FC2ブログ

さよなら炭鉱電車~惜別スペシャル 走行中パンタ上げ

私が最後に大牟田遠征した時、22t電車には結構若い運転士が乗務していた。
将来を担う人材であっただろうから、運用会社としてはとても残念であろう。技術継承はバッチリだったのに。
そんな彼が運転する22t電車は、その日の工場出場後に器用にパンタグラフを上げるのであった。
私は大牟田に住んでいた頃は時々そんなシーンを目にしていたが、ここ最近は見られなかった。午後もあまり行かなかったし。

その若い運転士の器用な行動は、撮り鉄が増えた現在ではファンサービスとしか思えない。
昔はバッテリー残量が少なくなったから、最後は直接給電に切り替えて加速つけて早く作業を終わらせたいからと思っていた。

131104宮浦3 (174)c
東泉町2号踏切を超えたところで

131104宮浦3 (175)のコピー
ゆっくりとパンタグラフが

131104宮浦3 (176)のコピー
上がっていきます。
運転室内ではバッテリー駆動から直接給電の駆動に切り替えるスイッチでもあるのかな?操作をミスしたら壊れそうだ。

131104宮浦3 (177)c
撮影は2013年11月4日
もう6年以上昔ですが、この日の最終の工場出場を黄タンコ推進で、東泉町2号踏切を過ぎたあたりで、突然パンタグラフを上げて急に加速つけて駅事務所方向へ走って行ったのを覚えています。早く作業を終えて帰りたいのでしょうかねえ。

2020年の2月の遠征時も同じ光景でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン