FC2ブログ

いつもと違う宮浦発~仮屋川行き貨物列車の異様な風景(2つもあるよ)

2017年9月10日 晴れ 三井化学専用鉄道 宮浦操車場
西鉄大牟田駅で自転車を借りて大至急で宮浦操車場にやって来ました。
そこにはまず同業者が目立ちました。はっきり言って同業者が多すぎます!!普段こんなに撮影者いないのに。例の事故で非定常運用になっていて物珍しいから休日は多くの鉄が集まってくるようです。これだと仮屋川操車場までの沿線各所(旭町1号踏切や西鉄・JR並走区間)には多くの撮影者が待ち構えていることでしょう。私はもうココだけでいいかな?(汗)

宮浦操A (1)のコピー
宮浦操車場の正門はもう開いていました。間に合った~(汗)。
西鉄大牟田駅で自転車を借りて、宮浦操車場まで大至急でペダルを踏んでぎりぎりだと、踏切に捕まったり、体力無い人には辛いね。

宮浦操A (4)のコピー
本来なら45t電車が機回ししてくるところを

宮浦操A (7)のコピー
パンタを上げた22t電車12号機が迫ってきます。9時半過ぎなら違和感がありませんが、朝の1発目でこの光景はすごい。

宮浦操A (9)のコピー
転線して、仮屋川操車場に牽いて行く空の銀タンコ編成に向かいます

宮浦操A (13)のコピー
連結完了したら推進ですが・・・・、22t電車のように2軸電車が押し切れるのかな?と心配します。軸重不足で空転しないかな?と。

宮浦操A (17)のコピー
さすがにパンタグラフを上げて給電しながら推進ですからバッテリー駆動よりもパワーがあります。
三井三池鉄道時代は22t電車が仮屋川操車場~宮浦操車場の主流電車でしたから問題ないのでしょう。

この状態で22t電車が並んでいます。これはこれでなかなか異様な風景です。本来あり得ない風景ですから。

宮浦操A (18)のコピー
仮屋川操車場行きの22t電車12号機がパンタグラフを下げました。

宮浦操A (20)のコピー
バッテリー駆動による運転です。
仮屋川操車場入口付近は架線が訳あって外されているので宮浦操車場エリア外は通電していないのです。

宮浦操A (22)のコピー
普段よりも1両多い6両編成は見応えありますね。しかし、ここにもうひとつオマケに異様な光景があります。

宮浦操A (29)のコピー
どこから見てもおかしな銀タンコが連結されていますね。間違って連結されたのかな?中身は同じ濃硝酸ですが。

以前は大牟田発着であったUT13C-8065・8066は、現在は黒崎~新座~小名浜(福島臨海鉄道)の運用になっており、タンクコンテナもフレームも長距離輸送用(詳細不明)に改造されています。これを私は「銀枠銀タンコ」と呼んでいます。UT13C-8067・8068も同じ仕様になっています。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
ここ宮浦操車場は1日中見ていても飽きません!また撮りに行きたいです。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン