FC2ブログ

日本の知られざる廃線に加わる

◆最近発売された鉄道雑誌について紹介します。(1/3冊)

「南正時の知られざる廃線」という、国内の廃線を紹介した鉄道本が2月15日に発売された。
本の紹介PDF→南正時の知られざる廃線

私は知らなかったのですが、南正時氏は鉄道写真家なのですね。
私は意外と鉄道写真家や鉄道ライターに疎いようで(^^)

◆で、本題に戻りますが、
 この本で「三井化学専用鉄道」が2020年5月に廃線になったことが1ページで紹介されています。
 廃線を綴った鉄道本としては最新版と思われますので
 今回、「三井化学専用鉄道」が最も新しいクラスの廃線ではないかと。
 廃線の歴史に新たな1ページが刻まれた(加わった)ということです。なんか虚しい。

 鉄道写真家の南正時氏は、三井化学専用鉄道が現役の頃に訪問して撮影をされたと思います。
 よく知りもせずに書くのもなんですが、プロの鉄道写真家がこうして大牟田・荒尾まで足を運んだのは
 一定の評価があります。ただ、文章は前身の「三池炭鉱専用鉄道」寄りの書き方になっており
 ひょっとしたらその頃に訪問された可能性もあります。

 三井化学線用鉄道は現役時代、特に廃止が発表された2020年2月末までは、
 各種鉄道専門雑誌などで大々的に紹介されることはなく、知名度の低い地味な貨物専用線でした。
 晩年は現役としては国内最古の炭鉱電車に興味が注がれましたが、新型コロナウィルスや緊急事態宣言の
 影響なども有り、脚光を浴びたもののあっという間に話題から消えました。非常に悲しかったです。

廃線写真1
このレールが再び光ることはもうない

廃線写真2
もしあるとしたら、レール撤去の時に22t電車が走るとき

 乗ることの出来ない鉄道ですし、貨物専用線ですから仕方がない一面もあります。
 現役時代に大々的に紹介されていたらどうなっていたでしょうね?
 大きく騒がれたかな?鉄ちゃんが押し寄せたかな?
 それだと私は大牟田在住時にろくに撮影できず、このブログは無かったかもしれません。
 エゴですね。贅沢な悩みですが~もう終わったことです。私は知名度が低くて地味な鉄道線で良かったと思います。

廃線写真3
あの日から動きの無いポイント
浸水災害で電気系統がダメになったそうだが

廃線写真4
最後の日までそう遠くない
廃線でも興味のある方は撮影お急ぎ下さい。
  
炭鉱電車保存会と、大牟田・荒尾両市の今後の保存に向けた動きに注目です。我々が願うようになるとは限りませんが。
 
◆なお、管理人はこの本は購入していません。税込¥1,980はないわ~(笑)。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comment

| | 2021.03.08 22:36
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン