FC2ブログ

ダイヤ改正後の特急有明の運用が変・妙だ!

先日購入した鉄道ダイヤ情報に書いてあったことですが(内容を書いて良いのだろうか?)、
3月12日のダイヤ改正後の特急有明の運用について、1~7号の編成が詳しく載っていました。それも恐ろしく詳しく。何故3.5往復なのか?ダイヤ改正発表時からの疑問は徐々に解けてきた感じがあった。でも、車両のやりくりが付かないので運用が変・妙なのは間違いな~い。

110206 787系特急 (24) のコピー
写真は2011年2月3日 長溝川踏切付近で撮影 リレーつばめ

ダイヤ改正後、特急有明は1.5往復が787系6両編成で、1往復が783系4両、残り1往復が783系4両+4両となる。
編成自体はそれほどおかしい面はないのだが、問題は中身だ。

深夜の7号と早朝の2号は783系の旧にちりん編成で4両、夜の1・5号と朝の4号は787系6両編成でここまではいい。夜の3号と朝の6号は同じ783系4+4両編成なのに、仕様が違う。3号は現在のにちりん仕様、6号はハウステンボス編成+みどり編成なのだ。

長洲発着は2.5往復で一体どういう運用なのかさっぱりであるが、1つだけ推測できる。それは長洲発着は回送があるはず。ダイヤ改正後に調べれば分かりますが(笑)、夜の1号が長洲に到着したら、すぐ折り返し回送で博多へ戻り5号で再び下って長洲へ。荒尾か大牟田で1泊して(ひょっとしたら博多へ戻って、翌朝回送で長洲へ下る)4号で上る。3号は長洲到着後博多へ戻る。6号は朝回送で長洲へ下ると思う。だから3号と6号は仕様が異なる。

長々と推測してみましたが、きっと車両のやりくりが難しいのでしょう。元々有明は全廃の予定でしたでしょうから(深夜と早朝便は除く)、急に予定が覆って困り果て、苦肉の策を考えたのかもしれません。

そうなりそうな予感がする。大外れだったらスルーでお願いします(笑)。


にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://fastclip.blog62.fc2.com/tb.php/794-39cdd224

Comment

かいもん | URL | 2011.02.26 14:26
私も、新ダイヤ発表から有明運用はずっと疑問でした。
長洲での現地レポお願いします。
TPC10 | URL | 2011.02.26 22:33 | Edit
> 私も、新ダイヤ発表から有明運用はずっと疑問でした。
> 長洲での現地レポお願いします。
◆こんばんは、かいもんさん。ようこそ~
 今日3月号の時刻表を見て「なんじゃこりゃ~」って思いました。
 残った有明の観測は長洲駅でやるか考え中。また、大牟田沿線で回送スジを調べてみようと思います。
ミク | URL | 2011.03.06 02:40
1号 ・・ハカ(1001M)カス(回1138M)ミフ(回78M)ハカ・・
2号クマ(1002M)ハカ(回1002M)タケ・・
3号7号ミフ(回1003M)ハカ(1003M)カス(回1140M)ミフ(回1007M)ハカ(1007M)クマ 泊
4号トス(回1121M)カス(1004M)ハカ(2081M)サカ・・
5号・・ハカ(1005M)カス(回1146M)トス 泊
6号ミフ(回1123M)カス(1006M)ヨシ(回1006M)ヨシ・・
UTXC | URL | 2011.03.06 13:49 | Edit
> 1号 ・・ハカ(1001M)カス(回1138M)ミフ(回78M)ハカ・・
> 2号クマ(1002M)ハカ(回1002M)タケ・・
> 3号7号ミフ(回1003M)ハカ(1003M)カス(回1140M)ミフ(回1007M)ハカ(1007M)クマ 泊
> 4号トス(回1121M)カス(1004M)ハカ(2081M)サカ・・
> 5号・・ハカ(1005M)カス(回1146M)トス 泊
> 6号ミフ(回1123M)カス(1006M)ヨシ(回1006M)ヨシ・・

◆こんにちは、ミクさん。初めまして。
 この度は謎解きのコメント頂きまして誠にありがとうございました。後で鉄道ダイヤ情報の巻末のダイヤグラムをよーく見てみたら回送スジもばっちり載っていますね。全然気づきませんでした。4号5号の鳥栖泊は意外でした。特急の停泊は大牟田荒尾では設備上・組織上役不足かもしれないですね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

UTXC

Author:UTXC
こんにちは~(^▽^)/
全国の皆様へ~三井化学専用鉄道と大牟田付近で見られる貨物列車等の状況をお伝えします。魅力あふれる元気な炭鉱電車も紹介します。
2009年3月~2016年7月までタンク車に代わるタンクコンテナ(銀・黄タンコ)や海コンらを撮りまくりました。管理人は現在大牟田に住んでいませんが、遠くから我が大牟田の鉄道を見守っています。
なお、大牟田に関わる鉄道は2020年5月をもちまして幕を閉じました。
今後の更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
blogram投票ボタン