fc2ブログ

コキ200との出会い(2009-3-29)

本ブログでは、コキ200についてもかなり触れてきましたが、
私が大牟田の三井化学専用鉄道に出会うまでは、貨物コンテナどころか、貨車のコキすらよく分からない有様でした。

09-3-29宮浦操車場 (48)のコピー
2009年3月29日 宮浦石炭公園から見下ろした宮浦操車場には、荷を載せていない状態のコキ200が留置していました。

◆頭の中には鉄道の知識はあっても、コキシリーズまでは知らなかった筈なのに、コキ100~106を知らないまま、マイナーなコキ200を先に知ってしまう辺り、私はこの時「井の中の蛙」に足を踏み入れていたのですね。

09-3-29宮浦操車場 (29)のコピー

09-3-29宮浦操車場 (28)のコピー
市道か私道かよく分からない道からフェンス越しに気になる範囲で撮りました。市道で良かった。
この時は本当に何にも知らない、ずぶの素人で、三井化学の専用貨物線だということすら知らなかったのに、なぜか炭鉱電車以外にはコキ200に惹かれました。この先は滅茶苦茶気になる撮影対象になるとは思いもよらなかったです。

09-3-29宮浦操車場 (26)のコピー
もしコキ200が留置されていなかったら、炭鉱電車だけ(当時は電気機関車と呼んでいた)しか興味を抱かなかったのだろう。

当時、コキ200の用途は海上輸送コンテナの積載用だった。まだ濃硝酸のタンコデビューまで3ヶ月、液化塩素タンコのデビューまで9ヶ月先であったので、普通に宮浦操車場内に銀タキや黄タキがいっぱいいたら、きっとそっちに目が行っていたであろう。2009年3月はちょうどリーマンショックの影響か何かで専用貨物の運転が滞っていたらしく、おそらくそのまま年次長期ウヤに突入したのかもしれない。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。
現在は全国各地の貨物列車のコンテナを中心に撮影しています。面白いネタがあれば紹介します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン