FC2ブログ

専用鉄道の昼と夜 急曲線

急曲線の昼の姿、夜の姿

◆2020年3月20日・21日にかけて、三井化学専用鉄道の沿線で、これでもか!と思う位じっくりと夜間撮影を行いました。
ただ単に夜間模様を記事にするのは少し味気ないので、「昼と夜」と題して、ほぼ同一箇所・構図の対比用に10回ほど書ける資料を準備しました。なお、昼の方は2009~2020年の中から探した(笑)ものですが、必ずしもバッチリという対比になっていない回もあります。

まずは、「急曲線」です。
急曲線って何?と思われますが、線路半径が400m以下を指すのかな?とにかく急カーブ(曲線)なんですよ。
三井化学専用鉄道には、急曲線と呼んで申し分ない箇所があります。それは、宮浦操車場から工場内へ向かう線路です。宮浦操車場の東泉町2号踏切からすぐに急なカーブになり、工場境界門扉を経由し、浅牟田108号踏切があった付近までがそれに該当するはずです。(管理人がそう思っている)

20151004宮浦 (45)c
2015年10月4日 昼間

20101222三井化学夜景 (13)照明急曲線
2010年12月22日 夜間
照明の効果を利用した撮影なら誰でも撮れるよ

2020-03-20 (401)c
2020年3月20日 夜間 
照明の効果を利用せずに撮影したらハードルが高くなった(汗

◆下はオマケです
2010-4-25宮浦 (15)AM7c
2010年4月25日 朝7:00 
UT13C-8089・8090 液化塩素(黄タンコ)
朝入場シーン(急曲線上)

まあこんな感じです。もし昼か夜に複数写真があれば掲載します。


にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン