fc2ブログ

もうすぐお別れ?日本最後の検重車

国内最後の検重車は三井化学専用鉄道にある2両だそうです。他では聞いたことがありません。

三井化学専用鉄道になった、1997年以降~2020年廃止の間に使用された様子はありません。(確証はありませんが、石炭車が運用されていた時代に必要だった)

先日、この検重車が、大牟田の鉄道ファンら曰く「解体線・譲渡線」に移動したと報告がありました。
解体線と言っても、私の知る限りその線路上での解体実績はありません。
譲渡と言えば、2020年3月下旬に貨車のハト、保線用モーターカーが群馬県の某所に運搬されたことがあります。
今回もそうなったらいいのですが。どうなのでしょうか?動きがあればまた連絡貰えるので、報告します。

そもそも検重車って見たことがない読者様のために、その2両を紹介します。

09-5-24宮浦付近状況 (10)c
2009年5月24日 宮浦操車場 検1 自重25トン

09-5-24宮浦付近状況 (9)c
2009年5月24日 宮浦操車場 検2 自重15トン

09-8-16宮浦操車場 (15)c
という鉄の塊で、秤量所(写真上の小屋)の前にある車両の体重計みたいな装置の「はかり」が正常か否かを判定・校正する車両だと聞いています。人間の体重計が正常なのかどうか、25kgのおもりを載せたら針・表示が25kgを指すか否かというもの。

09-6-14宮浦操車場 (12)c
では?こんな車両、いままでどこにあったの?と思うかもしれませんが、2009年6月以降は、線路の終端部に追いやられていました。何のために留置していたのかは存じませんが、よくまあ今まで残っていたものだこと。
20150813海コン入換え (84)c
三坑町3号踏切(車庫横)から線路終端を眺めた写真。一番奥の右側に水色の車両が写っていますよね?
これを知っている人は少ないでしょう。知名度が低いですからね。

20200523 (290)c
2020年5月に三井化学専用鉄道が廃止になった後は、写真の様に使わなくなった保線用レール運搬車と一緒にされ、場所もちょっとだけ移動しました。

20210111 (140)c
2021年1月11日撮影 ずっと動きはありませんでした。

10-1-30宮浦 (53)c
そして先日、写真の手前のモーターカーが留置してある線路上に検重車と保線用レール運搬車を移動しました。
レール運搬車は、数人がかりで押す人力での移動をして、検重車は22t電車を入れて牽引したそうです。
さび付いて動かないと思いましたが大丈夫なんですね。
写真は記事の説明用に掲載(2010年1月30日撮影)

2021-07-30 (63)c
2021年7月30日撮影 写真の中央下の車止めが見える線路上です

◆さてさて、私が2009年3月29日に三井化学専用鉄道の宮浦操車場を発見して13年になろうとしていますが、これまで撮った膨大な写真の中から、検重車にスポットを当てた記事が書けるように写真を探し出しました。過去に記事にしたショットもありますが、これはさすがにボツにしたのでは?と思うような、または記事にせずお蔵入りしている写真も探しました。これから徐々にその模様を記事にしていきます。枚数は大してありませんが、ご期待下さい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ


スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。
現在は全国各地の貨物列車のコンテナを中心に撮影しています。面白いネタがあれば紹介します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン