生まれ変わった慈眼寺駅

2016年6月11日 曇り 指宿枕崎線 慈眼寺駅

20160611 (47)のコピー
谷山慈眼寺連続立体交差の鉄道高架橋の線路はまた立派すぎます。ロングレールで静かな走りをします。どこまでも真新しいPCまくらぎが並んでおり、こんな高規格な線路は指宿枕崎線に必要なの?って疑問に思いますが、将来のことを思えば安い買い物だったのではないでしょうか(主観)。

20160611 (59)のコピー
慈眼寺の駅名標。イラストも何もないのはつまらんです。谷山も同じ様式です。

20160611 (50)のコピー
慈眼寺も1面2線のホームで行き違い風景が見られます。列車本数がたまたま多い時間帯に訪れましたね。

向かって右側が1番線のりばで下り線、左側が2番線乗り場で上り線です。

20160611 (54)のコピー
下り線はそのまま高架橋を進むと現在線に合流します。坂之上方面は山になっており、高架橋を下りること無く進みます。

20160611 (68)のコピー
ホームには電光掲示板があり、エレベーターも設定されています。谷山駅よりは簡素な造りですが立派です。

20160611 (62)のコピー
谷山駅側を望みます。桜島が見えます。

20160611 (60)のコピー
慈眼寺、谷山駅は両方とも5両対応ホーム長さになっています。通常2両編成でしょうが、5両になることあるのかな?

20160611 (69)のコピー
1階に下ります。ICカードタッチパネルがある、ごく一般的な駅です。駅員はいます。トイレもあります。

20160611 (73)のコピー
駅の出入り口は高架の下にあります。谷山駅みたいに駅前は広くなく、旧線の旧駅ホーム撤去後に駅北側にロータリーでも整備されるような感じに見えました。

20160611 (86)のコピー
高架駅舎の駅名。難読駅なのでローマ字でフリガナ?

20160611 (75)のコピー
旧駅ホームと線路です

20160611 (84)のコピー
谷山駅側は草ぼうぼう。列車が走らなくなったらレールは錆びますが、草も一気に生えますね。

20160611 (92)のコピー
踏切があった場所から、旧慈眼寺駅ホームを見渡します。

20160611 (91)のコピー
坂之上駅方面の高架橋との合流方向。撮影を終えると、合流付近に居た作業員さん達がぞろぞろ私の居る方向へやって来て、旧駅ホームのレールの撤去にかかりました。まるで私の撮影終了を待っていてくれたかのように、一斉に外し始めました。

20160611 (97)のコピー
ここは合流地点です。レールの取り外し真っ只中でした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
撮影はほぼ毎週休日にしています。タンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを今後も変わらず撮っていきます。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン