌てて降りようとしたら開かない!ってことになるかも。建物の非常口と同じで乗降口の確認は最初にやっておくべきですね。

20101010サンライズ瀬戸 (41)のコピー
先頭車両の見取り図です

◆なお、岡山での連結直後にすぐ貫通扉を利用できないそうです。しばらくして、乗務員室内の運転室の閉鎖(封鎖)などが完了するのを待つ必要があります。私が戻ってきたとき、乗務員さんが「やっと通れるようになりました、ご迷惑おかけします」と詫びていました。

20101010サンライズ瀬戸 (44)のコピー
最後に洗面台です。お湯も出ます。100Vコンセントもあります。

◆便所の写真は省略します。

それではお部屋に戻って、晩酌しながら(笑)夜汽車の夜景を楽しむことにしましょう。つづく



にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

ちょこばなな | URL | 2015.10.22 05:05 | Edit
シャワーカードには確かA寝台専用って書いてあった気がします。
しかし中の機械は共通なので普通に購入したカードでも使えます。
朝シャワーを浴びようとして水が切れたりするとA寝台のシャワールームに案内される事もありますしA寝台の人が他のシャワールームを使うこともできます。
UTXC | URL | 2015.10.26 22:33 | Edit
◆ちょこばななさん、こんばんは
> シャワーカードには確かA寝台専用って書いてあった気がします。
◆そうなんですか
> しかし中の機械は共通なので普通に購入したカードでも使えます。
> 朝シャワーを浴びようとして水が切れたりするとA寝台のシャワールームに案内される事もありますしA寝台の人が他のシャワールームを使うこともできます。
◆それは初耳ですね。確かにA寝台の利用者がシャワーを全然利用しなかったら水が余りますね
Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。