FC2ブログ

工場地帯を走る光景を撮ってみた

◆三井化学専用鉄道の廃止が発表され、実に多くの撮り鉄が撮影に来たと思います。
 ひょっとしたら、訪問者全員が線路際(踏切、操車場含む)での撮影だったかもしれません。
 人が大勢居るところでさぞかし撮影に苦労されたことでしょう。もう線路際で人の居ないところなんて皆無だったのでは。
 元々総延長の短い鉄道路線ですから無理もないでしょう。

◇では、私はどうしていたのか?
 もちろん、誰も居ない宮浦操車場の南側の高台からの撮影を試みました。今更いつも通りの撮影をしてもつまらないですから、新しい構図を求めました。当然誰も真似しません。ってか私の今回の立ち位置には普通撮り鉄が来ませんし、通り過ぎもしません。

 しかし、朝日がまぶしすぎて、曇りの日でないと辛いですね。それでは~第一便の出発です。

2020-03-21 (27)のコピー
工場地帯だと分かる一枚を

2020-03-21 (28)のコピー
東泉町2号踏切を通過する45t電車が見えました。構えて~構えて~

2020-03-21 (30)のコピー
倉庫の裏側から出てきました

2020-03-21 (31)のコピー
ゆっくり走るのが見えます。

2020-03-21 (32)のコピー
工場地帯を走っている貨物列車の雰囲気が伝わる瞬間ですね。

2020-03-21 (37)のコピー
以前からこういうのが撮ってみたかったんですよね~俯瞰サイドビュー。10年前にも近くの高台から撮ったことありましたが、それっきりだったかな?

2020-03-21 (38)のコピー
今回はこのくらいにしよう。次回(投稿日未定)は、別の時間帯の炭鉱電車たちの活躍を紹介したい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン