FC2ブログ

中継信号機~仮屋川操車場出入り口 前編

仮屋川操車場の出入り口にある中継信号機をご存じだろうか。
この中継信号機がなかなかのくせ者である。今回は使用されていた時までを前編として紹介する。

2010-3-14返空専貨 (16)c
その中継信号機は、仮屋川操車場行きの列車のためにある。その位置はこの写真のもう少し左側にある。

2010-1-3宮浦行き専貨 (23)ec
赤丸で囲った真っ黒ななつが中継信号機。その下のバッテンは、当時存在した長溝川踏切の遮断機降下表示。

20111103宮浦5 (290)ec
別の位置からみると赤丸ところ。

◆偶然、西鉄・787系特急・45t電車が並走していたのが映っていた(汗)が、当時は気にしなかった。

いろいろな日の撮影で、中継信号機が映っているのを紹介しよう
2010-5-2満専貨 (15)c
第3便 単機回送 仮屋川操車場行き

20110320 旭町支線 (115)c
第1便 仮屋川操車場行き

20120508旭町 (19)c
第1便 仮屋川操車場行き
 
20130203旭町 (42)c
第2便 単機回送 宮浦操車場戻り

20130616本線45t (110)c
第3便 単機回送 仮屋川操車場行き

◆ここまで中継信号機を見てきて、何かおかしいと思いますか?
 そうです!信号機の灯りが全然見えないのです。(8時過ぎ~10時前の時間帯以外は常時消灯しています)

20151223京町回送1 (46)c
第2便 単機回送 宮浦操車場戻り
 こんなに暗い朝でも信号機の灯りが見えません。どうなっているのかな?

思い切って信号機の下に行ってみましょう。
20141011専用線信号機 (60)c
2014年10月11日 9:18撮影 灯っているように見えません

20160312専用線信号機 (71)c
2016年3月12日 8:35撮影 灯っていますね

20160312専用線信号機 (69)c
この中継信号機は2灯で、停止と進行だけ。斜めの制限表示はありません。

◆信号機が点灯している瞬間をあまり見たことがありません。偶然灯っているのを撮影できました。
 いつもの撮影場所からズーム撮影はしたことありませんが、運転台からならはっきり灯っているのが見えるのだろうか?
 どうもおかしいね。謎ですね~(笑)

◆私も当時は信号機には特に目が行かなかったから、点灯の是非は注目していませんでした。しかし、仮屋川操車場行きの便の時は点灯していないと、中継信号機の意味が無いだろうに。

◆この中継信号機の先にはもう同一方向の信号機はありません。(仮屋川操車場からの出発用は別にある)
  中継信号機が仮に作動していて(点灯していて)、停止・進行を判断する鍵は、その先のコース・分岐器が正常か異常かなのだろうか。そもそも第1便と第3便での45電車が到着する線路は異なるから、正常・異常を判断するルート・分岐器の数や位置も異なる。この中継信号機は果たして2通りのルートが全部開通しているかを判断しているのだろうか?考えにくいな~。


◇もし、中継信号機の停車・進行の切換え(ON・OFFを除く)を旭町駅事務所から人が操作しているとしたら・・・、駅事務所から長く伸びているリバーロッドの先に繋がっている分岐器操作を行っただけで停車・進行を切替えているとか?

 以下に、仮屋川操車場の第1便・第3便の走行ルート略図(管理人作図)を示す。停車までを示している。
第1便ルートのコピー
第1便の走行ルート

第3便ルートのコピー
第3便走行ルート

略図では、今回紹介している中継信号機位置を★Aとしています。

次回後編では、2017年夏以降の今回の中継信号機について書きます。2017年夏は、思い出したくないアレがありました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン