FC2ブログ

コキ200を引いた時の錆び取り運転の謎

以前ぼそっと書いた、タイトルの件。
記事を書いているうちに、そう言えば、あれどうなんだ?と、頭の中で自問自答(笑)が始まり、これは記事にせねばと。
大牟田在住時は疑問にも思いませんでしたね。2013年のあのシーンを見ているからこそ推測できます。

09-12-19宮浦 (28)c
以前、空のコキ200をけん引するだけの錆取り運転を見たことがある。

20191215 (95)c
それはきっと上の写真のように、仮屋川操車場の

140504仮屋川操 (44)c
第1便貨物列車が停車・一時留置される線に留め置かれて

140216仮屋川操 (17)c
45t電車が中線を戻って機回しして

130211仮屋川操騒動 (67)c
再び、その空コキ編成に連結して

130211仮屋川操騒動 (71)c
引き始めて、普段通る線区を逆走して、いつもの旭町線で宮浦操車場に戻っていたに違いない。

最後の2枚の写真は、イレギュラー中のイレギュラーなレアな光景だったのだが、よく考えてみれば、年次ウヤ中などの錆取り運転時はイレギュラーでなかったのかもしれません。そりゃあ、単機で錆取り運転していたらいつもと同じコースで、末端部のスイッチ時以外はノンストップでしょうが。それはそれでレアかもね。

それを狙うのも面白かったでしょうが、当時その光景を予測・予想することもなく、また錆取り運転自体が平日ということもあり、どっちみち確認できる状態ではなかったのですから、仕方ありません。これを撮っている人がいたらすごいだろうな。まずいないけど。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン