FC2ブログ

仮屋川操車場への線路出入口は非電化区間

2017年3月20日 曇り 鹿児島本線 京町踏切~仮屋川操車場
程なくして、DE10-1202牽引の大牟田駅構内貨物列車がゆっくりやって来ます。
現在はHD300に道を譲り、廃車となってしまった門司機関区所属の最後の国鉄原色釜でたくさん撮影しました。
意外に思えるかもしれませんが、九州では原色に飢えていまして(笑)、JR九州の釜はみんな真っ黒になったので、最後に残った1202号機は、九州のDLファンには一目置かれる存在でした。まだこの頃は安泰でしたが、1202号機は次の年の春には検査切れで落ちるという情報もありましたね。

さて、一路仮屋川操車場に向けて走るこの構内貨物列車ですが、なぜDLが必要なのか知らない方もいると思います。
まず理由から、鹿児島本線が交流20,000V、三井化学専用鉄道が直流600Vで、そのわずかな接続部(連絡線)は非電化なので、そこを関係無く渡れる牽引車両が必要なので、こうしてDE10が昔から利用されているわけです。今はHD300になっていますが、こういう事情があるわけで、朝からJRのED76、DE10、三井化学専用鉄道の古典電機45t電車と様々な機関車が見られるので楽しいです。でも現在はDE10がHD300に代わったので、一部の古い物好きにはつまらなくなったでしょうか。
 
20170320 (102)のコピー
構内貨物列車の仮屋川操車場行き(往路)は、とてもゆっくり走ります。
往復共にゆっくり走るのは、線路閉鎖して入れ換え信号機頼りに走るので細心の注意が必要なのか、決まりなのでしょう。

20170320 (104)のコピー
本線信号機は赤になっていますね。ここからは見えませんが、本線信号機の下に入れ換え信号機が立っていて、進行になっているとそのまま進み、停止になっていれば一旦停車して進行になったら汽笛を鳴らして動き始めることもあります。運転士かその他事情により様々で絶対はありません。

20170320 (107)のコピー
この写真は鹿児島本線の上りから下り線に渡る、1日に一度しか走らない非電化線です。

20170320 (108)のコピー
鹿児島本線下りから仮屋川操車場に入ったわずかな区間も架線がありません。以前、45t電車が脱線して22t電車が走っていたときはその架線がない線路を迂回して走っていました。

20170320 (111)のコピー
鹿児島本線上はかなりの徐行運転ですが、この渡り線の非電化区間あたりから急に全速力で仮屋川操車場に突っ込みます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン